忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミッドナイト・ミート・トレインミッドナイト・ミート・トレイン
ニューヨークの写真家レオンは、ある晩チンピラに絡まれていた女性を助けるが、翌日その女性が行方不明であると知る。地下鉄で別れ際に撮った彼女の写真を見直すと、怪しい男が写っていた。街で偶然その男を見かけたレオンは彼を追跡するが、その男こそ...

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
あずみ』の北村龍平監督がハリウッドデビューを果たしたスラッシャームービー。売れないアートフォトグラファーのレオンは、ある日地下鉄の構内でチンピラに絡まれている女性を助ける。しかし翌朝、助けた女性が行方不明になったことを新聞で知る...続きを読む

ストーリー
ニューヨークの街を撮り続けている写真家レオンは、或る晩チンピラに絡まれていた女性を助けるが、翌日、その彼女が行方不明になったことを知る。地下鉄で別れ際に撮った彼女の写真を見直すと、怪しい男が写っている。警察に訴えても相手にされないレオンは、街で偶然その男を見かけると、恋人マヤの制止も聞かず彼の追跡にのめり込む。だが、食肉処理工場で働くその男マホガニーこそが、いま世間を騒がせている凄絶な地下鉄内連続殺人事件の犯人だった。遂に最終電車にマホガニーを追いつめたレオンは、そこで世にも恐ろしい光景を目撃する...続きを読む

【監督】北村龍平
【脚本】ジェフ・ブーラー
【原作】クライヴ・バーカー 「血の本 (1) ミッドナイト・ミートトレイン/真夜中の人肉列車
【出演】ブラッドリー・クーパー レスリー・ビブ ブルック・シールズ ヴィニー・ジョーンズ

Amazonオンラインストア
amazon.co.jp

ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

乗ったら最後

2008年の作品ですから約3年間塩漬けだったことになります。

日本人監督の北米進出の路線通りのB級ホラーですが原作はご存じクライブ・バーカーの「血の本」の代表作。
原作を読んだことがあるならあの独特の世界観をそのままフィルムに再生するのはかなり難しいことは明らかだと思うのですが・・・。

驚いたことに結構良く出来ております。うん、この健闘をまず讃えたい。
意外な事に登場人物のドラマがきちんと組み立てられておりますので「作品」としてちゃんと見られる物になっております。
そんなの当たり前等と言うなかれ、最近のアメリカ産ホラーはそんな基本さえ無視した「見せ物」が氾濫しているではないですか。

主人公レオン役は、なんと今や飛ぶ鳥落とす勢いの人気者ブラッドリー・クーパーだったんですね。
この作品に出たのはブレイク前だったわけですがホラー映画の主役らしく散々な目にあっております(いい気味だ)。
今なら彼の女性ファンを当て込むことも出来るかも(どぎつい残酷シーンに引くかもしれませんが)。

喧噪も静まった深夜、都市の地下深く轟音を立てて疾走する人肉列車の中で繰り広げられる惨劇は浮世離れした設定ながら妙に無機質な魅力を放っております。
「スプラッタ・パンク」の異名を生んだ原作らしく、残虐描写はスパッと思い切り良く仕上げられており、なかなかカッコ良く出来てます。
その部分で下手に手加減すると原作の魅力を大きく損なうことになっていたのではないかと思います。
やはり一番の功労者は「無口な巨体の屠殺人」マホガニーを演じたヴィニー・ジョーンズ。
無言でハンマーを振りかざしてくる姿はスタイリッシュで様になっております。

しかし問題はやはりクライマックス。
原作通りの展開ではありますが、あの暗黒神話めいた世界観は小説ならば読み手のイマジネーションをいかようにも刺激できても、
いざ映像化しようとすると結局、チープなモンスター映画になってしまうのは仕方ないとはいえチト辛い。
とは言え、その点さえ目をつむればホラー描写、ドラマのテンポ、スタイリッシュな映像も中々に楽しめると思います。

さて、北村監督次回作は”Black Friday 3D”と言う作品だそうです。
主演は何とリンジー・ローハンとも噂されており、製作前の時点で既に「怖い」じゃないですか(笑)。

その男こそいま世間を騒がせる凄絶な地下鉄内連続殺人事件の犯人

実は北村作品とは知らずに鑑賞したのですが、なかなか楽しめました。とにかく撮影、照明、美術に金と時間を掛けているのが伝わってきます。バーカーらしいオチもしっかり捉えられており、単体の作品として十分一見の価値ありと思います。北村監督の邦画作品は好きではなかったのですが、今作はかなり好きな方に入ります。残酷描写はかなり強めですが、ハイテンション アンレイテッド・エディション [DVD]やフロンティア スペシャル・エディション [DVD]、マーターズ [DVD]などを楽しんだ方でしたら問題無しでしょう。もちろん監督得意の360度高速回転撮影は健在です。

絶対に降りられない

本国でも興収的にはコケてしまった関係で本邦初公開。
絶対こないと思って北米リージョンで買って鑑賞済み。

原作は60ページ程度の短編なので、映画にすると間延びするのではないかと懸念していましたが、いや、思いの外の秀作。
基本的には原作を踏襲していますが、登場人物に一定の背景を与え、映画らしくアレンジしています(原作は巻き込まれ型ですが、本作は片足つっこみ型。その関係で中盤少しだれる)。
原作のイヤ〜な感じのハッピーエンドもやはりアレンジして踏襲しています(ここは原作の方が好きですが)。ここは好き嫌いが分かれるところですが、バーカーの映像化作品の中では成功している方でしょう。「ロード・オブ・イリュージョン」よりは遙かに面白い。同じ地下鉄モノとしては「レイジ34フン」よりも狂気走っていて好き。

ゴア描写は結構きつい方。ただ、それほど多くはありません。本作では一定の必然性があり、残酷描写のための残酷描写とまではいえないので、良いと思います。

本作とか、「REPO」とか、日本未公開の微妙な作品はどんどんDVD化して欲しいですね。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ