忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャッター アイランドシャッター アイランド
スタッフ
監督・製作: マーティン・スコセッシ
キャスト
レオナルド・ディカプリオ マーク・ラファロ ベン・キングズレー ミシェル・ウィリアムズ パトリシア・クラークソン マックス・フォン・シドー エミリー・モーティマー ジャッキー・アール・ヘイリー イライアス・コティーズ テッド・レヴィン
発売日: 2010-09-10


シャッター アイランド

解説

「アビエイター」、「ディパーテッド」の監督マーティン・スコセッシ×主演レオナルド・ディカプリオのコンビが、「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の謎解きミステリーを映画化。精神を病んだ犯罪者ばかりが収容される孤島の病院を訪れた連邦捜査官が、次から次へと発生する不可解な事件に巻き込まれていく...続きを読む

ストーリー
ボストンの沖合いに浮かぶ孤島シャッターアイランド。そこには、精神を病んだ犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があった。1954年9月、連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、相棒のチャック(マーク・ラファロ)と共にこの島を訪れる。目的は、女性患者失踪事件の捜査。レイチェル・ソランド(エミリー・モーティマー)という犯罪者が前夜、鍵のかかった病室から消えてしまったのだ。行方を追う唯一の手がかりは、“4の法則”という暗号が記された意味不明な一枚の紙。病院長ジョン・コーリー(ベン・キングズレー)から事情を聞いたテディとチャックは、休暇で島を離... ボストンの沖合いに浮かぶ孤島シャッターアイランド。そこには、精神を病んだ犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があった。1954年9月、連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、相棒のチャック(マーク・ラファロ)と共にこの島を訪れる。目的は、女性患者失踪事件の捜査。レイチェル・ソランド(エミリー・モーティマー)という犯罪者が前夜、鍵のかかった病室から消えてしまったのだ。行方を追う唯一の手がかりは、“4の法則”という暗号が記された意味不明な一枚の紙。病院長ジョン・コーリー(ベン・キングズレー)から事情を聞いたテディとチャックは、休暇で島を離れたドクター・シーハンが事件に関与していると推測、聞き込みを開始する。だが、テディが島を訪れた裏には、事件の捜査とは別の理由があった。テディはチャックに語る。妻ドロレス(ミシェル・ウィリアムズ)を火災で失ったテディは、ここに収容されている放火犯アンドルー・レディスに復讐しようとしていたのだ。だが、患者からはレディスどころか、レイチェルについても何の手がかりも得られない。苛立つテディに、レイチェル発見の知らせが。すぐに面会するが、彼女は錯乱状態だった。こうして事件は解決するが、ハリケーンの直撃で2人は島から出られなくなる。テディはレディスの捜索を始めるが、いつの間にかチャックの姿が見えなくなる。慌ててチャックを探す途中、テディは洞窟に潜む1人の女性を発見。彼女が本物のレイチェルではないか、と直感したテディに向かって、女性は“あなたは島から出られない”と告げる。その言葉にテディは閃く。妻の復讐に乗り込んできた自分だが、実は反対に島におびき寄せられたのではないか。それが本当なら、誰が何の目的で呼び寄せたのか?“4の法則”は一体何を意味するのか?深まっていく一方の謎。果たしてテディは目的を果たし、この島から脱出できるのか...続きを読む
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

DVDで繰り返し鑑賞するのに足りる映画

謎解きミステリーというよりも、第二次世界大戦後の50年代のアメリカの一市民が抱える精神的トラウマと精神医学の状況が生々しく描かれて感じる怖さを味わう映画だと思う。

どこまでが現実でどこまでが幻想かわからない主人公、島全体、いや映画全体の不安定さが映画の肝で、その現実と幻想の線引きは観る人によって、あるいは本作を観る度に違っていいのではないだろうか。

そういう意味で本作についている謎解きの説明は余分であると私は思うが、すみからすみまで筋を理解できないと不満な人には親切なのだろう。

50年代の空気を醸し出す、美術・衣装・撮影・演出・俳優の演技は1級品。ディカプリオ+スコセッシのコンビの映画の中で最高作とまでは言えないが、さすがこのコンビは期待を裏切らない。

ちなみに、音楽監修は、あの元ザ・バンドのロビー・ロバートソン。

解けば解くほど深まる謎

多くの方が「最後のオチが残念」「駄作」などと語っているが・・・ 確かにオチは在り来たりなオチだ。 しかし見終わった後に、よく考えてもらいたい。いや、そこまでの流れを冒頭から思い出してほしい。 「あれ?このオチって・・・」と思うはず。スコセッシ監督が、そこらに多く存在するような単純な映画をわざわざレオ様主演で制作するはずがない! この作品は人それぞれが違った解釈をするマルチエンディング作品と言ってもいいかもしれない。まだ見てない方はリラックスして色々な角度から、納得できるまで何度も見返すべきです。 伏線のその先に伏線

一人の女が姿を消した

雑念や雑音に惑わされず、作品の流れに身をまかせ迷走するように見る事をお勧めします。
どんよりとした曇り空と同じどんよりとした雰囲気の中はじまる物語り、
随所にちりばめられた疑惑や謎に、裏の裏を読むような疑心暗鬼の深みにはまっていく。
 作品の核心に触れてしまう恐れがありうまく話をまとめられません。
ただ見ている側も迷わせることで、思いこみや錯覚をほんの少し疑似体験させる?
その最たるものへの理解に近づく、強い幻覚や妄想を抱くこと…
 ディカプリオの演技、特に表情がとても素晴らしかった。
挑むような目、不安な表情、おびえる目、嘆き、
その時々の心の内がよく表れ、引き込まれるような感じでした。
 ラストに相棒に向けて言った一言、
あれは一体…こうかもしれない…いやこうだったかもしれない…
いくつもその意図を想像してしまう、最後にして最大の謎が用意され(個人的にそう感じただけ)
本当の意味は?と迷いに迷うのです。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ