忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~酒飲みで多額の借金をし浮気を繰り返すなど放蕩の限りを尽くすが、小説家として秀でた才能と何故か憎めない魅力を持つ男・大谷と、そんな夫に翻弄されながらも明るくしなやかに生きていく妻・佐知の愛の物語。小説家を愛する妻・佐知に松たか子、太宰治を彷彿とさせる小説家・大谷に浅野忠信、小説家の愛人・秋子に広末涼子、佐知に想いを寄せる青年・岡田に妻夫木聡、佐知のことが忘れられない弁護士・辻に堤真一と豪華キャストが顔を揃え、『雪に願うこと』『サイドカーに犬』の名匠・根岸吉太郎監督がメガホンをとる。

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
戦後、混乱期の東京。ある夜、酒代を踏み倒した上に、その飲み屋から五千円を盗んで逃げ出した放蕩者の小説家・大谷(浅野忠信)を追いかけて、飲み屋夫婦の吉蔵(伊武雅刀)と巳代(室井滋)が大谷の自宅までやってきた。大谷は飲み屋夫婦と言い争うが、大谷の妻・佐知(松たか子)が割って入った瞬間、大谷はその場から逃げ出してしまう。翌朝、佐知はなんとか警察沙汰だけは許してもらおうと、吉蔵と巳代が経営する飲み屋・椿屋へ出向く。窮地にあっても不思議な生命力を発する佐知は、夫が踏み倒した過去の酒代の肩代わりに、その日から椿屋で働くことになる。いきいきと働く佐知の美しさと明るさが評判となって椿屋は大繁盛。客からチップを貰った佐知は、自分に魅力があると気付き、あっけらかんと「私、お金になるんですね」と言い放つ。一方、大谷は、酒を飲んでは借金を作り、浮気を繰り返し、たまに家に帰ってくると、何かに追いかけられているかのように喚き、佐知に救いを求めてくる。そして魂が抜けたようにまたふらりと出て行くのであった。彼は小説家の仕事はしているが、家に金を入れることはほとんどなかった。だが、家ではあまり会うことのなかった夫と、椿屋で会うことができるようになった佐知は、そのことがとても嬉しく幸せだった。佐知がそれを大谷に話すと、彼は「女には幸福も不幸もないのです。男には不幸だけがあるんです」と呟く。そんな中、椿屋で働く佐知の前に、佐知に好意を持つ真面目な工員・岡田(妻夫木聡)や、かつて佐知が思いを寄せていた弁護士・辻(堤真一)が現れる。佐知の心は揺れ動くが、そんな佐知の気持ちを知ってか知らずか、大谷はバーの女・秋子(広末涼子)と共に姿を消してしまう……。

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

amazon.co.jp

スタッフ
  • 監督: 根岸吉太郎
  • 脚本: 田中陽造
  • 原作: 太宰治
  • 製作: 亀山千広 / 山田美千代 / 田島一昌 / 杉田成道
  • エグゼクティブプロデューサー: 石原隆 / 直井里美 / 酒井彰
  • プロデューサー: 前田久閑 / 菊地美世志
  • 撮影: 柴主高秀
  • 照明: 長田達也
  • 美術監督: 種田陽平
  • 音楽: 吉松隆
  • 衣裳デザイン: 黒澤和子

キャスト
  • 松たか子
  • 浅野忠信
  • 室井滋
  • 伊武雅刀
  • 光石研
  • 山本未來
  • 鈴木卓爾
  • 小林麻子
  • 信太昌之
  • 新井浩文
  • 広末涼子
  • 妻夫木聡
  • 堤真一

関連リンク
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~

酒飲みで多額の借金をし浮気を繰り返すなど放蕩の限りを尽くすが、小説家として秀でた才能と何故か憎めない魅力を持つ男・大谷と、そんな夫に翻弄されながらも明るくしなやかに生きていく妻・佐知の愛の物語。小説家を愛する妻・佐知に松たか子、太宰治を彷彿とさせる小説家・大谷に浅野忠信、小説家の愛人・秋子に広末涼子、佐知に想いを寄せる青年・岡田に妻夫木聡、佐知のことが忘れられない弁護士・辻に堤真一と豪華キャストが顔を揃え、『雪に願うこと』『サイドカーに犬』の名匠・根岸吉太郎監督がメガホンをとる。 予告編 ...

ヴィヨンの妻 -桜桃とタンポポ- 夫婦って深いなあ〜

【 50 -12-】 当たっても当たっても、すでに予定がある夜の試写会ばっかりで、妻が独りで行ったり、人にあげたり・・・ でもようやく空いている夜の試写会が当たった(^_^)v  今年は太宰治生誕100周年でいくつか太宰治の作品が映画化されているようで、この映画が皮切りだそうだ。 しかし太宰作品というのは自分は小学校6年の時に「走れメロス」を読んだのが最初で、その後は中学生時代に半強制的に何冊か(何だかは思い出せん、人間失格と斜陽は読んだ気がするが・・・)読まされた記憶の程度。 そしてこの映画の原作の「...

【ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜】たんぽぽの花一輪の誠実もない

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 監督: 根岸吉太郎    出演: 松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、妻夫木聡、広末涼子 公開: 2009...

夫に心中された女房は~ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ

ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポの脚本は松たか子ために

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 / Villon 's Wife

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今年は太宰治 生誕100年(1909〜1948) ということでいくつか太宰の小説が映画化されている中、 本作は太宰の「ヴィヨンの妻」をベースに、「思ひ出」「灯篭」「姥捨」「きりぎりす」「桜桃」「二十世紀旗手」を融合させ、 田中陽造が松たかこをイメージして書き下ろしたという脚本。 『サイドカーに犬』などの根岸吉太郎監督作。 第...

『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』

※注:ストーリーを全く書いていませんでしたので、 約6時間後に書きくわえました。 ----今年って太宰治原作の映画化が多いよね。 ほかにも『斜陽』『パンドラの匣』だっけ? 「そうだね。今年は太宰生誕100年だし、 映画界も盛り上がっているみたいだ。 なかでもこの作品は監督の根岸吉太郎が モントリオール世界映画祭で監督賞受賞。 話題性も多い。 ただ映画祭前から、その創設者兼ディレクターの セルジュ・ロジークが絶賛していたこともあり、 ぼく自身は、受賞と聞いてもそれほど驚かなかったけど…」 ----でも、や...

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜

太宰治の同名短編小説を下敷きに、いくつかの太宰作品をミックスして描く、一組の夫婦の愛の物語だ。戦後の混乱期、大酒飲みで浮気を繰り返す小説家の夫・大谷の借金を返すため、妻の佐知は飲み屋の椿屋で働くことになる。美人で気立てのいい佐知はたちまち店の人気者になり....

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜

太宰治生誕100周年のトップを切って公開される作品。同日公開に『パンドラの匣』がある。主演は『K-20 怪人二十面相・伝 』の松たか子。共演に『剱岳 点の気』の浅野忠信、『おくりびと』の広末涼子、『ノーボーイズ、ノークライ』の妻夫木聡、堤真一、室井滋、伊武雅刀といった名優が揃う。監督の根岸吉太郎は第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した。

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜

第33回モントリオール世界映画祭、最優秀監督賞受賞作品―【story】戦後の混乱期。秀でた才能を持つ小説家でありながら、大酒飲みで、多額の借金をして浮気を繰り返す大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため飲み屋で働くことに。生き生きと働く佐知の明るさが評判となって店は繁盛し、やがて彼女に好意を寄せる男も現れて佐知の心は揺れる。そんな中、大谷は親しくしていたバーの女と姿を消してしまい―     監督 : 根岸吉太郎     原作 : 太宰治【comment】原作『ヴィヨン...

恋する気持ちの原点。『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』

戦後の日本を背景に道楽ざんまいの小説家の夫と彼を支える妻の姿を描いた作品です。

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜

公式サイト。太宰治原作(電子版原作)。根岸吉太郎監督、松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、広末涼子、妻夫木聡、堤真一。根岸吉太郎監督は太宰治の作品に触れたのは40歳前後からだという。普通、10代で触れるのに随分晩生だ。

「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」 第5位

上映スクリーン数: 159オープニング土日祝動員: 7万170人オープニング土日

「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~ 」私は産まれた時から、ずっと...

「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~ 」★★★★ 松たか子、浅野忠信主演 根岸吉太郎監督、114分、2009年、2009-10-10公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「太宰そのものと思って見たが、 どこまでが真実なのかは分からない、 時代の空気や人々の活気などは 新鮮だった、松たか子の良さが光る作品」 以前、東京の三鷹に住んでいて 太宰の命日の「...

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜

太宰治 生誕100年 ある夫婦をめぐる「愛」の物語

ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~

[ヴィヨンの妻] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年89本目(83作品)です。 【あらすじ】 戦後の東京。 酒と女に溺れ、愛人までも作ってしまう小説家の大谷(浅野忠信)。 その大谷を健気に支える妻の佐知(松たか子..

「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」 第5位

上映スクリーン数: 159オープニング土日祝動員: 7万170人オープニング土日

『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』

□作品オフィシャルサイト 「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」□監督 根岸吉太郎 □脚本 田中陽造 □原作 太宰治 □キャスト 松たか子、浅野忠信、室井 滋、伊武雅刀、光石 研、広末涼子、妻夫木  聡、堤 真一、山本未來、新井浩文■鑑賞日 10月12日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 入場開始のアナウンスが始まったので耳を澄ましていると、まだ日が浅い担当者なのか、あるいは映画を知らない担当者なのかわからないが、明らかに“ブイヨンの...

「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」:巣鴨駅前バス停付近の会話

{/kaeru_en4/}ここを走っている山手線って、今年で命名100年なんだってね。 {/hiyo_en2/}えっ、じゃあ太宰治が生まれたのと同じ年に、山手線って名づけられたっていうこと? {/kaeru_en4/}そういえば、太宰治も生誕100年だったな。 {/hiyo_en2/}その太宰治の生誕100年を記念して撮られた映画が「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」。100年目にふさわしい映画だったなあ。 {/kaeru_en4/}どういう意味? {/hiyo_en2/}この映画、戦後まもなくの東京で放...

映画「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」

映画「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」を鑑賞。

ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~

この世には 生まれた喜びと 刹那さと  太宰の生誕100年だそうな。この映画の前の「斜陽」を見逃したのはアホかもしれない。でも生誕100年だからといって、何でもかんでも絡まなくてもよかろう。私はとっくに太宰を卒業したはずなのだから。  私にとって文学への嵌

★「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」

TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスもこれで打ち止め。 合計18作品をタダで見ることができました。 本作は、文豪・太宰治の原作・・・ 2009年は太宰の生誕100周年だったのね。

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜(2009/東宝)

“太宰治 生誕100年、ある夫婦をめぐる「愛」の物語…太宰治の同名短編の映画化” 《放蕩者の小説家と、そんなダメ夫をしなやかな逞しさで包み込んでしまう妻が織りなす心の機微と愛の形を繊細に描き出す》 今日は火曜日ですが祭日なので大和行きはお休みですが、大和に行くつもりでいつもの時間に出ればお姑さまの様子見をする前に何か1本くらいは観られそう、ということで川崎に向かいました[徒歩] お目当ては「パリ・オペラ座のすべて」という作品でドキュメンタリーにしては長くて夜の回だと帰りが遅くなるし、昼の回なら終わっ...

ヴィヨンの妻

 「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」を日比谷のシャンテ・シネで見てきました。  以前、山梨文学館で「ヴィヨンの妻」の自筆原稿を見たことがあり、そんな太宰治の小説をどんな風に映画にするのかと興味があり、またご贔屓の浅野忠信が出演することもあって出かけてきた次第です。  映画では、昔の中央線が出てきたり、「きちじょうじ」とか「むさしこがねい」といった駅名まで映し出されるので、それだけで○のところ、松たか子を巡る3人の男性(浅野忠信、堤真一、妻夫木聡)といった風情で、大変面白く最後まで見ることが出来ました...

mini review 10454「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」★★★★★★☆☆☆☆

2009年に、生誕100年を迎える文豪・太宰治の同名短編小説を、『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が映画化した文芸ドラマ。戦後の混乱期を背景に、道楽ざんまいの小説家の夫に振り回されながらも、明るくしなやかに生きていく女性の姿を描く。逆境の中でも活力にあふれるヒロインには話題作への出演が相次ぐ松たか子、太宰を思わせる小説家に『モンゴル』などで海外でも評価の高い浅野忠信。さらに室井滋、伊武雅刀、妻夫木聡、堤真一ら豪華共演陣が脇を固める。[もっと詳しく] 桜桃とタンポポ。その対比を、監督は描きたかったのかもし...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ