忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春よこい春よこい
唐津市呼子町で漁業を営む芳江。夫の修治は、不慮の事故で借金取りを死なせ、4年間、姿を消していた。父親と息子のツヨシを養うため、芳江は必死で働いていた。ある日、交番に貼られた指名手配犯の父親の写真を眺めるツヨシの姿が地元新聞に掲載される。その記事が元で噂が蒸し返され、芳江は仕事を休業に追い込まれてしまう。記事を書いた記者、岡本は責任を感じ、修治を捜し出し、たった1日でも家族の時間を作る事を決意する...

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
昭和晩年の海辺の町、佐賀県唐津市呼子町を舞台に、強い絆で結ばれた親子とそれを見守る人々を描いたヒューマンドラマ。監督は、「オリヲン座からの招待状」の三枝健起。出演は、「ヒマラヤ杉に降る雪」の工藤夕貴、「大奥」の西島秀俊、「LIMIT OF LOVE海猿」の時任三郎、「オリヲン座からの招待状」の宇崎竜童...続きを読む

ストーリー
昭和晩年の佐賀県唐津市呼子町。尾崎修治(時任三郎)は釣り船と漁業を営みながら、妻・芳枝(工藤夕貴)、息子・ツヨシ(小清水一揮)、父・一平(犬塚弘)と貧しいながらも温かい家庭を築いていた。しかしある秋の日、借金のカタに高速艇の漁船を奪われそうになる。修治は高利貸しの野田と揉み合いになり、死なせてしまう。そして修治はそのまま姿を消す。4年後の秋。芳枝は釣り船や魚市場で働き、ツヨシや、介護が必要になった一平の生活を支えている。しかしツヨシはいまだに修治の帰りを待っていた。事件以来、ツヨシは学校でも心を閉ざしがちだった。心配した担任の岡本洋子(吹石一恵)は、兄の... 昭和晩年の佐賀県唐津市呼子町。尾崎修治(時任三郎)は釣り船と漁業を営みながら、妻・芳枝(工藤夕貴)、息子・ツヨシ(小清水一揮)、父・一平(犬塚弘)と貧しいながらも温かい家庭を築いていた。しかしある秋の日、借金のカタに高速艇の漁船を奪われそうになる。修治は高利貸しの野田と揉み合いになり、死なせてしまう。そして修治はそのまま姿を消す。4年後の秋。芳枝は釣り船や魚市場で働き、ツヨシや、介護が必要になった一平の生活を支えている。しかしツヨシはいまだに修治の帰りを待っていた。事件以来、ツヨシは学校でも心を閉ざしがちだった。心配した担任の岡本洋子(吹石一恵)は、兄の岡本利夫(西島秀俊)に相談する。彼らも幼い時に両親を失ったため、ツヨシの辛さはよくわかっていた。佐賀日報呼子支局支局長の利夫は、修治の事件に興味を持つ。ある日彼は、ツヨシが交番前の掲示板を見ているのを見つける。ポスターの貼り替え時期にあわせて、修治の指名手配の写真が貼り出されていたのだった。ツヨシが父親の写真に手を伸ばす姿を、利夫は秘かに写真に収める。翌朝、その写真が新聞に載った。事件の噂が蒸し返され、ツヨシは学校でいじめられる。芳枝も魚市場から休みを出され、釣り船も休業に追い込まれる。しかし弱みにつけこむ組合長・吉田が言い寄るのを毅然とはねつけ、海に向って胸のうちを泣き叫ぶのだった。修治が戻る可能性を考え、家の周りは安藤刑事(宇崎竜童)らに張り込まれていた。芳枝は泣き疲れ、修治の思い出の残る網小屋で眠る。安藤はそれを見つけ、おぶって家まで送る。利夫は記事を書けば修治が戻り、親子の苦しみが終わると思っていた。しかしそれは彼の勝手な思い込みであったと悟り、芳枝に頭を下げる。そのころ、修治はある工事現場で働いていた。そしてツヨシが載った数日前に新聞を目にする。利夫は家族が再会する時間を作ってあげようと考え、安藤刑事との心理戦を始めるが...続きを読む

【公開日】 2008年6月7日
【製作年】 2008年
【製作国】 日本
【上映時間】 108分
【配給】 東映
【監督】 三枝健起
【原作・脚本】 中村努
【脚本】 いながききよたか
【撮影】 藤澤順一
【照明】 長田達也
【編集】 松本哲夫
【音楽】 三枝成彰
【主題歌】 夏川りみ
【出演】 工藤夕貴 時任三郎 西島秀俊 吹石一恵 小清水一揮 犬塚弘 高橋ひとみ 宇崎竜童

Amazonオンラインストア
amazon.co.jp

ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

実話に基づき描かれた

工藤夕貴、時任三郎の演技が素晴らしい。

本作を観て特に感心するのは構図の素晴らしさ。

静かで平凡なストーリーであるが、どの場面も計算され尽くした画面構成、間合いの取り方になっており
観ていて気持ちが良いほどだ。

派手なCGやアクションで誤魔化す映画は簡単だが、静かな映画こそ製作するのは難しい。
流血シーンは血の表現は稚拙ではあるが、あの場面にリアリティは必要ないのだろう。

冒頭より構図がうまいな〜と思ったいたが、ラスト近くの素晴らしさには身の毛がよだつほど良い!!!

実話を元にしている為に奇抜、奇想天外なストーリーではなく、誰にでも起こりうることだと思う。

それ故に…心に染み入る。

良い映画の手本であると思う。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ