忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペルシャ猫を誰も知らないペルシャ猫を誰も知らない
監督・脚本バフマン・ゴバディ
出演ネガル・シャガギアシュカン・クーシャンネジャードハメッド・ベーダード
内容:イランの首都テヘラン。インディー・ロックのバンドをしているネガルとそのボーイフレンドのアシュカ。2人は、ロンドンで演奏するのが夢だ。そのためにパスポートやビザが必要な2人は、便利屋のナデルを紹介される。ナデルは2人のCDを聴いて、彼らに協力する事を約束、偽造パスポートの元締めのところへ案内する。その一方、2人は資金集めのコンサートを開くため、バンドメンバーを捜しにテヘランのミュージックシーンを巡っていく。

予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
イランを舞台に、当局に隠れて音楽活動を続ける若者たちの姿を描く。実在の人物に基づき、「亀も空を飛ぶ」のバフマン・ゴバディ監督が当局に無許可でゲリラ撮影を敢行。イラン・アンダーグラウンド音楽シーンの豊かさに驚かされる。2009年カンヌ国際映画祭ある視点部門特別賞、東京フィルメックス審査員特別賞受賞...続きを読む

ストーリー
テヘランで音楽活動をするネガル(ネガル・シャガギ)とアシュカン(アシュカン・クーシャンネジャード)はインディー・ロックを愛するカップルだが、テヘランでは演奏許可が下りない。そこで2人はロンドンで公演することを目指すが、無許可演奏を理由に逮捕されていたアシュカンは釈放されたばかりで、バンドのメンバーもばらばらになってしまった。2人は違法にパスポートやビザを取得しようと、エンジニアのババクに相談する。ババクは2人に、便利屋ナデル(ハメッド・ベーダード)を紹介する。2人が無許可で作ったCDを聴いたナデルは彼らの才能に驚き、出国前にCDの製作許可もコンサートの許... テヘランで音楽活動をするネガル(ネガル・シャガギ)とアシュカン(アシュカン・クーシャンネジャード)はインディー・ロックを愛するカップルだが、テヘランでは演奏許可が下りない。そこで2人はロンドンで公演することを目指すが、無許可演奏を理由に逮捕されていたアシュカンは釈放されたばかりで、バンドのメンバーもばらばらになってしまった。2人は違法にパスポートやビザを取得しようと、エンジニアのババクに相談する。ババクは2人に、便利屋ナデル(ハメッド・ベーダード)を紹介する。2人が無許可で作ったCDを聴いたナデルは彼らの才能に驚き、出国前にCDの製作許可もコンサートの許可も取りつけると言う。そのためにバンドのメンバーを探し始めた彼らは、有名な歌手のラナ・ファルハン、牛小屋で練習するヘヴィメタル・バンド、3度の逮捕歴がある友人のバンド、ババクが率いるブルース・バンド、渡航経験のあるフュージョン・バンド、ラッパーのヒッチキャスなどを訪ねていく。しかし演奏許可が下りるとは信じていないネガルは、偽造パスポートが入手できるかを心配している。2人はナデルに頼み、偽造を一手に引き受ける老人ダウッドの元へ行く。それだけでなく、ロンドンで演奏する曲作りもはかどっていなかった。ナデルは2人を安心させるため、コンサートさえ開けば金は工面できると言う...続きを読む

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
【監督・脚本】バフマン・ゴバディ
【脚本】ロクサナ・サベリ/ホセイン・アブケナー
【撮影】トゥラジ・アスラニー
【編集】ハイェデー・サフィヤリ
【公式サイト】ペルシャ猫を誰も知らない
【出演】ネガル・シャガギ/アシュカン・クーシャンネジャード/ハメッド・ベーダード/ハメッド・セイエド・ジャヴァーディ/アーブラング/ラナ・ファルハン/ニカイン/ザ・イエロー・ドッグス/ザ・フリー・キーズ/シェルヴィン・ナジャフィヤーン/ミルザー/ワーダット/ダールクーブ/ヒッチキャス

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

婚約者

この映画がカンヌ国際映画祭で大きな話題になった理由のひとつ。それは、ジェネラル・プロデューサーと共同脚本のクレジットに「ロクサナ・サベリ」の名前があったことだった。彼女は、2009年2月にイランでスパイ罪に問われ3カ月半拘束された後、釈放されたアメリカのジャーナリストで、日系米国人とイラン系米国人の家族の出身。拘束された時にはイランとアメリカの国際問題に発展し、大きなニュースとなった。バフマン・ゴバディはインタビューの中で彼女を「婚約者」と紹介し、本作が彼女のアドバイスから始まったことを話している。

ゲリラ

音楽と同様に、映画製作の場合も、指導省に脚本を提出して撮影許可を得て、製作が可能になると当局に帰属する35ミリカメラを使用する事ができる。本作の前のプロジェクトで、撮影許可が下りず断念したゴバディ監督は、今回は自身で購入した、小さく軽く起動力のあるSI-2Kカメラを用いて、無許可で撮影。ゲリラ撮影だからこそ、今までどの監督も描くことのできなかった、テヘランの姿をみることができる。

文化指導省

イランでコンサートを行ったり、CDを出したりするには、「イスラム文化指導省」という省庁の許可が必要。最近は許可される音楽ジャンルの幅は広がったが、歌詞が厳しく審査される傾向にある。

ネット時代

今はネット時代。音楽に国境はない。ペルシャ語のヘヴィメタルもあれば、ペルシャ語のラップもある。若者たちの好きな音楽は日本と変わらない。ただ無許可の音楽は、逮捕される危険があると言うだけだ。

西洋文化が規制

イランでは1979年にイスラム革命が成立すると、西洋文化が規制されるようになった。時代によって緩和されたこともあったが、近年は再び「イスラム的ではない」文化への規制は厳しい。基本的にハリウッド映画は映画館では上映されていない。

テヘランの映像

これまで日本で公開されたイラン映画でテヘランを描いた主なものには、次のような作品がある。これらの映画を見れば、本作のテヘランの映像がいかに新鮮であるかがさらに実感できる。

サントゥール奏者(2007/ダリウシュ・メールジュイ監督)
少女の髪どめ(2001/マジッド・マジディ監督)
テヘラン悪ガキ日記(1998/カマル・タブリーズィー監督)
運動靴と赤い金魚(1997/マジッド・マジディ監督)
パンと植木鉢(1996/モフセン・マフマルバフ監督)

その他、アボルファズル・ジャリリ監督の『7本のキャンドル』(1994)『かさぶた』(987)、アッバス・キアロスタミ監督の『クローズ・アップ』(1990)もテヘランが舞台。街はほとんど映らないが、ジャファル・パナヒ監督の『オフサイド・ガールズ』(ほとんどスタジアム)、キアロスタミ監督の『10話』(ほとんど車)もテヘランだ。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ