忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ
監督ケン・クワピス
出演アンバー・タンブリンアメリカ・フェレーラブレイク・ライブリーアレクシス・ブレーデル
内容:固い友情で結ばれた4人の女の子たちは、16歳の夏を生まれて初めてバラバラに過ごすことに。内気なリーナは祖父母の住むギリシャへ、情熱的なカルメンは離婚した父親のもとへ、母を亡くしても天真爛漫なブリジットはメキシコのサッカー・キャンプへ、シニカルなティビーは地元でバイトをしながらドキュメンタリー映画を制作する予定。それぞれの出発の前日、4人は体型の違う全員になぜかぴったり合う不思議なジーンズを見つける。この一本のジーンズを一週間ずつ順番ではく約束を交わし、4人はそれぞれの夏に旅立っていく。


予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
世界30ヶ国以上で翻訳されたベストセラーのヤングアダルト小説『トラベリング・パンツ』を映画化。仲良し4人組の少女が初めて夏休みをバラバラに過ごし、それぞれに経験する出来事を爽やかに描く青春ドラマ。監督は「ヒー・セッド、シー・セッド/彼の言い分、彼女の言い分」のケン・クワピス...続きを読む

ストーリー
母親たちがマタニティ教室で知り合い、以来、ずっと一緒に同じ気持ちを分かち合ってきた4人。自由奔放なブリジット(ブレイク・ライブリー)、内気なリーナ(アレクシス・ブルーデル)、皮肉屋のティビー(アンバー・タンブリン)、情熱的なカルメン(アメリカ・フェレーラ)。性格はまったくバラバラでも、お互いに誰よりも分かり合っている大切な存在。つらい時も4人でいたから乗り越えてくることができた。カルメンの父親が家を出ていった時も、10歳以上も年の離れた弟の誕生にティビーが憤慨した時も、そして、ブリジットの母親が自ら命を絶った時も…。他人には心を閉ざしてしまうリーナも、彼... 母親たちがマタニティ教室で知り合い、以来、ずっと一緒に同じ気持ちを分かち合ってきた4人。自由奔放なブリジット(ブレイク・ライブリー)、内気なリーナ(アレクシス・ブルーデル)、皮肉屋のティビー(アンバー・タンブリン)、情熱的なカルメン(アメリカ・フェレーラ)。性格はまったくバラバラでも、お互いに誰よりも分かり合っている大切な存在。つらい時も4人でいたから乗り越えてくることができた。カルメンの父親が家を出ていった時も、10歳以上も年の離れた弟の誕生にティビーが憤慨した時も、そして、ブリジットの母親が自ら命を絶った時も…。他人には心を閉ざしてしまうリーナも、彼女たちと一緒なら自分らしくいられる。そんな4人が初めて別々に過ごすことになった16歳の夏。リーナは祖父母の住むギリシャへ。カルメンは別れて暮らす父親のもとへ。ブリジットはメキシコでのサッカー・キャンプに参加。ただ一人、夏休みの計画がないティビーは、地元のスーパーでバイトをしながら、人生の惨めさを綴ったドキュメンタリー映画(ミジメンタリー)を製作することに。それぞれの夏休みに向けて出発する前日、4人が古着屋で見つけた一本のジーンズ。それは、性格も違えば体型も違う四人全員にぴったり合う不思議なジーンズだった。このジーンズはきっと幸運をもたらしてくれるはず。離れ離れの夏の間、彼女たちは4人で一本のジーンズを順番にはくことに決め、それぞれの夏へと旅立った。ギリシャ・サントリーニ島から、ジーンズとともに届いたのは、ギリシャ語がうまく話せずますます内気になるリーナからのあまり芳しくない近況。ジーンズのせいで溺れかけ、通りかかった青年の船に助けられたものの、ひどく居心地の悪い思いをしたリーナ。地元に残ったティビーのもとへジーンズを届けたのは、近所に住む見知らぬ女の子。ただでさえ、スーパーの店長に文句を言われながら品出しをする惨めな日々に加え、いつの間にかドキュメンタリー映画の助手に収まってしまった、この小生意気な女の子が、ティビーの神経を逆なでする。カルメンへ送られたジーンズは、父親の新居へ転送された。父と二人で過ごす夏を、心の底から楽しみにしていたカルメンが知らされたのは、父の再婚。すでに新しい家で、新しい家族と暮らし始めていた父は、カルメンの期待を粉々に打ち砕いた。メキシコでは、ブリジットがジーンズの到着を待ち受けていた。いつも自信に溢れ、自分の決めた道を突き進むブリジットは、サッカー・キャンプでもコーチとの恋を手に入れた。そして、ジーンズは再びギリシャへ。旅するジーンズが見届けるのは、リーナに訪れる苦悩、ティビーが受け止めなければならない悲しみ、カルメンの怒り、そしてブリジットの心の闇。彼女たちの夏はまだ始まったばかりだった...続きを読む

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
【監督】ケン・クワピス
【脚本】ディーリア・エフロン/エリザベス・チャンドラー
【製作総指揮】レスリー・モーゲンスタイン/アリソン・グリーンスパン/キアラ・デイビス
【共同製作】クリスティーン・サカーニ/スティーブン・P・ウェグナー/メリッサ・ウィッチマン
【撮影】ジョン・ベイリー
【編集】キャスリン・ヒモフ
【作曲】クリフ・アイデルマン
【原作】アン・ブラッシェアーズ
【公式サイト】旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ
【出演】アンバー・タンブリンアメリカ・フェレーラブレイク・ライブリーアレクシス・ブレーデルブラッドリー・ウィットフォードナンシー・トラヴィスレイチェル・ティコティン/ジェンナ・ボイド

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ベストセラーを映画化した青春物語

一見、お気軽な16歳の女の子たち。軽快な青春群像映画の流れは、しだいに4人がそれぞれの出会いのなかで、人との関係を想い、心に秘めていたトラウマや感情の揺れ動きを描いてゆきます。結構、ジーンとさせるシーンが随所にあって、それぞれが内に秘めた悩みを抱えている。そして、その想いをはき出させるのが、「心はひとつ」と誓いあった4人の友情だ。

もちろんジーンズは4人の友情のメタファーになっています。魔法は信じる人がいれば、どんなものにも宿る。彼女たちの閉ざされていた「心」が解放されたこと、それが魔法の結果。それぞれに新しい出会いを経験し、自分でも気づいていなかったもうひとりの自分を発見する。それは、人それぞれ違うけれど、いつまでも小さな世界に閉じこもっていては見えてこないこと。4人はジーンズにほんのちょっとの勇気を貰い、そこから鮮やかに飛び出していくのだ。

ひとつひとつのエピソードにリアリティがあるから感動させられる。もちろん、わかりやすいキャラ分けはあるが、大人への階段に立つ少女たちが抱える怒りや不安、悦びやときめきが丁寧に描かれているというのもいい。夢や希望に満ち溢れた若い命が前に向かっていく様というのは、観ていて本当に気持ちが良い。

あと、ギリシャの港町がすっごく綺麗なのが、特に印象的でした

一本の不思議なジーンズがつなぐ青春感動ドラマ

私はDVDをまずレンタルして見たのですが初めて大泣きしてしまいました。
DVDは廉価版しかいつも買わないのですが、
どうしても欲しくて買ってしまいました!
この映画には女の子ならいっぱい共感する部分があると思います。
私の一番お気に入りの話はTibbyの話!
ぜひこの作品を見ようと思う人はTibbyの話を注目して欲しいなと私は思います。
このDVDを買ってもう一度見たのですが、やっぱりまた考えさせられるものがありました!
本当に買ってよかったって心から思います!

幸運のジーンズ

この映画、恵比寿ガーデンプレイスを散歩していて宣伝ポスターがカッ
コ良いし、時間もあるしでフラ〜っと劇場に入ってみた。
最終日の最終回だったようで、しかもこのような良質な作品に出会える
とは私自身のその日の運の良さに感謝した。

おそらくティビーのエピソード(ドキュメンタリー撮影の話)が一番涙
を誘うだろうと思う。実際泣ける。
しかし、私が一番心に響いたのはカルメンのエピソード(再婚した父に
会いにいく話)である。本当に素直な子供心が表現されている。

このような低予算の部類に入る映画、しかも殆どの登場人物が無名であ
るにも拘らず、しっかり観客を魅了するところにハリウッドの底力をみ
る思いだ。ギリシャ(サントリーニか?)のシーンなんかは完全に私達
日本人にとっての非日常をしっかり提供してくれる。
折角 日常から逃れて作品にふれるのだから、エンターテイメントと謳
うジャンルのものは本作の様にあってほしいと願うばかりである。

この幸運のジーンズを1週間ずつ順番に着回すことに決める。

数年前にテレビで放送したのをたまたま観て感動。どうして録画しなかったんだろうと後悔しました。ぜひとももう一度観たいと思い購入。これを観た娘がどうしても原作を読んでみたいと言って本も購入。4冊ある原作も面白く、半徹しながら一気に読んでしまいました。映画では脇の登場人物に少々変更があるものの原作の味わいは変わらないので本を読んでからでも映画を観てからでもどちらも楽しめる出来になっているとおもいます。4人の少女が夏をそれぞれに過ごすのに誰が履いてもぴったり素敵に似合ってしまう魔法のような古着のジーンズが順番に送られてそれぞれの少女の心理に影響すると言う話です。この映画は15歳の夏の出来事ですが、原作が一冊に着き1年で4年に渡って描かれていると知った上で観ると是非続編が観たいと思うこと間違いなしです。ちなみに4年後の 19歳編が映画でパート2として出ています。こちらは未見ですが絶対面白いと思います。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ