忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW
北朝鮮特需部隊出身で韓国に脱北したヒョクとヨンチュン。 ふたりは釜山に根拠地を置く銃器密売組織の一員となって新しい取り引きをするためにタイへ向かう。タイでの初めての取り引きを無事に終えたヒョクはタイ組織の...

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
香港ノワールの傑作「男たちの挽歌」を監督のジョン・ウーが製作総指揮を執り、韓国でリメイク。監督は「力道山」のソン・ヘソン。出演は、「ゴースト もういちど抱きしめたい」のソン・スンホン、「カンナさん大成功です!」のチュ・ジンモ、「連理の枝」のチョ・ハンソン、「シルミド/SILMIDO」のキム・ガンウ...続きを読む

ストーリー
数年前、仲の良い兄弟が北朝鮮から脱出を試み、生き別れになる。その後、兄ヒョク(チュ・ジンモ)は脱北に成功し、コリアン・マフィアの世界に入る。現在は、北朝鮮出身の元特殊部隊員ヨンチュン(ソン・スンホン)とともに、釜山を拠点とする武器密輸組織の大物になっていた。父親のようにヒョクの世話をしているパク警部(イ・ギョンヨン)が、生き別れた弟チョル(キム・ガンウ)が見つかったと連絡してくる。チョルは収容所で母を失った後、脱北し、タイ、ミャンマー、モンゴルを経て韓国に入国した。チョルは、家族を裏切ったヒョクを憎んでいた。そんな弟の姿を見たヒョクは、組織を離れる決意を... 数年前、仲の良い兄弟が北朝鮮から脱出を試み、生き別れになる。その後、兄ヒョク(チュ・ジンモ)は脱北に成功し、コリアン・マフィアの世界に入る。現在は、北朝鮮出身の元特殊部隊員ヨンチュン(ソン・スンホン)とともに、釜山を拠点とする武器密輸組織の大物になっていた。父親のようにヒョクの世話をしているパク警部(イ・ギョンヨン)が、生き別れた弟チョル(キム・ガンウ)が見つかったと連絡してくる。チョルは収容所で母を失った後、脱北し、タイ、ミャンマー、モンゴルを経て韓国に入国した。チョルは、家族を裏切ったヒョクを憎んでいた。そんな弟の姿を見たヒョクは、組織を離れる決意をする。ヒョクの最後の仕事は、タイでの大規模な取引となった。組織のボスであるチョン社長(キム・ヘゴン)は、気弱な性格の甥テミン(チョ・ハンソン)を同行させるよう頼んでくる。しかしヒョクに嫉妬心を抱いていたテミンの策略で取引は失敗し、ヒョクだけが地元警察に逮捕される。ヒョクの逮捕を知ったヨンチュンはタイ・マフィア相手に敵討ちを行うが、右脚に重傷を負い、テミンにより組織を追われる。3年後、組織はロシアン・マフィアとの取引で勢力を拡大していた。今や組織を支えるテミンは冷酷無比な性格を露わにし、チョン社長さえ逆らえなくなっていた。一方、兄を自分の手で逮捕するため、韓国警察所属の刑事となっていたチョルは、1年間テミンの動きを見張っていた。タイの刑務所を出所したヒョクは釜山に戻り、ヨンチュンと再会する。ヨンチュンは右脚を引きずり、組織が経営する駐車場の洗車係という変わり果てた姿になっていた。ヨンチュンは、テミンとロシアン・マフィアの取引現場を襲う計画を持ちかける。テミンの捜査から外されたチョルは、単独捜査を始める。テミンへの復讐を誓うヨンチュン、弟との絆を取り戻したいヒョク、自らの野望の行く手を阻む2人の命を狙うテミン。男たちそれぞれの想いは、壮絶なクライマックスへと向かっていく...続きを読む

【公開日】 2011年2月19日
【製作年】 2010年
【製作国】 韓国
【映倫情報】 PG12
【上映時間】 123分
【配給】 東映
【監督】 ソン・ヘソン
【製作総指揮】 ジョン・ウー
【出演】 チュ・ジンモ ソン・スンホン キム・ガンウ チョ・ハンソン

Amazonオンラインストア

ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

[映画『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』を観た]

☆ジョン・ウー監督の出世作『男たちの挽歌』の韓国版リメイク作である。  どうかなぁ・・・。  いまいち乗り込めなかった自分がいます。  そもそも、オリジナル版も、展開自体はベタだったのだが、ジョン・ウーの美学である独特の撮り方によって、観る者の心情に深...

【映画】男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW

<男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW を観て来ました> 原題:A BETTER TOMORROW 製作:2010年韓国 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ もともと、「レッド・クリフ」などで知られるジョン・ウー監督が1986年に監督した「男たちの挽歌」のリメイクです。 ジョン・ウーは製作総指揮を、今作品の監督は「私たちの幸せな時間」のソン・ヘソンがメガホンを取ります。 キーワードはずばり、「兄弟愛」と「忠誠心」です! 題名からして男くさ~い映画だろうと思っていて、いつもの通り、...

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/무적자

1986年にジョン・ウー監督が世に送り出した傑作ノワールアクション『男たちの挽歌』を韓流映画としてセルフリメイク。長い間生き別れになっていた脱北者兄弟を中心に、友情・裏切りが交錯する男の世界を描く。主演は『霜花店 運命、その愛』のチュ・ジンモと『ゴースト もういちど抱きしめたい』のソン・スンホン、監督を『力道山』のソン・ヘソンが務める。

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW/チュ・ジンモ、ソン・スンホン

ジョン・ウー監督の『男たちの挽歌 』といえば香港ノワールを代表する傑作ですよね。なんとそれがジョン・ウーによる製作総指揮で韓国でリメイクされてしまいました。ストーリーの ...

男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW

無敵者 OST香港ノワールの傑作を蘇らせたこの作品は、韓国映画らしい脱北問題をからませたのはいいが、生き別れの兄弟のパートがクドくていけない。北朝鮮から韓国に脱北したヒョク ...

映画「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」さすがの韓国映画らしいラスト

「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」★★★★ チュ・ジンモ、ソン・スンホン、キム・ガンウ、チョ・ハンソン出演 ソン・ヘソン監督、123分、2011年2月19日公開 2010,韓国,東映 (原作:原題:男たちの挽歌)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「元ネタの香港映画の存在は知ってるが未見、 チョウ・ユンファやレスリー・チャンの 代表作ということも知っている、 だ...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ