忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パンドラの匣生誕100年を迎えて相次ぐ映像化に湧く太宰治の小説群。『パビリオン山椒魚』で長編デビューを飾り、独自の作風を見せつけた冨永昌敬監督が選んだのは、あらゆる不幸が世界に蔓延しても、たったひとつの小さな希望の石ころが残るというギリシャ神話に言及し、絶望的な状況にあっても希望を抱いて生きようとする主人公の手紙で綴られた珍しくポジティブな青春ものだ。主演には16歳の染谷将太、竹さんを芥川賞作家の川上未映子、金歯がかわいいマア坊に仲里依紗など絶妙な配役に加え、『パビリオン山椒魚』に続いて音楽を菊地成孔が担い、さらに全編アフレコを敢行するなどユニークかつユーモア溢れる文芸映画に仕上がった。

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
太平洋戦争中、利助(染谷将太)は、身体が弱い自分を余計者だと思い込み、母親(洞口依子)の心配をよそに、畑仕事に精を出していた。1945年8月15 日正午、玉音放送を聴いた利助は“新しい男”に生まれ変わったと感じるが、その後、喀血、山の中にある結核療養所〈健康道場〉へ入る。そこでの治療法は屈伸鍛錬や、塾生(患者)の背中を助手(看護婦)がブラシで擦る日課など独特の慣習があり、助手から「がんばれよ」と声をかけられたら、「よしきた」と答えるのが決まりであった。塾生も助手も互いにアダ名で呼び合い、利助もすぐに“ひばり”と名付けられる。詩人のつくし(窪塚洋介)の結核が完治し、晴れて退場、入れ替わるように新しい組長(看護婦長)として竹さん(川上未映子)がやってくる。以後、ひばりは、つくしを恋しがる助手のマア坊(仲里依紗)のことや、竹さんのことなど、日々の思いをつくし宛に手紙で伝えるようになっていった。具合が悪かった鳴沢さんが亡くなり、場長(ミッキー・カーチス)は講話放送で、人間を永遠に不幸に悶えさせることになった「パンドラの匣」に触れ、「諸君はひそかに『希望』という文字が書かれた石を探すべく鍛錬に励んでいる」と伝える。ひばりのいる桜の間に大学生の固パン(ふかわりょう)がやってきた。助手相手に英会話を披露する固パンにカチンときたかっぽれ(杉山彦々)は口ゲンカを始めるが、最年長の越後獅子(小田豊)が仲裁に入る。ひばりの手紙から竹さんに興味を持ったつくしが遊びに来ると、彼は竹さんをすごい美人だと評し、越後獅子の正体が「オルレアンの少女」を書いた詩人・大月花宵だと明かす。そんな中、久しぶりに、ひばりの母親が差し入れを持って訪ねて来た。別れ際、ひばりは母親の口から竹さんの縁談を知る。ひばりは初めて自分の気持ちに正直になり、竹さんに一目会ったときから恋をしていたことに気付くのであった。

スタッフ
  • 監督・脚本・編集: 冨永昌敬
  • 原作: 太宰治
  • 音楽: 菊地成孔

キャスト
  • 染谷将太
  • 川上未映子
  • 仲里依紗
  • 窪塚洋介
  • ふかわりょう
  • 小田豊
  • 杉山彦々
  • KIKI
  • 洞口依子

関連リンク
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

パンドラの匣

生誕100年を迎えて相次ぐ映像化に湧く太宰治の小説群。『パビリオン山椒魚』で長編デビューを飾り、独自の作風を見せつけた冨永昌敬監督が選んだのは、あらゆる不幸が世界に蔓延しても、たったひとつの小さな希望の石ころが残るというギリシャ神話に言及し、絶望的な状況にあっても希望を抱いて生きようとする主人公の手紙で綴られた珍しくポジティブな青春ものだ。主演には16歳の染谷将太、竹さんを芥川賞作家の川上未映子、金歯がかわいいマア坊に仲里依紗など絶妙な配役に加え、『パビリオン山椒魚』に続いて音楽を菊地成孔が担い、さ...

パンドラの匣

公式サイト。太宰治原作、冨永昌敬監督、染谷将太、川上未映子、仲里依紗、窪塚洋介、ふかわりょう、小田豊、杉山彦々、KIKI、洞口依子、ミッキー・カーチス。終戦直後、世の中の大変動から隔離された結核療養施設は終戦後も一貫して不思議な戦中的平和が保たれていた。

パンドラの匣

太宰治の生誕100周年で公開される作品群の1つ。同じ太宰原作の『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』と同日公開。主演は『フレフレ少女』の染谷将太。共演に『乳と卵』で芥川賞を受賞した作家の川上未映子が出演して話題を呼んでいる。他に仲里依紗、窪塚洋介といった全体としては若い俳優が多く出演。監督・脚本は『パビリオン山椒魚』の冨永昌敬。

パンドラの匣

2009年、太宰治(1909~1948)は生誕100年。とはいえ、今なお新しい読者を獲得し続けている“現役”の小説家である。今回、特筆すべきは、同録の時代に、昭和の文芸映画よろしくオール・ア...

「パンドラの匣」

                             「パンドラの匣」 「ヴィヨンの妻・・」に続き、太宰治原作であります。 監督・脚本は「パビリオン山椒魚」の冨永昌敬。 主人公ひばり役には、染谷将太が抜擢されました・・! そしてもう一人の主人公、竹さんには、芥川賞作家の川上未映子がキャスティングされました・・・びっくり・・・。 この映画の舞台となる結核療養所「健康道場」の元気でキュートな看護婦、マア坊役には、仲里依紗! 病気が完治して、家に戻るが、ひばりと頻繁に手紙をやりとりして、竹さんに...

パンドラの匣

 「パンドラの匣」をテアトル新宿で見ました。  この映画は、制作した富永昌敬監督の前作「パビリオン山椒魚」にイマイチ乗り切れなかったこともあって(注1)、太宰治の小説が原作ですから気にはなりながらも(「ヴィヨンの妻」は見ました)、パスしようかと考えていたところ、他の映画館に出向いたら思いがけず満席状態と告げられ、急遽河岸を変えて、マア時間つぶしだからかまわないかと思って見たものです。  ところが、あまり期待せずに入って見た映画が、予期に反して良かったという経験を、この間の「悪夢のエレベーター」に引き続...

映画『パンドラの匣

太宰治原作の映画化。 当時の青春ってこんな感じなのかなぁ? 自分にはちょっと合わなかったです。 結核ってこういう風に治療したんですね...

「パンドラの匣」気がつけば、新しい男に生まれ変わったのだ

「パンドラの匣 」★★★ 染谷将太、川上未映子、仲里依紗、窪塚洋介主演 冨永昌敬監督、94分 、公開日:2009-11-28(名古屋公開)、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「戦争を生き残ってしまった日本人は、 どこかで後ろめたいような それでいてお天道様に向かって笑ってしまうような 『どうだ、まだオレは生きてるぞ』と、 だったらオレは新しい...

『パンドラの匣』

パンドラの匣 終戦直後、結核療養の為に入所した 健康道場での出来事を描く。 【個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:太宰治

『パンドラの匣』'09・日

あらすじ太平洋戦争敗戦直後、結核を患う青年は、人里離れた結核療養所“健康道場"に入所する・・・。感想太宰治生誕100年記念映画あまり本を読まないもので、せっかく映画にな...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ