忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ノルウェイの森

解説
1987年に刊行され、それまでの国内小説の発行部数を塗り替えるベストセラーとなった村上春樹の「ノルウェイの森」。主人公ワタナベの喪失と再生を描いた究極の恋愛物語に人々が動かされ、時代が動かされた。画期的な赤と緑の装丁も話題となり、当時はその本を持つこと自体がステイタスにもなった。そんな20世紀を代表する恋愛小説は、現在も読み継がれており、さらには世界をも魅了し36言語に翻訳されている。そんな「ノルウェイの森」が、出版から20年以上の時を経て、遂に奇跡の映画化を果たす。監督は『青いパパイヤの香り』『夏至』などの作品で、叙情性溢れる映像美で人間の機微を静かに、でも温かく描くことに定評のあるトラン・アン・ユン。主人公のワタナベには、作品ごとに全く異なった表情を見せる若手演技派No.1の松山ケンイチ。直子を『バベル』で第79回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた国際派女優・菊地凛子が演じる。(作品資料より)

ストーリー
37歳になったワタナベは、ドイツ行きの機内で「ノルウェイの森」を耳にし、18年前に自分が恋に落ちた直子のことを思い出す。直子はワタナベの高校時代の親友・キズキの恋人だった。ワタナベにとってキズキは唯一の友であり、必然的にワタナベと直子も一緒によく遊んでいた。ところが、ある日突然キズキは誰にも何も言わずに自殺をしてしまう。親友を喪ったワタナベは、誰も知っている人間がいないところで新しい生活を始めるために東京の大学に行く。そして、あるとき中央線で直子と偶然再会する。それからワタナベと直子はお互いに大切なものを喪った者同士付き合いを深めていく。ところが、付き合いを深めれば深めるほど直子の方の喪失感はより深く大きなものになっていった。そして、20歳になった直子は結局京都の病院に入院することになる。そんな折にワタナベは大学で、春を迎えて世界に飛び出したばかりの小動物のように瑞々しい女の子・緑と出会う…。

2010年12月11日より 全国東宝系にて公開
配給 : 東宝
ジャンル : 邦画/ドラマ
製作年 : 2010年
製作国 : 日本
公式サイト

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
スタッフ
  • 監督・脚本: トラン・アン・ユン
  • 原作: 村上春樹
  • 製作: 豊島雅郎 / 亀山千広
  • 音楽: ジョニー・グリーンウッド
  • 主題歌: ザ・ビートルズ

キャスト
  • 松山ケンイチ
  • 菊地凛子
  • 水原希子
  • 高良健吾
  • 霧島れいか
  • 初音映莉子
  • 玉山鉄二

DVD情報
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

「ノルウェイの森」愛の森を彷徨った末にみた愛の形にできなかったショックの悲しみ

12月11日公開の映画「ノルウェイの森」(PG12指定)を鑑賞した。 この映画は村上春樹原作の「ノルウェイの森」を映画化した作品で、 高校時代に親友を失った青年が 東京で親友の ...

ノルウェイの森

ノルウェイの森 オリジナル・サウンドトラック有名すぎる文学作品を映像化することのハードルの高さを改めて感じる映画だ。果たしてこの作品を村上春樹ファンがどう見るかが気にな ...

ノルウェーの森

原作は例よって知りません。 で、結局よくわからない。 途中で恐ろしいほどの睡魔に襲われました(爆 おもいっきりネタバレになりますがここから白反転 冒頭でキズキが自殺します。 直子はキズキを愛...

ノルウェーの森

原作は例よって知りません。 で、結局よくわからない。 途中で恐ろしいほどの睡魔に襲われました(爆 おもいっきりネタバレになりますがここから白反転 冒頭でキズキが自殺します。 直子はキズキを愛...

「ノルウェイの森」悲しみを受け止めその痛みを忘れない

「ノルウェイの森」★★★★ 松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子出演 トラン・アン・ユン監督、134分 、2010年12月11日公開、2010,日本,東宝 (原作:原題:Norwegian Wood )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 1987年に発表され、国内での 累計発行部数870万部を誇る 村上春樹の同名小説の映画化。 『夏至』のトラン・アン・ユン監督がどう映像化するか お手並み拝見...

印象記:映画『ノルウェイの森』描かれる苦しみと美しさ

 映画版『ノルウェイの森』、一般公開初日に観てきました。  張り詰めた美しさの画像が、観客を引き込みます。  それも、力任せにぐいぐい引き込むタイプではなくて、浜辺で満ち引

「ノルウェイの森」愛の森を彷徨った末にみた愛の形にできなかったショックの悲しみ

12月11日公開の映画「ノルウェイの森」(PG12指定)を鑑賞した。 この映画は村上春樹原作の「ノルウェイの森」を映画化した作品で、 高校時代に親友を失った青年が 東京で親友の ...

ノルウェイの森

 大昔のことでぼんやりとしか覚えてはおりませんが、やはり原作を読んだからということで、『ノルウェイの森』を見に日比谷のTOHOシネマズ スカラ座・みゆき座に行ってきました。 (1)この...

ノルウェイの森

ノルウェイの森'10:日本◆監督: トラン・アン・ユン「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」「シクロ」◆出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、玉 ...

ノルウェイの森

 申し訳ないな、そう思いながら、この映画の原作で村上春樹氏とは絶縁状態になった。というのも、それまでは、彼の作品が単行本で出るたびに殆ど入手して読んでいた。ところがだ、本作品が講談社より書き下ろしで新発売。すると、それまでの作品とは趣き変わって、大ベストセラー

ノルウェイの森 そうだ、あの森はたしかに深く暗い

【=2 -0-】 

ノルウェイの森

11月27日(土)@東宝試写室。 入場時に、LPレコードのジャケットのようなプレスがもらえた。 終映後は監督のティーチイン。 イベントの質は良かった。(笑)

ノルウェイの森

 申し訳ないな、そう思いながら、この映画の原作で村上春樹氏とは絶縁状態になった。というのも、それまでは、彼の作品が単行本で出るたびに殆ど入手して読んでいた。ところがだ、本作品が講談社より書き下ろしで新発売。すると、それまでの作品とは趣き変わって、大ベストセラー

映画『ノルウェイの森』を観て

10-82.ノルウェイの森■配給:東宝■製作年・国:2010年、日本■上映時間:133分■鑑賞日:12月19日、吉祥寺オデヲン座(吉祥寺)■入場料:1,000円スタッフ・キャス...

ノルウェイの森

11月27日(土)@東宝試写室。 入場時に、LPレコードのジャケットのようなプレスがもらえた。 終映後は監督のティーチイン。 イベントの質は良かった。(笑)

ノルウェイの森

村上春樹、昔、流行りましたね。 村上龍と合わせて、W村上とか言われた覚えが。。。 しかし私は村上春樹が好きではない。 とはいえ、食わず嫌いというか、あまり読んでないんですけど(爆) 村上龍作品はいくつか読んでるんですけれどね。 この「ノルウェイの森」は大流行り

ノルウェイの森

NORWEGIAN WOOD/10年/日本/133分/青春ロマンス・ドラマ/PG12/劇場公開 監督:トラン・アン・ユン 原作:村上春樹 脚本:トラン・アン・ユン 主題歌:ザ・ビートルズ『ノルウェーの森』 出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、糸井重...

mini review 11531「ノルウェイの森」★★★★★★☆☆☆☆

1987年に刊行されベストセラーとなった村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を、『青いパパイヤの香り』『夏至』などのトラン・アン・ユン監督が映画化。亡くなった親友の恋人との関係を通し、主人公の青年の愛と性、生と死を叙情的につづる。主人公には松山ケンイチ、大切...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ