忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アクロス・ザ・ユニバースアクロス・ザ・ユニバース
1960 年代。リバプールからアメリカへ、ジュードが父親を捜しにやってきた。彼は父親との再会には失望したものの、新しい友人マックスやその妹ルーシーと出会う。やがてジュードはマックスとNYに向かい、歌手のセディが住むアパートの間借り人に。ギタリストのジョジョ、同性愛者のプルーデンスらと出会いい自由な時を満喫していた。兄を訪ねてやってきたルーシーとの恋に落ちるジュード。しかしマックスは徴兵されベトナムへ...

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
女流演出家ジュリー・テイモアが今回挑んだのは、全曲ビートルズの曲を使用したミュージカルだ。ただし本作はビートルズ・ヒストリーではなく、ビートルズが活動していた時代に生きた若者たちの恋や青春を描く。『いちご白書』『ヘアー』など「あの時代」の雰囲気を表す映画へのオマージュもあるが、本作は単に懐かしむだけや、昔ながらの反体制を主張する映画ではなく、物語の舞台である60年代に「暴力に暴力で対抗する」という 9.11以降の世界を重ね合わせ、それにビートルズの曲を使って「NO!」と叫んでいるのだ。劇中知っている曲ばかりだが、映画の中に配置されると「あの歌詞がこんな意味にもとれる」という新鮮な驚きがある...続きを読む

ストーリー
1960年代。リバプールからアメリカへ、ジュードが父親を捜しにやってきた。彼は父親との再会には失望したものの、新しい友人マックスやその妹ルーシーと出会う。やがてジュードはマックスとNYに向かい、歌手のセディが住むアパートの間借り人に。ギタリストのジョジョ、同性愛者のプルーデンスらと出会いい自由な時を満喫していた。兄を訪ねてやってきたルーシーとの恋に落ちるジュード。しかしマックスは徴兵されベトナムへ…。... 1960年代。リバプールからアメリカへ、ジュードが父親を捜しにやってきた。彼は父親との再会には失望したものの、新しい友人マックスやその妹ルーシーと出会う。やがてジュードはマックスとNYに向かい、歌手のセディが住むアパートの間借り人に。ギタリストのジョジョ、同性愛者のプルーデンスらと出会いい自由な時を満喫していた。兄を訪ねてやってきたルーシーとの恋に落ちるジュード。しかしマックスは徴兵されベトナムへ...続きを読む

【公開日】 2008年8月9日
【英題】 ACROSS THE UNIVERSE
【製作年】 2007年
【製作国】 アメリカ
【上映時間】 131分
【配給】 東北新社
【監督】 ジュリー・テイモア
【脚本】 ディック・クレメント / イアン・ラ・フレネ
【撮影】 ブリュノ・デルボネル
【美術】 マーク・フリードバーグ
【衣装】 アルバート・ウォルスキー
【編集】 フランソワ・ボノ
【音楽】 エリオット・ゴールデンサール
【出演】 エヴァン・レイチェル・ウッド ジム・スタージェス ジョー・アンダーソン デイナ・ヒュークス マーティン・ルーサー・マッコイ ボノ エディ・イザード サルマ・ハエック ジョー・コッカー

Amazonオンラインストア
amazon.co.jp

ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ビートルズの名曲と共に綴った青春ミュージカル

ミュージカルの地平に新たなジャンルを拓いた、と言えば大げさかも知れないが、
完成度を度外視すればそんな表現をしてもいいほど野心的で実験的な作品だ。

 ポール顔の主人公ジュードのポール声でいきなりはじまる「girl」にしびれる。
後は、各シーンに紛れ込むように違和感なく歌われるビートルズ・ナンバー。
「アクロス・ザ・ユニバース」のタイトルどおり、「アビー・ロード」や「ザ・ビートルズ」
(通称ホワイト・アルバム)など比較的後期の曲が次々と登場する。
 
 カイト氏のパフォーマンスシーンでは懐かしいタッチのアートが登場するし、
ビートルズ最後の演奏となったアップルビル屋上での「ゲット・バック」の演奏模様が
ストロベリービルでの「ドント・レット・ミー・ダウン」に置き換えて再現され
「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」に続くシーンで、映画「イチゴ白書」の終盤を
再現、その他にも60年代を青春時代として過ごした人々にとっては「オッ」と思わせるシーンがいっぱいだ。

 主人公がリバプール出身で、コテコテのリバプール訛りをしゃべるなどいろいろ気遣いはしてくれているが、
かんじんのストーリーが弱く、音楽に消されてしまっている。
まあ、そうは言ってもミュージカル、それもこれだけの曲が並べば仕方ないかも。

 一度はルーシーと別れるジュードだが、ラストはハッピーエンディング、
締めはお待ちかねの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウイズ・ダイヤモンド」。
めでたし、めでたし。

ルーシーとの恋に破れてリバプールへ

ビートルズの曲にのせて・・・との部分でストーリーの要所要所に原曲で流れるものと思い込み、期待に胸ふくらませて 実際、本編を観てみるとミュージカルですか。(確かに曲にのせてですが・・)正直「やられた!」と思いましたが、食わず嫌いは良くないとちゃんと観ていくと俳優さんの歌声と容姿にイヤミが無く、まずまず。 
と、思っていたら「I Want to Hold Your Hand」をチアリーダーの子がベース音のみでスローに歌い上げるシーンでサワ〜っと良い鳥肌が波のように、当初の意味と違う「やられた!」に変わってしまいました。
そこからは笑顔と感動です、いままで歌詞をまともに読んだことがなかったのですが、こんなことを唄っていたのか!今更初めて知ってとても損していていた気分になりました。見事にハートを打ち抜かれ鑑賞後ビートルズのベスト盤CDを買ってしまいました。単純ですね。 アクロス・ザ・ユニバース デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]

Hey Jude

ビートルズの曲が多くつかわれているとのことで見て観ました。確かにかなりの数のビートルズソングが使われています。ただ、かなりのアレンジが加えられているので、原曲にこだわる人には合わないかもしれません。
 それぞれの曲がストーリーにあわせて非常に効果的に使われていて私はかなり気に入りました。
 ストーリーもただの青春映画ではなく、ベトナム戦争の問題などをとりあげていて良い仕上がりだと思います。しかし、この作品は、映画というよりはミュージカルなので、ミュージカルが嫌いな人にはおススメできません。
 ビートルズが好きで、少し違ったアレンジに興味がある人には一見の価値があると思います。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ