忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

RAILWAYS [レイルウェイズ] 49歳で電車の運転士になった男の物語

解説
家族を気遣う余裕もなくただ仕事に追われていた50歳目前の男が、電車の運転士になりたかった幼い頃の夢を追い求める姿を描く。監督は「ミラクルバナナ」の錦織良成。出演は「次郎長三国志」の中井貴一、「Dear Heart 震えて眠れ」の高島礼子、「ドロップ」の本仮屋ユイカ、「釣りバカ日誌20 ファイナル」の奈良岡朋子など。

ストーリー
大手家電メーカーの経営企画室室長、筒井肇(中井貴一)は50歳を目前に、取締役への昇進を告げられるが、家族を顧みる余裕もなく仕事に追われる日々を送っていた。肇の妻・由紀子(高島礼子)も、長年の夢だったハーブショップを開店、だが肇との距離は広がり、会話もほとんどなくなっていた。就職活動中の娘・倖(本仮屋ユイカ)は、自分の夢が見つからず、日々悶々としている。そんなある日、故郷の島根で一人暮らしをしている肇の母・絹代(奈良岡朋子)が倒れたという連絡が入る。更に追い討ちをかけるように、同期の親友・川平(遠藤憲一)が事故死したという知らせが届いた。久しぶりに帰った実... 大手家電メーカーの経営企画室室長、筒井肇(中井貴一)は50歳を目前に、取締役への昇進を告げられるが、家族を顧みる余裕もなく仕事に追われる日々を送っていた。肇の妻・由紀子(高島礼子)も、長年の夢だったハーブショップを開店、だが肇との距離は広がり、会話もほとんどなくなっていた。就職活動中の娘・倖(本仮屋ユイカ)は、自分の夢が見つからず、日々悶々としている。そんなある日、故郷の島根で一人暮らしをしている肇の母・絹代(奈良岡朋子)が倒れたという連絡が入る。更に追い討ちをかけるように、同期の親友・川平(遠藤憲一)が事故死したという知らせが届いた。久しぶりに帰った実家で、肇はかつて必死に集めていた電車の切符を見つけ、子供の頃、“バタデン”(一畑電車)の運転手になるのが夢だったことを思い出す。目の前のことに追われ、やりたいことに挑戦さえしていない。そんな肇の中を、熱い想いが駆け抜けた。肇は会社を辞め、一畑電車の運転士採用試験を受けることを決意。49歳、しかも大手企業のエリートだった肇の応募に、一畑電車社長・大沢(橋爪功)と部長・石川(佐野史郎)はただ驚くばかりであったが、肇の熱意に動かされ、採用を決める。妻と娘を東京に残して、肇の運転士見習いの研修が始まった。その後、晴れて運転士試験に合格、先輩の福島(甲本雅裕)らの指導を受けながら肇は“バタデン”運転士として働き始める。介護士・森山亜紀子(宮崎美子)の献身的な介護もあり、絹代は入院生活やリハビリにも慣れてきた。肇の転職を知った絹代は、そっけない態度を取りながらも、嬉しそうな息子の様子に思わず顔をほころばせるのだった。やがて、夏休みに入った倖が島根に来て、絹代の介護を手伝うようになった。一方、由紀子のハーブショップは雑誌でも紹介され、軌道に乗り始めてきた。夢に向かって真っ直ぐに生きる肇の姿に影響され、誰もが変わり始めたある日、絹代の病状が急変する...続きを読む
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ただ、がむしゃらに生きてきた。

某映画監督が雑誌のコラムで、この映画のことを「こんなきれいごとの話、誰が信じるのよ?」と言ってましたが、まあ、失業率5%時代の今、一理ある意見かも知れません。だからと言って、映画なんだから、別に幸せな夢を見たっていいんじゃないかと、私は思うのです。
 私は鉄道ファンではないですが、バタ電が走る姿とか、車窓ののどかな風景を見ていると、何だか心がほっとして、和みますね。何度でも見たいな。

男の生き様

鑑賞前はあまり期待していませんでした。ストーリーはよくある話で、過去に似たような作品も多い。キャスティングが良かったですね。エリートだけど生き方は不器用な主人公は中井貴一さんでピッタリ。夢を諦めざるを得なかった若き同僚役の三浦貴大さん、すねてるけどやることは無難にこなすってのがいい演技でした。橋爪功さん・佐野史郎さんも少ない登場シーンでの存在感はさすがです。沿線の風景と時間の流れ方も良かった。

子供の頃の夢を叶えようと決意

予定調和的な映画ではありましたが、シンプルな作りと出演者の自然な演技で、世代的な共感もあり(不覚にも)大いに泣きました。

どう見ても猛烈サラリーマンであった中井貴一が何故突然宗旨替えしたのか、話の筋としては当然としても、今一つ内面的な経緯(=葛藤)が伝わらなかったような気もしましたが、都会の砂漠に生きるなかでの一服の清涼剤として是非お薦めしたい一作です。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ