忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魚が出てきた日魚が出てきた日
監督:マイケル・カコヤニス
出演トム・コートネイキャンディス・バーゲンサム・ワナメーカー/コリン・ブレークリー/Ivan Orilvy/Dimitris Nicolaides/Nicaolas Arexion
内容:1972年。ギリシャのエーゲ海上を飛んでいた軽爆撃機がカロス島付近の海上に墜落した。乗務していた、2人のパイロット(トム・コートネイ、コリン・ブレイクリー)は2個の原爆と金属製の箱をパラシュートで落とした。


予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
「その男ゾルバ」のギリシャ映画会の名匠マイケル・カコヤニスが製作・脚本・監督・衣裳デザインを担当した異色篇。撮影は「その男ゾルバ」のウォルター・ラサリー、音楽も同じく「その男ゾルバ」のミキス・テオドラキスが担当した。出演は「パリのめぐり逢い」のキャンディス・バーゲン、「将軍たちの夜」のトム・コートネイ、「寒い国から帰ったスパイ」のサム・ワナメイカー、「わが命つきるとも」のコリン・ブレイクリーほか...続きを読む

ストーリー
1972年。ギリシャのエーゲ海上を飛んでいた軽爆撃機がカロス島付近の海上に墜落した。乗務していた、2人のパイロット(トム・コートネイ、コリン・ブレイクリー)は2個の原爆と金属製の箱をパラシュートで落とした。爆弾は海中に、箱はカロス島にそれぞれ落下した。パラシュートで海に飛びこんだ2人のパイロットはやっとの思いで島に泳ぎついたが身分や素性など一切を極秘にせねばならず、何とか基地と電話連絡でもと考えたが、金もなかった。2人が相談してる間に金属製の箱は島の山羊飼によって彼の家に運ばれていた。一方、島には、ホテルの開発者に化けた20数名の軍関係者がやって来ており... 1972年。ギリシャのエーゲ海上を飛んでいた軽爆撃機がカロス島付近の海上に墜落した。乗務していた、2人のパイロット(トム・コートネイ、コリン・ブレイクリー)は2個の原爆と金属製の箱をパラシュートで落とした。爆弾は海中に、箱はカロス島にそれぞれ落下した。パラシュートで海に飛びこんだ2人のパイロットはやっとの思いで島に泳ぎついたが身分や素性など一切を極秘にせねばならず、何とか基地と電話連絡でもと考えたが、金もなかった。2人が相談してる間に金属製の箱は島の山羊飼によって彼の家に運ばれていた。一方、島には、ホテルの開発者に化けた20数名の軍関係者がやって来ており、彼らはホテルに恰好の敷地を探すとみせかけ、海中から爆弾を引き上げた。だが、彼らの目的物は高度の放射能物質が入っているらしいと思われる金属製の箱だった。どこかに箱があると確信するリーダー格のエライアイ(サム・ワナメイカー)が、極秘のうちにそれを探し出すため、島の半分を買いとってもいいと言い出したことから、島は一夜にして観光ブームが訪れた。その頃、山羊飼はあらゆる手段をつかって箱をあけようとしたが箱はいっこうにあきそうになかった。また、2人のパイロットは、島をうろつくうちに離れ離れになってしまった。そのうちにホテルの敷地とみせかけた所から遺物が発掘されるということが起こり、エレクトラ(キャンディス・バーゲン)をまじえた考古学者たちも集まってくるという騒ぎとなった。その発掘に必要な金属を切る強力な酸を、山羊飼がエレクトラの留守に盗み出し、箱に穴をあけた。ところが中身は、数個の卵型のカプセルであり、山羊飼はガッカリして海に捨ててしまった。哀れなのは2人のパイロットである。2人は乞食のまねをして島民から金を集めて、ようやく基地との連絡をとるといった有様だった。翌日、あたりの海には、無数の魚の死骸が浮かんでいた...続きを読む

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
【監督】マイケル・カコヤニス
【製作】マイケル・カコヤニス
【脚本】マイケル・カコヤニス
【撮影】ウォルター・ラサリー
【音楽】ミキス・テオドラキス
【衣装(デザイン)】マイケル・カコヤニス
【出演】トム・コートネイキャンディス・バーゲンサム・ワナメーカー/コリン・ブレークリー/Ivan Orilvy/Dimitris Nicolaides/Nicaolas Arexion

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブラックコメディ

1967年の映画ですが、当時としてはかなり先鋭的でショッキングな内容だったのではないでしょうか。タイトルの意味するところは、ホントにゾォ〜とする。現代にそのまま通用してしまいそうなストーリーは製作者たちの先見性というか、世の中がまったく変わっていないということなのかもしれません。ハリウッドもノスタルジーに浸るような昔のTVドラマばかりじゃなくこういった映画もリメイクして欲しい。現代の視点で見ると、きっと面白いと思う。ストーリーはというと・・・。ギリシャの小島の沖に核物質(?)を積んだと思われる軍用機が墜落。米国軍(?)が、観光ホテル建設の調査団に扮して極秘に核物質の行方を捜査する。それまで岩とヤギしかなく忘れられた存在だった島の住人たちはここぞとばかりに観光アピールを始め、極秘捜査だったはずが観光客たちが押し寄せる事態になってしまう。脱出した軍用機の操縦士は極秘任務を明かせないため、村人を避けてブリーフ一丁で岩山を右往左往。捜査の途中で、ギリシャの遺跡も発掘されて考古学者たちも押し寄せて、てんやわんやの大騒ぎ。扱っているテーマは、重く強烈ですが肩の凝らないブラックコメディです。米国の考古学者の助手としてキャンディス・バーゲンが後半30分くらい出演しています。やっぱり彼女の登場で映画がぐんと華やぎます。60年代のぶっ飛んだ衣装とメイクが印象的。映画のオープニングタイトルも、いかにも60年代風でカッコイイ!

ギリシャ・エーゲ海の小島に核兵器が落下した

墜落した飛行機のパイロット、危険な核物質を捜索する軍関係者のグループ、厳重に梱包された核物質を手に入れたヤギ
飼いの男、アートを模索する女、流行のジェットダンスに酔いしれる群集…。話はバラバラに展開しますが、徐々に絡み
合い、やがて魚が海面に出てくる。ここから映画は一挙にパニックを浮き上がらせてきます。サイケデリック・アートが
流行りだした頃の映像やファッションも見もの。1967年の作品でありながら現代に通じるものを感じさせます。特に福島
原子力発電所からの放射線をめぐる騒ぎとこの映画を関連付けるのは不謹慎でしょうか。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ