忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴースト もういちど抱きしめたい

解説
1990年公開の「ゴースト ニューヨークの幻」をアジア人スタッフとキャストでリメイク。監督は、数多くのTVドラマを演出、本作が劇場映画デビューとなる大谷太郎。出演は「眉山」の松嶋菜々子、「宿命」のソン・スンホン、「歩いても歩いても」の樹木希林、「ホテルチェルシー」の鈴木砂羽、「ゲゲゲの鬼太郎」の橋本さとしなど。

ストーリー
ある夜、会社を経営している星野七海(松嶋菜々子)は、陶芸家を目指している韓国人青年のキム・ジュノ(ソン・スンホン)と出会う。ありのままの自分を受け入れてくれる彼と恋に落ち、幸せな生活がスタートしたのも束の間、七海はある事件に巻き込まれ、命を落としてしまう。彼女の魂は、天国へは行かずに、ゴーストとなってジュノのそばにとどまるのだが…。

2010年11月13日より 全国にて公開
配給 : パラマウント ピクチャーズ
ジャパン、松竹
ジャンル : 邦画/ラブ・ストーリー
製作年 : 2010年
製作国 : 日本
公式サイト

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
スタッフ
  • 監督: 大谷太郎
  • プロデューサー: 一瀬隆重
  • 脚本: 佐藤嗣麻子 / 中園ミホ
  • 撮影: 石坂拓郎
  • 音楽: 大島ミチル
  • 美術: 矢内京子
  • 美術アドバイザー: 種田陽平

キャスト
  • 松嶋菜々子
  • ソン・スンホン
  • 鈴木砂羽
  • 橋本さとし
  • 宮川大輔
  • 黒沢かずこ
  • 松金よね子
  • 樋田慶子
  • 波岡一喜
  • 嶋田久作
  • 温水洋一
  • 樹木希林

DVD情報
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

『ゴースト もういちど抱きしめたい ソン・スンホン & 松嶋菜々子』

 韓流スターのソン・スンホンさんと松嶋菜々子さんが主演で世界中を泣かせた映画【ゴースト ニューヨークの幻】(1990年:原作映画)を日本版で奇跡の愛を演じて【ゴースト もういちど抱きしめたい】として放映中です。この原作映画は過去に何度みても泣いてしまう程の感動映画です。自分は松嶋菜々子さんのファンでもあるんで是非みてみたく思ってます。いつもの"おもしろ写真"では「東京・有楽町で初日舞台あいさつ写真」「1990年原作の感動映画"ゴースト ニューヨークの幻"画像」「原作映画の故パトリック・スウェイジ,とデミ・ムーアの映画写真」「ソン・スンホンさんのたくましい上半身裸体と綺麗な松嶋菜々子さん」「松嶋菜々子さんの中高時代の写真」「旦那:反町隆史とや福山雅治との共演ドラマ写真」です。面白かったら幸いです。よかったら遊びに来て下さい。<m(__)m> 原作の映画は11月26日、日本テレビ系「金曜ロードショー」にて地上波放送予定ですんでみて頂きたく思ってます。 トラックバックをさせて戴きたく思っております。<m(__)m>
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ゴースト もういちど抱きしめたい

1990年に公開され大ヒットしたデミ・ムーアの『ゴースト/ニューヨークの幻』を舞台を日本に移してリメイク。突然命を奪われ女性がゴーストとなって恋人に自分の死の真実と永遠の愛を伝えようとするラブ・ファンタジーだ。出演は松嶋菜々子とソン・スンホンという日韓を代表する美男美女。オスカーを獲ったウーピー・ゴールドバーグのインチキ霊媒師役は樹木希林が演じる。監督は大谷太郎。

「ゴースト もういちど抱きしめたい」事件の真相を知った先にみた愛する人を守るための愛の抱擁

11月13日公開の映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」を鑑賞した。 この映画は1990年に公開された 映画「ゴースト ニューヨークの幻」をリメークした作品で ある日偶然出会った陶芸家の男と起業家の女が恋に落ちて結婚するが、 ある事件で女が亡くなるが、 ...

ゴースト もういちど抱きしめたい

映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」オリジナル・サウンドトラックラブストーリーの名作をアジアン・テイストでリメーク。男女の役割を反転させたのが本作の個性だが、物語全体が安っぽくなってしまった。会社を経営し成功を収める七海は、陶芸家を目指す韓国人青年ジュ...

ゴースト もういちど抱きしめたい

<<ストーリー>>会社経営者として多忙な日々を送る七海(松嶋菜々子)は、 ある晩、陶芸家志望の韓国人青年ジュノ(ソン・スンホン)と出会う。 やがて二人は運命的な恋に落ち、新しい生活をスタートさ...

映画「ゴースト もういちど抱きしめたい 」泣くほどの感動はないが、しっとり良い出来

「ゴースト もういちど抱きしめたい 」★★★ 松嶋菜々子、ソン・スンホン、樹木希林、鈴木砂羽出演 大谷太郎監督、116分、 2010年11月13日公開、2010,日本,パラマウント ピクチャーズ ジャパン、松竹 (原題/作:ゴ-スト)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「1990年に公開され、大ヒットを記録した 『ゴースト/ニューヨークの幻』のリメイク。 設定を逆にし、妻である星...

『ゴースト もういちど抱きしめたい』

  □作品オフィシャルサイト 「ゴースト もういちど抱きしめたい」 □監督 大谷太郎□脚本 佐藤嗣麻子、中園ミホ□キャスト 松嶋菜々子、ソン・スンホン、樹木希林、鈴木砂羽、芦田愛菜、宮川大輔、黒沢かずこ、松金よね子、嶋田久作、温水洋一■鑑賞日 11月14日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  誰もが泣ける映画だと思っていたのに、こんなに笑える映画だとは・・・。 あの名作『ゴースト ニューヨークの幻』から20年、アジア版のリメイク作...

ゴースト もういちど抱きしめたい ソン・スンホン & 松嶋菜々子

 ソン・スンホン、松嶋菜々子主演のハリウッド映画リメイク作品『ゴースト もういちど抱きしめたい』が、11月13日の公開から5日間で観客動員23万人を突破した。 ↓クリックよろしくお願い感謝。致しま...

ゴースト もういちど抱きしめたい ソン・スンホン & 松嶋菜々子

 ソン・スンホン、松嶋菜々子主演のハリウッド映画リメイク作品『ゴースト もういちど抱きしめたい』が、11月13日の公開から5日間で観客動員23万人を突破した。 ↓クリックよろしくお願い感謝。致しま...

ゴースト もういちど抱きしめたい

ゴースト もういちど抱きしめたい10:日本◆監督:大谷太郎「銭ゲバ」「ごくせん」(共にTV) ◆出演:松嶋菜々子、ソン・スンホン、鈴木砂羽、橋本さとし、宮川大輔、黒沢かずこ、松金 ...

ゴースト もういちど抱きしめたい

ゴースト もういちど抱きしめたい 1990年に公開されデミ・ムーアの『ゴースト/ニューヨークの幻』 をリメイク。 前作は未見。 なので比較はできません。 主人公・七海とジュノが出会うシーン。 結...

ゴースト もういちど抱きしめたい

ゴースト もういちど抱きしめたい ★★☆☆☆(★2つ) ご存じ、ゴースト ニューヨークの幻のリメイク版。公開時からオリジナルとは別物との酷評が続いていたので、期待せずDVD鑑賞。 うーん。ゴーストが名作だけに、手を出してはいけなかった感じですが、それをおいても、松嶋奈々子の立ち位置が、若くもないのに、ぶっているところとか痛々しくて、逆に悲しかった。。。 プライドが高い者、トップスター同志の共演てことで、逆に殻を破らず、自分のイメージを壊さず演りましたって感じですね。。。何にも伝わってこなかったよ...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ