忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

運命のボタン

解説
私の中のあなた」のキャメロン・ディアス主演のサスペンス。ボタンを押せば他人の命と引き換えに大金が手に入るという装置に翻弄される夫婦の運命を描く。共演に「ヘアスプレー」のジェームズ・マースデン、「フロスト×ニクソン」のフランク・ランジェラ。デビュー作「ドニー・ダーゴ」が注目を集めたリチャード・ケリーが監督。

ストーリー
1976年12月16日、朝5時45分。ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅で玄関のベルが鳴る。妻のノーマ(キャメロン・ディアス)が出ていくと、そこに人の姿はなく、真四角な箱だけが置かれていた。ノーマが朝食の支度を整えていると、その横で夫のアーサー(ジェームズ・マースデン)が箱を開けてしまう。中に入っていたのは、赤いボタンの付いた奇妙な木製の装置だった。午後5時。再びルイス家の玄関のベルが鳴る。ドアを開けると、そこに立っていたのは長身の男性。アーリントン・スチュワード(フランク・ランジェラ)と名乗るその男は、驚くべき提案を持ちかける。“ボタンを押せば2つ... 1976年12月16日、朝5時45分。ヴァージニア州郊外に暮らすルイス夫妻宅で玄関のベルが鳴る。妻のノーマ(キャメロン・ディアス)が出ていくと、そこに人の姿はなく、真四角な箱だけが置かれていた。ノーマが朝食の支度を整えていると、その横で夫のアーサー(ジェームズ・マースデン)が箱を開けてしまう。中に入っていたのは、赤いボタンの付いた奇妙な木製の装置だった。午後5時。再びルイス家の玄関のベルが鳴る。ドアを開けると、そこに立っていたのは長身の男性。アーリントン・スチュワード(フランク・ランジェラ)と名乗るその男は、驚くべき提案を持ちかける。“ボタンを押せば2つのことが起きます。その1、どこかであなたの知らない誰かが死にます。その2、あなたは現金100万ドルを手にします。しかし、それには条件が3つ。その1、私の雇い主のことについて一切情報を提供しない。その2、ご主人以外の誰にもこのことを話してはいけない。その3、期限は24時間。明日5時に再度伺い、ボタン装置を回収する。装置はリセットされ、このチャンスを別の人間に提供する。”…大金を手にするチャンスとはいえ、人の命を引き換えにしなければならない。2人は迷うが、生活が苦しいこともあり、目の前に100万ドルを見せられて、結局ボタンを押してしまう。だが、それは創造をはるかに超える事態の始まりに過ぎなかった。果たして、2人の運命は...続きを読む
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

底知れぬ恐怖と衝撃のエンディング

「ドニー・ダーコ」で圧倒的な評価を得て、その後の「サウスランド・テイルズ」でちょっと行き過ぎてしまった感がありかなり賛否分かれたようだが、今回は反省もあったのか、原作のおかげか、だいぶわかりやすいプロットに落ち着いている。

とはいえ、原作にあった要素はほぼ前半で使い果たし、後半からはひたすらこの箱をめぐる「何か」の不気味さ、サスペンスを描くことになる。予告を見て意外な展開や、綿密な伏線に基づく謎解き、というのを期待すると、いささか肩すかしをくらうかもしれない。
しかし、ただ佇んでいる美青年や、図書館で座っているだけの人々がどこか気味が悪く感じる、シンプルで効果的なサスペンス演出や、ピースサインにツインタワーを重ねるような独特の終末観に彩られ、単なる一風変わったサスペンスでは終わらせない奥行きが作品全体に感じられる。箱を届ける男のビジュアルのおぞましさも、ピンポイントながらひたすら効果的だ。

後半以降、どこかトンデモチックな雰囲気になっていくため、観ている方は少々不安な気持ちになるかもしれないが、それでもきっちり世界観を壊さずに描くことができているし、寧ろ謎と奇妙さを深めることに成功している。
70年代という「古き良きアメリカ」を舞台にしていることも非常に巧く効果的に作用しており、決して莫大な予算をかけて過去を再現するようなことはないものの、様々なシーンで「この時代」であることがささいな小道具などによって物語に意味を与えており、リチャード・ケリーの確かな作家性を感じることができる。

前二作を見ても分かる通り、リチャード・ケリーはどこまでも「世界の終わり」をテーマにしており、今回描かれる「世界の終わり方」は、ある意味人間の行きつく先としては納得のいくものであるし、原作のテーマを巧く自分の方向にひきつけているように思う。エンディングはある意味予想のつくものではあるものの、その描き方はどこまでも的確な「終末」で、物悲しくも、恐ろしい。

少々変わった映画であるし、観る側の予想を裏切る要素に満ちてはいるものの、テーマとサスペンス性を様々なアイディアで魅せるとても個性的な映画だし、凡百な監督にはまねできないような深読み可能な奥深さを持っている。派手さはないが、一度観てみてもらいたくなる、サスペンスの秀作であると、私は思う。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ