忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』に続く、中江裕司監督による“楽園ムービー”第3弾。石垣島を舞台に、バンドを始めた高校生たちの青春模様を描く。オーディションで選ばれた沖縄県在住の現役高校生たちが出演。

恋しくて [DVD]

沖縄を舞台にした映画を撮り続ける中江裕司監督の最新作。今回は沖縄よりも南に位置する石垣島を舞台に、バンド活動を通して成長していく高校生たちの姿が描かれる。つまりノリ的にはかなりストレートな青春映画の作りなのだ。出演者たちが実際に素人の若者だったりするので、その彼らの成長っぷりが劇中の登場人物の成長と重なっていくところもおもしろい。またキチンと石垣島の文化を入れ込んだ作りとなっていて、それも楽しめる要素ではある。ただ個人的に引っ掛かってしまったのは、そのいい意味での素人感あふれる芝居は、全体を引っ張っていくには厳しいということ。中江監督の演出の魅力は役者たちの演技を変にあざとく演出するのでなく、素朴にその魅力を伝えていくところ。だからその演出と役者たちの素人演技が合わさってしまうと、誰も映画を引っ張ってくれないのだ。今回みたいな内容の映画ならぱ、もう少し監督の演出で、青春モノならではの熱さと切なさをもっとあざとく見せてでも全体を引っ張ってほしかった。またせっかく音楽を中心に置いたはずなのに、曲によっては途中で歌がブツ切れしまくりなのはガッカリ。監督の音楽への愛情のなさを逆に感じてしまったのだ(尺の問題で切らざるを得ないのはわかるけど)。つまらなくはないのだけど、なにやら傑作になりそこねた“惜しさ”の残る作品だ。

amazon.co.jp
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ