忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ATOM1951年より連載、1963年から日本で初めての国産TVアニメとしてアニメ化され、いまなお絶大な人気を誇る巨匠・手塚治虫の「鉄腕アトム」。その伝説的漫画を、ハリウッドで3DCG化した。製作は、新進気鋭の会社としてドリームワークスやピクサーなどと同等の技術力を持つイマージ。声優陣は、アトムを『チャーリーとチョコレート工場』のフレディ・ハイモア、テンマ博士には「ナショナル・トレジャー」シリーズのニコラス・ケイジ、お茶の水博士には「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのビル・ナイなど、豪華キャストが揃っている。
DVD詳細

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
人間のすべての世話をロボットがしてくれる未来の空中都市・メトロシティ。科学省長官のテンマ博士(声:ニコラス・ケイジ)の息子・トビー(フレディ・ハイモア)は、父親似の優秀な少年だった。ある日、トビーは父親の研究を見ようと科学省に行き、ロボット兵器“ピースキーパー”の実験施設に潜り込む。しかし実験中に思わぬ事故が発生し、それに巻き込まれたトビーは命を落とす。テンマ博士は、トビーを最新型ロボットとしてよみがえらせようとする。テンマ博士はトビーにそっくりなロボットの人工頭脳に、トビーのDNAから採取した記憶をアップロードする。そして、仲間のお茶の水博士(ビル・ナイ)が開発した究極のエネルギー“ブルーコア”を搭載した。目を覚ましたロボットのトビーは、元の息子とはどこか違う。テンマ博士の想いは日に日に強まっていき、ついにトビーを追い出してしまう。居場所のなくなったトビーは、地上にたどりつく。そこは、メトロシティから捨てられたロボットが集まる場所だった。トビーはさまよいながら、コーラ(クリステン・ベル)をはじめとする人間の子供たちと出会う。トビーはロボットであることを言えず、アトムと名乗り、人間として彼らと暮らし始める。メトロシティのストーン大統領(ドナルド・サザーランド)は、地上との戦争を企んでいた。そして最新兵器を造るためブルーコアを入手しようと、軍を総動員してアトムの捜索を開始する。捕らえられたアトムは、テンマ博士と再会を果たす。アトムは博士に、本当の息子になれなかったことを詫びる。博士の脳裏に、トビーの思い出がよみがえる。ストーン大統領はアトムを破壊するため、もう1つの新エネルギー“レッドコア”をピースキーパーに使う。アトムはみんなを守るため、暴走する敵に立ち向かう。

スタッフ
  • 監督: デヴィッド・バワーズ
  • 脚本: ティモシー・ハリス
  • 製作: マリアン・ガーガー
  • 原作: 手塚治虫

キャスト (声の出演)
  • 上戸彩
  • 役所広司
  • フレディ・ハイモア
  • クリステン・ベル
  • ネイサン・レイン
  • ユージン・レヴィ
  • ビル・ナイ
  • ドナルド・サザーランド
  • ニコラス・ケイジ

関連記事
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

『ATOM』は新感覚な感動映画

『ATOM』。
ご存知鉄腕アトム。
そのアメリカ版ですが、製作したのは香港のアニメ製作会社の『イマジスタジオ』って所。
だからエンドロールも香港の人の名前がずらずら出て来る。
ちなみに登場するアトムはめちゃくちゃ愛らしいね。
こういう表情を作れる現代って凄いって思う。

声は…
アトム…フレディ・ハイモア
テンマ博士(アトムの親)…ニコラス・ケイジ
その他、ドナルド・サザーランドなどなど豪華豪華です。

日本語吹き替え版を僕は観ました。
アトム…上戸彩
テンマ博士…役所広司
が主ですが、他も豪華豪華。

取り分け、上戸さんと役所さんの声が素晴らしく雰囲気にマッチしてました。
声の出演として完璧の中の完璧。

今回のテーマはずばり『親子の絆』です。
アクションシーンも相当素晴らしいので、子供も楽しめます。
でも、内容自体はそれなりに小難しいから大人も楽しめます。

で、親子の絆ね。
これがですね、今までに観て来た映画では味わった事がない気持ちになる映画です。
不思議な感覚に陥りました。
懐かしいというか…優しいというか…切ないというか…愛しいというか。
何て言ったら良いんですかね?
子供を持つ親は観たら泣けるでしょうね。
僕は子供いないけど、親とは良い関係じゃなかった時期もあるから解る。

『ATOM』
アメリカ映画なのに、日本のニオイを残しています。
手塚治の世界がそこにありました。
つくづく手塚治さんという人は偉いんだなぁって思いました。
世界でも作品の本質を認知されている人なんだなと。

以下、ネタバレしない程度にストーリーを紹介します。
テンマ博士の息子(後にアトムとなる)は、博士の行っている実験中、不慮の事故により死んでしまう。
毛髪しか残らないぐらいに“強力なあるエネルギー”の中で博士の目の前で消し飛んでしまったのだ…観ててつらい。
テンマ博士は愛する息子を蘇らせる為、髪の毛を採取。
DNAにより息子の記憶を持ったロボットを創り出した。
前述した物とは反対になる、別の“ある強力なエネルギー”を元にして作ったのである。
それが人造人間『ATOM』である。
しかし、博士はアトムと接している内に、やはり自分の息子ではないと気が付く(ロボットだから仕方ない)。
しかし、アトムは自分の父である博士を子供ながらに慕い、尊敬し、傍に居たいと思うわけだが。
父であるテンマ博士は拒絶し、アトムを家から追い出してしまう。
そんな中、アトムの中にあるエネルギーを巡って政治的な動きが強まる。
アトムを捕まえて悪巧みしようとしているのである。
アトムは自分の居場所を探そうとする。
でも、居場所がなかなか見つからない。
そんな孤独の中で、子供の心を持った強靭な力を持つアトムはロボットとして、様々な景色を見て、感じ、命を知り、子供ながらにそれらを“必死”で大切にしようとする。

ここまで。
これ以上書くとダメだね。
本当に作り手の情熱がこれでもか!と注がれている素晴らしい映画なので是非観て戴きたいです。
一人で観ても全然大丈夫。

子供は映像にドキドキする用意を。
そして大人はハンカチの用意を。
何度も言いますが、思い出にがっつり残る良い映画ですよ。
Re:『ATOM』は新感覚な感動映画
コメントありがとうございます。

時代を問わず見れるATOMに仕上がっているような感じがします。
手塚治さんも喜んでいるのでは...。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ATOM

1951年より連載、1963年から日本で初めての国産TVアニメとしてアニメ化され、いまなお絶大な人気を誇る巨匠・手塚治虫の「鉄腕アトム」。その伝説的漫画を、ハリウッドで3DCG化した。製作は、新進気鋭の会社としてドリームワークスやピクサーなどと同等の技術力を持つイマージ。声優陣は、アトムを『チャーリーとチョコレート工場』のフレディ・ハイモア、テンマ博士には「ナショナル・トレジャー」シリーズのニコラス・ケイジ、お茶の水博士には「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのビル・ナイなど、豪華キャストが揃っ...

ATOM 今週末公開

ATOM あのアトムが帰ってくる。 最愛の息子を亡くしたテンマ博士は、息子をロボットしてよみがえらせることに。 しかし、博士は彼を棄てる。 そんなトビーは、地上へ。 そこで、人間達とふれあい、アトムとなって、新たな船出を。 キャスト フレディ・ハイモア クリステン・ベル ネイサン・レイン ユージン・レヴィ ビル・ナイ ドナルド・サザーランド ニコラス・ケイジ 他 公式サイト http://atom.kadokawa-ent.jp/top.htm...

[映画『ATOM』を観た(妙にエロい)]

☆はい、観てきました。  私は、宮崎駿よりも手塚治虫が好きな男で、手塚マンガも、何百冊持っているか分からない。  そんな私だが、アトムにはそれ程に思い入れがない。  オリジナルのテレビ初期の爆発的なブームの後に、私は生まれたからだと思う。  だから、二週間ほど前、<MOVIX・昭島>のロビーで座っていた時に、通りすがりの老若男女が三組ほど、私の後ろの『ATOM』ポスターを見て、「これはアトムじゃない」と呟いて行っても、私自身はそれ程には気になっていなかった。  その三組だが、見事に世代が違ってい...

ATOM

日本の有名アニメのハリウッド実写化はいつもビミョーだが、今回も同様。だが、違和感を感じつつの鑑賞も、次第に物語に引き込まれるのはさすがではある。ロボットと人間が共存する空中都市メトロシティ。ロボット工学の権威・テンマ博士の息子トビーが不慮の事故で命を落と....

ATOM

言わずと知れた、日本漫画界の誇る手塚治虫の名作「鉄腕アトム」を、ハリウッドがフルCGアニメーションでリメイク。アトムは『奇跡のシンフォニー』のフレディ・ハイモア、テンマ博士はニコラス・ケイジ、お茶の水博士はビル・ナイといった超豪華な俳優陣が声優を務める。ちなみに吹き替え版ではアトムを上戸彩が、テンマ博士を役所浩司がそれぞれ演じた。不朽の名作が最新技術でどのように生まれ変わるのか。

♪♪「ATOM アトム」観てきました♪♪

昨日、かずが学校から帰ってきてハリウッド版「ATOM」を観にいってきました。 かずに「観にいく」と聞くと「どんなの」 「うーん、ロボットの話」と返事をすると食いつきがよく「行く行く」 かずの頭の中ではロボットってガンダムのような気がしましたが・・・ 少々ネタ

ATOM

監督・脚本:デビッド・バワーズ 出演:字幕版ではフレディ・ハイモア、 ニコラス・ケイジ。 上戸彩、役所広司 が吹き替え版に出演。 吹き替え版を観ました。 アトムの声の上戸綾、 天馬博士の役所広司はぴったり、 とてもいい感じに思いました。 手塚治虫作の名作漫画を、 海外制作のフルCGによって映像化。 科学省長官テンマ博士が作った、 息子のトビーによく似た最新型ロボットは 他のロボットの暴走事故によって命を失った。 記憶までもトビーのDNAから採取し、 それをアップロード。 そのロボットには...

ATOM

トビオくん トビーで再会 旧友だね  ATOMを観た。手塚治虫生誕80年は日本でのこと。この作品、アメリカ・香港映画ということらしい。監督・脚本はデビッド・バワーズと言う人。おそらく、角川の働きかけで出来上がった作品じゃないかと思う。  それにしても、申し

ラララ科学の子〜『ATOM』 【吹き替え版】

 ASTRO BOY  未来の地球。ロボットが人間に仕える空中都市メトロシティ。ロボット工学 の大家テンマ博士の息子トビーは、軍事用ロボッ...

「ATOM アトム」科学の子、現代に蘇る

「ATOM」★★★ 上戸彩、役所広司 声の出演 デヴィッド・バワーズ監督、100分、2009年、2009-10-10公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「日本人なら誰でも知ってるアトムの ハリウッド版の登場、もっと流行っても良さそうなのに 早くも小さな劇場に移ったので急いで見に行った、 吹き替え版で上戸彩と聞いてたので大丈夫かなと思ったが 元気でピッタリ...

ATOM アトム

僕は死んだ。 そして── 父さんが新しい命をくれた。 僕の名は ATOM(アトム) ぼくは負けない── だって父さんの子どもだから。 手塚治虫の名作漫画で国民的ア

「ATOM」

ええっ! シャーリーズ・セロンさんが声の出演をしているって!?

『ATOM』 ('09初鑑賞154・劇場)

☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 10月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター3にて 16:25の回を鑑賞。

ATOM

・・・・見てよかった。

『ATOM』'09・香港・米

あらすじテンマ博士は、事故で急逝した息子の代わりにロボットを作り上げる。でも結局はロボット、息子の代わりにはならないとテンマ博士は彼を追い出してしまう・・・。感想言わず...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ