忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人気漫画家・浦沢直樹の大ベストセラー・コミックを、総製作費60億円をかけ、全3部作として実写映画化したサスペンス巨編の第2作。“血の大みそか”から15年が経った2015年を舞台に、秘密基地のメンバーたちと“ともだち”による新たな攻防が展開する。監督は前作に引き続き、『自虐の詩』などの堤幸彦が担当。豊川悦司、常盤貴子らに加え、平愛梨などフレッシュな顔ぶれも加わっている。驚がくの真実が次第に明かされていく第2章から目が離せない。
 
20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望



 
20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望




20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望





20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望




20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望




20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望




20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望




20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望




20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望




20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望




20世紀少年(20せいきしょうねん/20th Century Boys)第2章 最後の希望

 
ストーリー
血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)は、そんな“ともだち”中心の国家に反抗し、問題児とみなされてしまう。



スタッフ
  • 監督: 堤幸彦
  • 原作・脚本監修: 浦沢直樹
  • プロデューサー: 飯沼伸之 / 甘木モリオ / 市山竜次
  • エグゼクティブプロデューサー: 奥田誠治
  • 製作総指揮: 島田洋一
  • 脚本: 長崎尚志 / 渡辺雄介
  • 音楽: 白井良明
  • 撮影: 唐沢悟
  • 美術: 相馬直樹
  • 編集: 伊藤伸行
  • 主題歌: T・レックス
  • VFXスーパーバイザー: 野崎宏二
  • ラインプロデューサー: 鶴賀谷公彦 / 井上潔
  • 照明: 木村明生
  • 録音: 鴇田満男
  • 助監督: 白石達也
  • 監督補: 木村ひさし


キャスト
  • 豊川悦司
  • 常盤貴子
  • 平愛梨
  • 香川照之
  • ユースケ・サンタマリア
  • 藤木直人
  • 森山未來
  • 古田新太
  • 小池栄子
  • 黒木瞳
  • 石塚英彦
  • 宇梶剛士
  • 小日向文世
  • 佐々木蔵之介
  • 森山未來
  • 木南晴夏
  • ARATA
  • 前田健
  • 荒木宏文
  • 六平直政
  • 佐藤二郎
  • 光石研
  • 片瀬那奈
  • 石橋蓮司
  • 中村嘉葎雄 唐沢寿明 他
     


20世紀少年 第1章 終わりの始まり 豪華版(生産限定)

20世紀少年 第1章 終わりの始まり 豪華版(生産限定) [DVD]

amazon.co.jp

 
1969年。少年ケンヂは、地球滅亡を企む悪の組織に立ち向かう正義のヒーローを夢見て、仲間たちと「よげんの書」を作り上げた。そこに描かれたのは、現実には起こりえない“未来”のはずだった…。1997年。大人になったケンヂの周りで、幼なじみの死をきっかけに次々と不可解な事件が起こり始める。時を同じくして、世界各国では謎の伝染病による大量死が相次ぐ。実は、これらの事件はすべて、かつてケンヂたちが作った「よげんの書」のシナリオ通りに起こっていた!世界を陰で操る謎の男“ともだち”とは?果たしてケンヂは滅亡の一途を辿る地球を救うヒーローになれるのか?そして、2000年12月31日。「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する“その日が訪れる・・・。

よげんの書

ケンヂ達が小学校の頃に秘密基地のメンバーで考えた『将来やってくるだろう悪の組織の地球征服』の方法を書いたもの。しかし、それとは別にフクベエ達がしんよげんの書を作っていた。さらに、カツマタが万丈目の発言を受け、マネのマネとして、さいごのページを書いた。


よげんの書
  • サンフランシスコで細菌兵器が散布される。
  • ロンドンで細菌兵器が散布される。
  • 大阪で細菌兵器が散布される。
  • 羽田空港が爆破される。
  • のろしが上がる。(国会議事堂が爆破される。)
  • 2000年12月31日、東京に巨大ロボットが襲来。世界各地で細菌兵器が散布される。
  • 9人の戦士(書かれた時点ではケンヂ、オッチョ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ケロヨン、コンチ、ドンキーのはずであった)が立ち上がる。


しんよげんの書
  • 集会で救世主が暗殺される。
  • 万博が開かれる。
  • リリリンと電話が鳴り、人類滅亡の準備が整う。
  • スーツケースを持ったセールスマンが世界中でウイルスを散布し始める。
  • 聖母(キリコ)が天国か地獄をたずさえて降臨する。
  • 2015年で西暦が終わる。
  • 世界大統領が誕生する。


しんよげんの書 
  • さいごのページ 反陽子爆弾で世界が滅びる。


時系列

1950年代~1960年代
1959年
  • ケンヂの父、小豆相場に手を出し無一文になる。
    • キリコ、ケンヂの母親代わりになると息巻く。
  • 8月20日ケンヂ産まれる。
1967年
(ケンヂ小学2年生)
  • ケンヂ、喫茶「さんふらんしすこ」、スナック「ロンドン」の存在を知る。(サンフランシスコとロンドンが「よげん」の舞台となるきっかけ)
1968年
(ケンヂ小学3年生)
  • ケンヂたち、ケロヨンの蛙帝国と戦うという遊びをする。(おもちゃの鉄砲で撃たれたら死んだ振りをしなければならない・「私は死にました」と10回唱えたら生き返れるというルール)
1969年
(ケンヂ小学4年生)
  • 夏、ケンヂたちが秘密基地を作る。
  • ヤマネ、オッチョに“しんよげんの書”の秘密を教えてあげるという約束をする。
  • サダキヨ、フクベエと秘密基地で知り合う。
  • フクベエ、ケンヂに万博の存在を話す。ケンヂ初めて、万博の存在を知る。
  • 7月20日、ケンヂとドンキー夜中までアポロ11号月面着陸の衛星中継を見る。
1970年代
1970年
(ケンヂ小学5年生)
  • 一学期、サダキヨが転校して来る。
  • フクベエ、万博に行けなくなり夏休みの間存在を隠すことに。
  • 大阪万博に、オッチョ、ヨシツネ、マルオ、ユキジが行く。
  • “首つり坂”の事件が起こる。
  • 夏の終わり、ヤン坊マー坊兄弟によって秘密基地が破壊され、ケンヂとオッチョが報復を計る。ケロヨン、ドンキー、ヨシツネ、マルオ助太刀する。
  • フクベエの存在を隠し切ったためサダキヨ晴れてフクベエと友達になる。
  • カツマタくんが宇宙特撮隊のバッチを万引きした疑いで晒し者になる。
  • 二学期、サダキヨまた別の小学校に転校する。
1971年
(ケンヂ小学6年生)
  • フクベエ、理科室でサダキヨ(実際はカツマタでサダキヨではなかった)、ヤマネと共に、首をくくるも生き返るという奇跡を実験。同じ頃、モンちゃんが水槽のエアーポンプのスイッチを入れ忘れたのに気付いて(実際はスイッチは入っていたので、フクベエたちにおびき寄せられた可能性があるが)、ドンキー達を誘い5名で学校へ向かい、理科室に入ったドンキーがフクベエの奇跡の実験の現場に遭遇した。ともだちランドのヴァーチャルアトラクションでは一名が削除されているが、それは、その日の昼にフクベエたちと接触した万丈目が尾行していたと思われる。“ともだち”が万丈目に実験の失敗を見られたことを隠蔽するために削除したが、影までは消せなかった模様。
  • 秘密基地にあったものをタイムカプセルに埋める。
  • 神様が経営するボウリング場が建設され、秘密基地が潰される。
1972年
(ケンヂ中学1年生)
  • ケンヂ、第四中学に入学。
  • ケンヂ、4ヶ月分のこづかいを使って4千円のクラシックギターを買う。
1973年
(ケンヂ中学2年生)
  • 中1から中2になる間の春休みにケンヂがユキジをポセイドン・アドベンチャーに誘おうとするが、失敗。
  • ケンヂ、放送室をジャックして、「20th century boy」のレコードを昼休みに流す。
  • 自殺を図ろうとしていたカツマタ、その放送を聞き、自殺を躊躇う。(後に、二代目”ともだち”となったときに、自らを”20世紀少年”と名乗る要因となる)
1979年
(ケンヂ大学2年生)
  • ケンヂの発言により、大学の先輩であるバンドマンのスパイダーが「武道館を一杯」にすることを志す。
1980年代
1980年
(ケンヂ20歳)
  • フクベエが万丈目の事務所を訪れ、“ともだち”の活動が始動する。
1982年
(ケンヂ23歳)
  • スパイダーが武道館でコンサートを開き、ファンで満杯にする。
1988年
(ケンヂ29歳)
  • オッチョ、商社マンとして働いていたとき、息子が交通事故に遭う。これを契機にしてタイに逃避行。
    • オッチョ、偶然遭遇したある僧の元で修行をする。
1989年
(ケンヂ30歳)
  • オッチョ、インドで仏僧の格好をした姿を競争相手の商社マンに発見される。
1990年代
1994年
(ケンヂ35歳)
  • キリコ、アフリカで医師資格を得る。(1991~1994)
  • 父、遠藤賢司死去、キリコ酒店を継ぐ。
  • キリコ、恋人の結婚の誘いを断る。その後、恋人が“ともだち”の一味(後の関東軍の総統・敷島レナの元彼氏)に殺される。
  • キリコ失踪
1995年
(ケンヂ36歳)
  • キリコが医者として働いていた鳴浜町で、殺人ウイルスのワクチンの培養実験を行う。
    • その鳴浜町でウイルスの最初の犠牲者が出始める。
  • ルチアーノ、ナポリでペリン神父と出会う。初めて聖書を読む。
1997年
(ケンヂ38歳)
  • キリコ、カンナをケンヂに預け失踪。
  • ケンヂ、酒屋をコンビニ「キングマート」に改装する。
  • お茶の水工科大学敷島教授の一家全員が失踪を遂げる。
  • ケンヂ、敷島教授の家で“ともだち”のマークを発見する。
  • お茶の水工科大学、敷島ゼミの学生金田正太郎が伝染病で死亡。遺体は全身の血液が無くなった状態で発見される。
  • ケロヨンの結婚式。
  • 小学校の頃の友人ドンキー(工業高校教師)が“ともだち”に殺される。
  • ドンキーの葬儀にケンヂら参加
  • ドンキーの教え子であった田村マサオが、宗教団体教祖のピエール一文字を殺害。
  • ケンヂ、マルオ、ヨシツネ、フクベエ、同窓会に参加。
  • ケンヂ、モンちゃんらと共に1971年に埋めたタイムカプセルを掘り返す。
  • モンちゃん、デュッセルドルフに仕事のため戻る。見送りに来たケンヂ達がユキジに再会する
  • 将平の祖父チョーさんが、ヤマさんによって定年を迎える1週間前に殺害される。
  • サンフランシスコで、謎の病原体が発生し多数の人が死ぬ。
  • ケンヂ、ドンキーを殺害した“ともだち”の信者と遭遇。“ともだち”の打倒を決意する。
  • ケンヂ、“ともだち”のコンサートに乗り込み、初めて“ともだち”と遭遇。
    • “ともだち”、ケンヂに自分がカンナの父親であることを告白。
  • 大阪で、“ともだち”一味によって病原体が撒かれる。
  • 羽田空港爆破。
  • カンナ、キングマートに押しかけた“ともだち”の信者に拉致されそうになる。間一髪でケンヂに救出されたが、キングマートは放火され全焼してしまった。
  • 翌日、ケンヂが家の庭の焼け跡から“よげんの書”を掘り返す(母親が紫陽花を植えていた場所にケンヂが埋めていた)。旅立つ。
  • 拉致した敷島教授を“ともだち”幹部らが巨大ロボット製造協力のために脅迫を行う。
1998年
(ケンヂ39歳)
  • ケンヂ、敷島教授の娘が風俗で働いていることを突き止める。
2000年代
2000年
(ケンヂ41歳)
  • オッチョ、タイ・バンコクで友民党・衆議院議員万丈目と出会う。万丈目、麻薬取引の現場を目撃したオッチョが救った女性を口封じのため刺殺。オッチョはこの直後のケンジからの電話で裏に隠された陰謀を解き明かすため日本への帰国を決意する。
  • オッチョ、タイ・ミャンマー国境で、“ともだち”が建てた麻薬工場を爆破。その時、巨大ロボットの存在を知る。
    • オッチョ、日本に帰国。ケンヂと再会。
  • ケンヂ、敷島教授の娘と会う。
  • ケンヂ、オッチョ、霞ヶ関の地下で巨大ロボットと遭遇。
  • 「“ともだち”のマークを取り戻そう」の合図の元、マルオ、ヨシツネ、モンちゃん、フクベエ、ユキジを招集。(ケロヨン、コンチ、ヤン坊・マー坊にも誘いをかけるが、断られる。この直後にヤン坊・マー坊はケンヂ達のアジトの場所を万丈目に密告)
  • カンナ、山形のユキジの知り合いの家に預けられる。
  • 12月21日 - 国会議事堂が爆破される(後にともだち記念館に改装)
  • カンナ、ケンヂに会いに一人で東京へ戻る。
  • 12月31日(”血のおおみそか”) - 世界同時多発テロが発生する。巨大ロボが東京を破壊する。
    • オッチョ、ユキジ、モンちゃん、友民党本部に乗り込む。
    • ケンヂ、フクベエ、“ともだち”らしき人物を追いつめるも、フクベエが“ともだち”と共に死亡(?)
    • 友民党がウイルスのワクチンを世界に広める。
    • ケンヂ、オッチョ、マルオ、巨大ロボットに立ち向かう。21世紀になったその瞬間巨大ロボットが大爆発するが、ケンヂは逃れる(その後ケンヂは記憶喪失になり行方不明となる)。
    • “ともだち”、ウイルスのワクチンを世界中に配布する。
2001年
  • 1月
    • “ともだち”一味が世界を同時多発テロから救い、国連から英雄として迎えられる。
    • 仁谷、ヤクザの親分を殺害し、中国に逃亡。その後法王と遭遇。
    • 中国、甘粛省青洞鎮、(後の)ローマ法王が友民党が持ってきたワクチンを配ろうと仁谷と尽力する。
    • 海ほたる刑務所、開設
2002年
  • モンちゃん、病床から“しんよげんの書”を手に入れたとユキジに告白。その二日後、サダキヨに会いに行きその夜に撲殺される。
  • キリコ、鳴浜町に元働いていた病院のウイルスのワクチンのデータを捜しに帰ってくる。
2003年
  • キリコ、ヤマネのウイルス開発を止めるように説得。ヤマネ、研究開発を断念。
2010年代
2014年
  • オッチョ、角田と共に海ほたる刑務所を脱獄。東京湾海底トンネルから東京へ脱出する。
  • 小泉響子、“ともだちランド”に迎えられる。そこで、ヨシツネと出会う。
  • 小泉響子、バーチャルワールドに入り、“首つり坂”の事件を体験する。
  • カンナ、カジノでラビット・ナボコフというゲームで店が潰れるぐらい稼ぐ。
    • カンナ、教会にてタイマフィア、中国マフィアをローマ法王殺害を阻止するために仲間に付ける。“ともだち”の一味に命を狙われるも駆けつけたオッチョに救出される。
  • サダキヨ、カンナたちの学校に英語教師として赴任。小泉響子を“ともだち”の家に連れていく。しかし、“ともだち”を裏切り小泉と共に元担任関口が住む老人ホームに向かう。
    • カンナ、校長と共にサダキヨの所へ向かう。途中、校長から自分の父は“ともだち”だと聞かされ特殊な能力で車を爆破、停車させる。校長はカンナの力で瀕死の重傷を負う。
    • 老人ホームにサダキヨ、小泉響子、カンナ、ヨシツネが集まる。サダキヨ、“ともだち”を殺害しに行き、車を爆破されたが生還。
    • ユキジ、ヨシツネと再会。
  • 西アフリカ、ンドンコ共和国で伝染病が蔓延
2015年
  • 1月1日
    • マルオ、春波夫のマネージャーとして“ともだち”暗殺のために行動。
    • 春波夫、“ともだち”と接見。マルオは全身に爆弾を装着し、“ともだち”爆殺を企てていたが、ケンヂの言葉を思い出して思いとどまる。
  • 1月2日
    • オッチョ、1969年のヤマネとの約束を思い出し小学校の図書館へ向かう。そこで「ひみつ集会のおしらせ」を発見し、理科室へ。そこへ“ともだち”(フクベエ)が現れるが、ヤマネによって殺害される。
    • 世界中のマスコミにより、“ともだち”の死亡が伝えられる。
  • 1月3日
    • 政治犯など3000名恩赦。反旗を翻した“ともだち”の一味が次々と‘絶交’される。
  • 世界各地で、2000年の“血のおおみそか”を上回るウイルスが猛威をふるう。
  • キリコ、アメリカ、ドイツと世界各地で自分が製造したワクチンを渡す旅をする。
  • 万国博覧会開会式。ローマ法王暗殺を、“ともだち”が救う。
  • 世界各地で、防毒マスクをつけたスーツ姿のセールスマンが殺人ウイルスを散布。
  • 中央アジア、ウイルスによる被害が甚大なため出入国が禁止され、完全に封鎖される。
  • 日本、外出するには防毒マスクが必須になる。
  • 5月5日
    • 友民党が、聖母が降臨したと各紙マスコミに発表。
  • 万国博覧会に来ていた人間に優先的にワクチンが配られる。
  • 東京が壁で分断されていく。
  • 西日暮里の十字路でエロイムエッサイムズのギター・ダミアン吉田が、「悪魔くん」(=ケンヂ。相手のバンド名にちなんでこう名乗った)と遭遇し演奏を聴く。
ともだち暦
ともだち暦元年
(2016年)
  • 西暦が終わり、ともだち暦が始まる。東京の生活水準・文化は1950年代~1970年代水準まで後退。
  • カンナ、殺人ウイルスのワクチンを打つ。
  • タイマフィア、中国マフィア、“ともだち”の本部に攻撃を仕掛けるも全滅。
    • チャイポン、その3日後死亡。
ともだち暦3年
(2018年)
  • オッチョ、2年間全国を見て回った後、東京に戻る。その後、サナエとカツオの家に匿われる。
  • 「氷の女王一派」のリーダー、カンナは同年8月20日に“ともだち”に対し武装蜂起を計画。結局、作戦は中止になったが、その直後に「地球防衛軍」の襲撃を受け49人が殺害され、カンナとオッチョが連行される(実際カンナを捕まえたのは“親友隊”だった)。
  • カンナとオッチョは万丈目から“ともだち”暗殺を手助けするよう言われる。
  • 蝶野刑事、東北地方にある「北方検問所」の警備を担当。
  • 北方検問所に宇宙人襲来する。自ら「矢吹丈」と名乗る。後にケンヂと判明。ケンヂについて来た大人数の人々(自称ヒッピー)が村に押し寄せ、圧政を強いられていた村人も反乱を起こす。
  • 東北と関東の関所にある街(性風俗店と関所偽造通行手形屋が主)でケンヂは漫画家の氏木と出会う。蝶野、スペードの市の罠にはまり関東軍に捕まる。
  • 氏木が作成した大量の偽造手形で関東に入ったケンヂ・スペードの市の一団・志願者が関東軍の城を襲撃・陥落に成功し、捕らえられた人々と蝶野も救出される。
  • カンナの母親キリコの所在が判明、東京・東村山の共同体でワクチン開発を続ける。そこでマルオはケロヨンと再会する。
  • キリコ、研究室で自ら新型ワクチンの人体実験を行う。実験は成功。
  • カンナ・オッチョ・ユキジが“ともだち”暗殺を実行に移すが計画が漏れていたために万丈目は高須に射殺される。カンナも‘絶交’されかかるが無事脱出。
  • 「ともだちタワー」の地下で「空飛ぶ円盤」が建造されていた。
  • 対抗策としてヤンマー敷島博士に二足型ロボットの開発を依頼、これを完成させる。
  • “ともだち”地球滅亡計画を発表。自らがすべての事件の黒幕であることを告白。
  • カンナ、ケンヂが万博会場に訪れることを信じライブを行うことを決心する。
  • マルオ、ケロヨン、関所にて地球防衛軍に狙われるが、生還していたサダキヨと共に万博会場へ向かう。
  • リモコンをともだちに奪われロボットが起動・・ケンヂ東京に着く。




単行本
  • 20世紀少年 ともだち(ISBN 4091855318)
  • 予言者(ISBN 4091855326)
  • ギターを持った英雄(ISBN 4091855334)
  • 愛と平和(ISBN 4091855342)
  • さいかい(ISBN 4091855350)
  • 最後の希望(ISBN 4091855369)
  • 真実(ISBN 4091855377)
  • ケンヂの歌(ISBN 4091855385)
  • ラビットナボコフ(ISBN 4091855393)
  • 顔のない少年(ISBN 4091855407)
  • 成分表示(ISBN 409186631X)
  • ともだちの顔(ISBN 4091866328)
  • 終わりの始まり(ISBN 4091866336)
  • 少年と夢(ISBN 4091866344)
  • ばんぱくばんざい(ISBN 4091866352)
  • 鏡のむこう(ISBN 4091866360)
  • クロスカウンター(ISBN 4091866379)
  • みんなの歌(ISBN 4091866387)
  • 帰ってきた男(ISBN 4091866395)
  • 人類の勝負(ISBN 4091866409)
  • 宇宙人現る(ISBN 4091801595)
  • 正義の始まり(ISBN 4091808050)
  • 21世紀少年 上.“ともだち”の死(ISBN 9784091812162)
  • 21世紀少年 下.20世紀少年(ISBN 9784091814951)



映画

2008年から3部作で公開予定。2008年の1月から6月まで第1章と第2章の一部が撮影され、8月から第2章の一部と第3章が撮影された。第1章は2008年8月30日、第2章「最後の希望」は2009年1月31日、第3章は2009年秋公開予定。製作は日本テレビ放送網など。制作プロダクションはシネバザール、オフィスクレッシェンド。配給は東宝。第1章は4000万円かけた巨大ロボットの前で完成披露会見を行い、パリのルーブル美術館で世界初となるモナリザの前でワールドプレミア記者会見を行った。第2章は太陽の塔を国内最大のイベント費用8000万円で、一日だけ「ともだちの塔」に変え、その前で完成披露会見を行った。

第1章のストーリーは主に原作の“20世紀”中の物語をベースにしている。




キャスト

第1章
  • ケンヂ(遠藤健児):唐沢寿明、田辺修斗(中学生時代)、西山潤(幼少)
  • オッチョ(落合長治):豊川悦司、澤畠流星(幼少)
  • ユキジ(瀬戸口雪路):常盤貴子、松元環季(幼少)
  • 遠藤カンナ:平愛梨、畠山彩奈(幼少)
  • ヨシツネ(皆本剛):香川照之、小倉史也(幼少)
  • マルオ(丸尾道浩):石塚英彦(ホンジャマカ)、安岡壱哉(幼少)
  • モンちゃん(子門真明):宇梶剛士、矢野太一(幼少)
  • ケロヨン(福田啓太郎):宮迫博之(雨上がり決死隊)、森山拓哉(幼少)
  • ドンキー(木戸三郎):生瀬勝久、吉井克斗(幼少)
  • ヤマネ(山根昭夫):小日向文世、安彦統賀(幼少)
  • フクベエ(服部哲也):佐々木蔵之介、上原陸(幼少)
  • コンチ(今野裕一)(幼少):清水歩輝
  • 万丈目胤舟:石橋蓮司
  • 神様:中村嘉葎雄
  • キリコ(遠藤貴理子):黒木瞳
  • 友民党CMのタレント:藤井隆、山田花子
  • 田村マサオ:ARATA
  • 敷島ミカ:片瀬那奈
  • アルバイト店員のエリカ:池脇千鶴
  • 敷島ゼミの学生:三浦敏和・鈴木崇大(タカアンドトシ)
  • スクーターの若い男:中田敦彦・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
  • 池上正人:藤井フミヤ
  • ノブオ:布川敏和
  • ケンヂの同級生:石橋保、入江雅人
  • ロックバンドのボーカル:及川光博
  • ロックバンド:ナイトメア
  • ピエール一文字:竹中直人
  • 漫画家・角田:森山未來
  • 諸星:津田寛治 コ
  • ンビニの本部教育員:徳井優
  • 市原節子:竹内都子(ピンクの電話)
  • 木戸美津子:洞口依子
  • 血まみれの男:遠藤憲一
  • ヤマさん:光石研
  • ヤン坊・マー坊:佐野史郎、山田清貴(幼少)
  • オリコー商会社長:ベンガル
  • 遠藤チヨ:石井トミコ
  • ジジババのババ:研ナオコ
  • チョーさん:竜雷太
  • 諸星の母:吉行和子
  • チュウさん:田村泰二郎
  • 浜さん:横山あきお
  • へーちゃん:不破万作
  • 自衛隊隊長:小西康久
  • SAT隊長:岩尾万太郎
  • 通販番組タレントの片方:ダンディ坂野
  • コメンテーター:デーブ・スペクター、宮崎哲弥
  • ジジババのジジ(遺影):田中健
  • フジヤマトラベル(声):中村正
  • 渋谷のギャルの1人:木下優樹菜
  • 滝口順平、阿藤快




第2章
  • サダキヨ(佐田清志):ユースケ・サンタマリア
  • 高須:小池栄子
  • 蝶野将平:藤木直人
  • 春波夫:古田新太
  • 小泉響子:木南晴夏
  • マライア:前田健
  • ブリトニー:荒木宏文
  • 仁谷神父:六平直政
  • ホクロの巡査:佐藤二朗
  • 七龍の店主:西村雅彦
  • 斉木刑事:西村和彦
  • 漫画家・金子:手塚とおる
  • 漫画家・氏木:田鍋謙一郎
  • カンナの担任教師:甲本雅裕
  • 東野刑事:田中要次
  • スクリーン映像の男:はなわ
  • 円卓会議のメンバー:設楽統・日村勇紀(バナナマン)
  • ブラハルツ事務総長:Fred McQueen タ
  • イマフィア・チャイポン:Samat Sangsangium
  • 中国マフィア・王:陳昭榮
  • 式典の司会:徳光和夫
  • 歌舞伎町警察署長:石丸謙二郎
  • 山根邸の隣人:佐々木すみ江
  • オデオン座の老人:梅津栄
  • 珍宝楼の店主・珍:小松政夫 リポーター:小倉淳
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ