忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大鹿村騒動記 公式サイト大鹿村騒動記
監督阪本順治
出演原田芳雄大楠道代岸部一徳松たか子佐藤浩市冨浦智嗣瑛太石橋蓮司小野武彦小倉一郎でんでん加藤虎ノ介三國連太郎
内容:江戸から数えて300余年。南アルプスの懐に抱かれた大鹿村では、途絶えることなく「村歌舞伎」の伝統が続いてきた。そこで主役を張ってきたのが、初老の食堂店主・風祭善だ。サングラスにテンガロンハットの無骨な男だが、いざ舞台に立てば観客の視線を一身に集める花形役者。しかし私生活では女房に逃げられ、18年間ひとり暮らしをしている。そんなある日、公演を5日後に控えた村に、駆け落ちした妻の貴子と幼なじみの治が帰ってきた。聞けば彼女は脳を患い、善の顔も忘れてしまったという。わずかに覚えているのは、かつて夫相手に舞台で演じた台詞のみ。折しもリニア新幹線の誘致をめぐって仲間が対立し、暴風雨まで接近するなか、善の心は千々に乱れてしまう。「これじゃ歌舞伎なんてやれねえ!」。 天災の年にも戦争の季節にもやめなかった村芝居。さて、その幕は、無事開くや否や。

予告編

解説
江戸から数えて300余年。南アルプスの懐に抱かれた大鹿村では、途絶えることなく「村歌舞伎」の伝統が続いてきた。そこで主役を張ってきたのが、初老の食堂店主・風祭善だ。サングラスにテンガロンハットの無骨な男だが、いざ舞台に立てば観客の視線を一身に集める花形役者。しかし私生活では女房に逃げられ、18年間ひとり暮らしをしている。そんなある日、公演を5日後に控えた村に、駆け落ちした妻の貴子と幼なじみの治が帰ってきた。聞けば彼女は脳を患い、善の顔も忘れてしまったという。わずかに覚えているのは、かつて夫相手に舞台で演じた台詞のみ。折しもリニア新幹線の誘致をめぐって仲間が対立し、暴風雨まで接近するなか、善の心は千々に乱れてしまう。「これじゃ歌舞伎なんてやれねえ!」。 天災の年にも戦争の季節にもやめなかった村芝居。さて、その幕は、無事開くや否や...続きを読む

70代を迎えて、ますます男の色気を感じさせる稀有な役者、原田芳雄。長年にわたり日本映画を牽引してきたこの名優が、「自らの原点を確認するためにどうしてもやっておきたい」と切望した企画──それが『大鹿村騒動記』だ。舞台は、"日本で最も美しい"といわれる長野県の大鹿村。この地で300年以上も受け継がれてきた実在の村歌舞伎を背景に、滑稽でホロ苦く、何よりも人間味あふれる群像劇が生き生きと描かれる。
監督は、1989年の鮮烈なデビュー作『どついたるねん』以来、『KT』『座頭市 THE LAST』など計6本で原田とタッグを組んできた阪本順治。ドラマ出演をきっかけに大鹿歌舞伎の存在を知り、地元の役者衆と観客とが一緒になって楽しむ「芸能本来の力」に心奪われた原田がテーマを示し、阪本監督とベテラン脚本家の荒井晴彦がオリジナル脚本でそれに応えた。出会ってからずっと「いつか正面から取っ組み合おう」と語り合ってきた2人。映画界を代表する才能による"20年ごしのガチンコ勝負"が、ついに実現したことになる。

脇を固めるのも日本映画屈指の実力者ばかりだ。妻の貴子役には、2000年の阪本作品『顔』で強烈な存在感を見せつけた大楠道代。記憶が薄れゆく戸惑いと少女のような無邪気さとが同居した難しい役を見事に演じきっている。18年ぶりに彼女を返しにくる親友の治には、やはり阪本組の常連・岸部一徳。独得のシレッとした空気感、原田とのユーモアあふれる掛け合いは、大人の観客をニヤリとさせずにおかない。さらに佐藤浩市、松たか子、石橋蓮司、でんでん、小野武彦など、企画を聞きつけた芸達者が続々と参加。遊び心たっぷりに村人たちを演じている。若手ナンバーワンの実力派・瑛太がフレッシュな風を吹き込んでいるのに加え、重鎮・三國連太郎の味わい深い存在感も見逃せない。小さな村を舞台にした、ささやかな人間喜劇。その味わいは、文字どおり最高のキャスティングによって、この上なく贅沢なものとなった。

急斜面に作られた棚田など、スクリーンに映し出される美しい日本の原風景も忘れがたい。オールロケーションで行われた撮影には、大鹿村が全面的に協力。クライマックスの歌舞伎シーンも、実際に使われている舞台を借りて本番さながらに行われた。地元を中心に850人ものエキストラが参加。豪華絢爛な衣装をまとった出演者と観客が一体となった臨場感は、圧巻の一言だ。
はるか昔から、そこに暮らす人びとの喜怒哀楽をまるごと受け止めてきた村歌舞伎。笑いと涙、憎しみと赦しが詰まったその物語は、やがて登場人物たちの人生と重なり合い、観客は腹を抱えながらも生きることの滋味をしみじみ感じることになる。そしてラストでは忌野清志郎の隠れた名曲「太陽の当たる場所」が、悲喜こもごもの結末を温かく包み込む──。日本映画が久しく忘れていた、愛すべき"オトナの喜劇"の誕生だ。


ストーリー
長野県下伊那郡、大鹿村。南アルプス山麓の谷間に位置し、四方を山で囲まれたこの地では、三百年以上にもわたり村歌舞伎の伝統が守られてきた。シカ料理店「ディア・イーター」を営む風祭善(原田芳雄)は、その大鹿歌舞伎に人生を捧げてきた花形役者だ。ひとたび舞台に立てば、村人の喝采を一身にあびる存在。だが実生活では女房に逃げられ、哀れ独り身を囲っている。都会からアルバイトに応募してきたワケありそうな青年・雷音(冨浦智嗣)に「この村じゃ芝居しないと嫁が来ない」と強がってみせたものの、全身からにじむ屈託は隠せない。

公演を五日後に控えたその日。村役場の会議室は、リニア新幹線の誘致をめぐってモメにモメていた。「駅ができりゃ若い奴が戻ってくる」と主張する土木業の権三(石橋蓮司)と、「農業を捨てる人間が増えるだけ」と反論する農家の満(小倉一郎)。なだめ役の商店主・玄一郎(でんでん)。全員、村歌舞伎の役者だ。東京に出ていった男と煮え切らない関係が続く総務課職員の美江(松たか子)は、思案顔。バス運転手で女形の一平(佐藤浩市)が横目でそれを気にしている。ひとり善だけが、「早く稽古しようよ」と歌舞伎で頭がいっぱいだ。今年の演目『六千両後日文章 重忠館の段』は、大鹿歌舞伎きっての代表作。平家滅亡の後日談を描いたこの一大スペクタクルで、源頼朝を相手に大暴れする"敗残のヒーロー"景清こそ、善がずっと演じてきた十八番の役だった。

ところが、ようやく稽古が始まったところで、とんでもない事件が起きてしまう。十八年前に失踪した妻の貴子(大楠道代)と幼なじみの治(岸部一徳)が突然戻ってきたのだ。あ然とする善に「ごめん、どうしようもなくて……返す」と詫びる治。聞けば貴子は認知症を煩い、自分が駆け落ちしたことさえ忘れてしまったという。思わず「目ん玉くり抜いてやる」と殴りかかる善だったが、少女のように無邪気な貴子に水をかけられ戦意を喪失。その夜、成り行きで二人を泊めてしまう。貴子が布団に入った後、気まずい表情で酒を酌み交わすかつての親友同士。翌日、去ろうとする治に、善は「歌舞伎、見ていかないのか」と声をかける。

金のない治は温泉旅館を経営する一夫(小野武彦)のもと住み込みを始め、貴子はそのまま「ディア・イーター」に落ち着いた。アルバイトの雷音は、舞台の黒衣を務める青年・寛治(瑛太)が気になるらしい。一方、善は割り切れない思いを抱えたまま、リニア問題で喧嘩した仲間の間を走りまわっていた。駄々をこねるメンバーを訪ね、おだてたりすかしたり…。だが、家に帰れば容赦のない現実が待っていた。台所の食材を片っ端から口に入れ、善が好きな味付けも忘れてしまった貴子。なぜか雷音は貴子をかばうが、善の心は暗くなるばかりだ。

あるとき貴子は、村の商店から勝手に品物を持ち出してしまう。必死で謝る夫を尻目に「何もしてません」と言いはる姿に、ついに善の気持ちは切れてしまう。「これじゃ景清なんかやれない」。ところが、歌舞伎保存会の長老・義一(三國連太郎)に詫びようと立ち上がったその瞬間、横から貴子の声が聞こえてきた。「ハテ合点の行かぬ、心有りげな夫の詞…」。景清の相手役である道柴の台詞。かつて舞台で演じ、善と結婚するきっかけになったこの役を、全ての記憶が曖昧になってもなお彼女は覚えていたのだ。

いよいよ明日が本番という日。最大風速三十メートルの暴風雨が村を襲い、女形の一平が土砂崩れに巻き込まれてしまう。幸い命は助かったものの、とても舞台には立てない状態だ。病院に駆けつけた善を前に、一平は思いがけない提案をする。そしてちょうど同じ頃、家の窓から激しい雨を見つめていた貴子は、何かを思い出したかのように、ひとり台風の中へと飛び出していった──。

サテ三百年の伝統はここで途切れてしまうのか。はたして『六千両後日文章 重忠館の段』の幕は無事開くことができるのか。小さな村を巻き込んだ大騒動の、行方やいかに!?

【公開日】2011年7月16日
【製作年】2011年
【製作国】日本
【上映時間】93分
【配給】東映
【監督・脚本・企画】阪本順治
【脚本】荒井晴彦
【主題歌】忌野清志郎
【出演】原田芳雄大楠道代岸部一徳松たか子佐藤浩市冨浦智嗣瑛太石橋蓮司小野武彦小倉一郎でんでん加藤虎ノ介三國連太郎
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

JUNさん、おはようございます^^

芳雄ちゃん、本当に惜しい役者を亡くしました。
彼の役者としての立ち位置を、カバーしてくれる役者は
今後なかなか出てこないように思います。

なかなかTBが反映されないので何度か繰り返してしまいました(汗)
重複しているTBはお手数ですがカットしてくださいね^^
Re:無題
こちらこそ反映が遅くなりまして、誠に申し訳ありません。

私事で申し訳ありませんが、仕事の関係で中々時間が作れずにいます。

多少のタイムラグは発生しますが、必ず公開&反映させますのでご容赦の程よろしくお願い致します。

アッ!それとTBをいつもありがとうございます。

今後ともよきブログ仲間としてお付き合いして頂くよう心より望んでおります。

お互い頑張りましょうね!!
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

大鹿村騒動記

6月30日(木)@新宿明治安田生命ホール。 うちの妻が18時少し前に会場に到着したら、なんと一番乗りだったそうだ。 ⇒マニアの集合なし(笑) 会場内は開映時間になってもかなりガ~ラガラ。 6割くらいしかはいっていなかった。 どうしたんだろ?他の会場も同じだったのだろうか? ちなみにこの大鹿村の試写状はこの日の分を含め4枚も到来。 そのうち2枚はゴミ箱行きとなった。

原田芳雄さん、死去 『大鹿村騒動記』が遺作に

野性的な魅力で映画やドラマで活躍した俳優の原田芳雄さんが19

試写会「大鹿村騒動記」

2011/6/15、文京シビックホール、小ホール。 ほぼ満員。 段差がきついため前席が気になるようなことはないが、 格納可能な階段席になっているので、やや揺れる。 ぱっと見そういう構造に見えないため、ちょっと怖い。 ** 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、三國...

『大鹿村騒動記』

□作品オフィシャルサイト 「大鹿村騒動記」 □監督 阪本順治□脚本 荒井晴彦、阪本順治□キャスト 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、小野武彦、三國連太郎■鑑賞日 7月17日(土)■...

大鹿村騒動記

俳優・原田芳雄の遺作。公開初日に舞台挨拶に出席したもののそれから僅か3日後に帰らぬ人となってしまった。長野県の大鹿村に300年以上伝わる「大鹿歌舞伎」。その後援を日後に控えたあるひ、駆け落ちした妻が帰ってきた…。共演に大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、三國連太郎ら日本映画界を代表するスターが揃う。監督は『どついたるねん』、『行きずりの街』の阪本順治。

大鹿村騒動記

村から駆け落ちした二人が初老になって村に戻り村で落ち着くまでが描かれている。村歌舞伎の主人公景清(原田芳雄)は頼朝を討つことが不可能だとわかると両目をつぶすけど、痴呆になって戻ってきた貴子(大楠道代)たちの行く末をしっかりと見届ける。歌舞伎のあらすじと映

大鹿村騒動記

名優原田芳雄の遺作になってしまった 公式サイト。阪本順治監督、原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ ...

『大鹿村騒動記』

□作品オフィシャルサイト 「大鹿村騒動記」 □監督 阪本順治□脚本 荒井晴彦、阪本順治□キャスト 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、小野武彦、三國連太郎■鑑賞日 7月17日(土)■...

大鹿村騒動記/原田芳雄、大楠道代、岸部一徳

阪本順治監督と原田芳雄さんがタッグを組みさらに阪本組と言われる常連俳優たちが集っての長野県の山村に300年以上も伝わる「大鹿歌舞伎」をモチーフに描かれる群像喜劇です。予告 ...

大鹿村騒動記☆独り言

2011年7月19日お昼過ぎ・・・原田芳雄さんの訃報Twitterのつぶやきでびっくりした。信じられないニュースに、嘘じゃないかとネット検索でも、それは本当に起こったことだった。ワイドショーで観た試写会での姿に、不安を感じたのは否めない。でも、本当になって欲しくなかっ

大鹿村騒動記

大鹿村騒動記 ★★★☆☆(★3つ) 忘れられないけど 思い出したくもない女が帰ってきた。 長野県の大鹿村で、300年の歴史がある「大鹿歌舞伎」の上映を数日後に控えたある日、18年前に親友と駆け落ちした女房が帰ってきた!ボケてカケオチしたことも忘れて!! 出演は、原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、冨浦智嗣、瑛太、小野武彦、三國連太郎 という豪華陣が固めます。 豪華な出演陣をおいても、贅沢な映画だと思いました。 キツイ言い方をすると(少なくとも若者に)今、この映画で興行収入を得...

原田芳雄追悼(『大鹿村騒動記』公開中に…)

「今夜はしっとりといくからね…」 -----そうか、原田芳雄が亡くなっちゃったんだよね。 「うん。実は『大鹿村騒動記』を観に行った時、 ある人から『これは、原田芳雄の最後の作品』と聞かされて、 えっ?と問い返したことが…。 その人の話によると、癌が再発したのだとか...

『大鹿村騒動記』

□作品オフィシャルサイト 「大鹿村騒動記」 □監督 阪本順治□脚本 荒井晴彦、阪本順治□キャスト 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、小野武彦、三國連太郎■鑑賞日 7月17日(土)■...

『大鹿村騒動記』

□作品オフィシャルサイト 「大鹿村騒動記」 □監督 阪本順治□脚本 荒井晴彦、阪本順治□キャスト 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、小野武彦、三國連太郎■鑑賞日 7月17日(土)■...

「大鹿村騒動記」

長野の山の中で鹿料理店を開いている男のところへ、駆け落ちして逃げた女房と親友の男が帰ってくる。 ただ、それだけの話なのに、やたらおもしろい。 男は原田芳雄、女房と親友が大楠道代、岸部一徳。この食えないメンバーがからめば、話がおもしろくならないわけがない...

大鹿村騒動記

 『大鹿村騒動記』を丸の内TOEIで見てきました。 (1)映画『奇跡』についての記事に書きましたように、期待を込めて待っていた『大鹿村騒動記』が16日に公開されるとわかり、でもまあそうすぐに行かなくともとグズグズしていたところ、19日に主演の原田芳雄の訃報。それ...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ