忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プルーフ・オブ・マイ・ライフプルーフ・オブ・マイ・ライフ
監督ジョン・マッデン
出演グウィネス・パルトロウアンソニー・ホプキンスジェイク・ギレンホールホープ・デイヴィス
内容:天才数学者の父が死に、彼を5年間看病し続けたキャサリンは、生きる気力を失っていた。葬儀のためにニューヨークから姉のクレアがやってくるが、折り合いの悪い関係に、キャサリンは苛立つばかり。そんなキャサリンを優しく包み込んだのは、父の教え子で、キャサリンに思いを寄せているハルだった。ふたりが恋に落ちた日の翌朝、キャサリンは、ハルにデスクの鍵を差し出す。そこから出てきたのは、世紀の発見となる数式の証明だった。


予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
天才数学者だった亡き父が残した世紀の証明をめぐり、傷ついたひとりの女性の再生を描くヒューマン・ドラマ。デイヴィッド・オーバーンのピューリッツアー賞舞台劇の映画化。出演は「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」のグウィネス・パルトロウ、「アレキサンダー」のアンソニー・ホプキンス、「デイ・アフター・トゥモロー」のジェイク・ギレンホール。監督は「コレリ大尉のマンドリン」のジョン・マッデン...続きを読む

ストーリー
27歳の誕生日を迎えた美貌の天才数学者、キャサリン(グウィネス・パルトロウ)は生きる気力を失っていた。シカゴ大学で教鞭を取り、天才数学者と讃えられた父ロバート(アンソニー・ホプキンス)が一週間前に亡くなったのだ。精神のバランスを崩した父を一人で看病していたキャサリンにとって、父は師であり、人生の羅針盤であった。そんなキャサリンのもとに、父の教え子だったハル(ジェイク・ギレンホール)がやって来る。彼はキャサリンにほのかな想いを寄せていた。やがて父の葬儀に出席するために、キャサリンの姉クレア(ホープ・デイヴィス)がニューヨークからやって来る。通貨アナリストと... 27歳の誕生日を迎えた美貌の天才数学者、キャサリン(グウィネス・パルトロウ)は生きる気力を失っていた。シカゴ大学で教鞭を取り、天才数学者と讃えられた父ロバート(アンソニー・ホプキンス)が一週間前に亡くなったのだ。精神のバランスを崩した父を一人で看病していたキャサリンにとって、父は師であり、人生の羅針盤であった。そんなキャサリンのもとに、父の教え子だったハル(ジェイク・ギレンホール)がやって来る。彼はキャサリンにほのかな想いを寄せていた。やがて父の葬儀に出席するために、キャサリンの姉クレア(ホープ・デイヴィス)がニューヨークからやって来る。通貨アナリストとして第一線で働くクレアは、父と妹の絆を自分には関係ないものとして避けていた。葬儀が終わったあと、周囲の無神経な態度にますます傷ついていくキャサリン。そんな彼女を、ハルだけが優しく見守ってくれた。その夜、二人は恋に落ちる。翌朝、久しぶりに喜びの気分に満たされたキャサリンは、ハルに一本の鍵を差し出す。それはロバートの書斎のデスクの鍵だった。そしてハルは、デスクから一冊のノートを見つける。そこには、どんな数学者も成し遂げられなかった定理の証明が記されていた。興奮するハル。だがキャサリンは、その論証を書いたのは父ではなく自分だと主張するのだった...続きを読む

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
【監督】ジョン・マッデン
【原作】デイヴィット・オーバーン
【脚本】デイヴィット・オーバーン
【共同脚本】レベッカ・ミラー
【製作】ジョン・ハート/ジェフ・シャープ/アリソン・オーウェン/ロバート・ケッセル
【共同製作】マーク・クーパー
【撮影】アルウィン・カックラー
【編集】ミック・オーズリー
【美術】アリス・ノーミントン
【音楽】ステファン・ワーベック
【衣裳】ジル・テイラー
【公式サイト】プルーフ・オブ・マイ・ライフ
【出演】グウィネス・パルトロウアンソニー・ホプキンスジェイク・ギレンホールホープ・デイヴィス/ゲイリー・ハウストン

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

恋におちたシェイクスピア

原題は「proof」
方程式の証明。そして自分自身が正常かどうかの証明。
天才数学者の父を持ち、その才能を受け継いでいながら
父が持つ精神疾患も受け継いでいることに思い悩む主人公。

すごく良かった。少なくとも今の自分にとっては。
テーマがどうであれ、主人公の最後の台詞にあるように、
「振り出しに戻って一つずつ一つずつやっていこう。きっと良くなるはず」
ここにこの映画の全てがあるように思う。
僕はこの作品を観て、とても勇気づけられた。
自分のことを「狂っているんじゃないか?」と少しでも疑っている人がいたら、
是非観てほしい。助けられます。

天才数学者の父親

グウイネスの演技が光ります。27歳の役、精神的に追い込まれる役。深く心に伝わってきます。実生活では母親なのに、微塵も感じさせない。美しい!・・・・精神を蝕まれた偉大な数学者である父の影、自分の狭い視野の中でしか物事を判断しようとしない姉、そして、心を許し始めた若き数学者からの不信。人間が、自分以外の人間に理解を求めることは、とても難しいし、狭い判断の中で理解したと思うこともまた、’罪’なのだと考えさせられました。いわゆる、大作ではありませんが、心にしみる作品です。

世紀の数学証明の謎を解く

必要以上に不安定な主人公を演じるグィネス・パルトロウ、ちょっと痛々しいけど適役。ロケットボーイことジェイク・ギレンホールも能天気な数学科の研究者にぴったり(先日はゲイのカウボーイになりすましていたけど、どっちもいけますね)しかし、しかし、それ以上に完全に壊れた頭脳を維持しつつ、天才数学者としての威厳を失わない父の役のアンソニー・ホプキンスの演技がすごいです。

あらゆることを美しき素数で表現しようとするところ、ちょっと外国版「博士の愛した数式」?それにしても、クライマックスのかつての天才数学者の最後の数学的証明を娘のキャサリンが声に出して読むくだりは感動的です…胸つまりました。

認知症にもいろいろあって一概にはいえないとも思うのですが、自分の父のときと思いがかさなります。父の場合も、論理的に考えるシステム、それを筋立てて人に解説する能力は、まったく衰えず(つまりハード部分はまったく正常運転)で、ソフトが完全にぶっ壊れていました。ものすごく論理的にクレイジーな発言をするので、耳を傾けないわけにもいかず、それは「話」としてはすごくつじつまがあっているので、うなずけるわけですが、話はすべて作り話でした。ほんとうに、その時切なく感じましたし、この映画の中のお葬式の場面で娘が言う「父は死んで幸せでした」というのがあながち暴言とも思えないのでした。私は遠くであれこれ言うだけなので、近くで最後までマンツーマンで介護していた母は特にそういう気持ちではなかったか?と思います。なくなったときに「かつての父」の友人たち・教え子たちは、惜しんでくれる。しかし、消された期間の父も誰かと必死で生きていたのだ!と証明したいような気になるものではないかと今となっては思います。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ