忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブラック・スワン 公式サイトブラック・スワン
この作品はニューヨーク・シティ・バレエ団の一バレリーナが、「白鳥の湖」の主演の座を射止め、その難役をやり遂げるために自分自身の限界を超えていく、そのプロセスを描いた映画ブラック・スワン。この作品が全世界で絶賛され、映画批評家やバレエファンの範疇だけではなく、バレエに馴染みのない観客をも巻き込んだ社会現象にまでなっているのにはいくつもの理由があり。まずは、主演女優ナタリー・ポートマンの、その美しさに心を奪われ、心の襞に共感せずにはいられない迫真の演技。それから、一人のダンサーが純粋で可憐な“白鳥”と、邪悪で誘惑的な“黒鳥”を踊り分けなければならないという、「白鳥の湖」というバレエそのものが持っている、尽きせぬ魅力。そこから、この映画ブラック・スワンのもつ、生と死、舞台の裏と表、聖と俗が表裏一体となった、一瞬たりとも目を離せないスリルが生まれます。
紹介記事ブラック・スワン
予告編ブラック・スワン

ブラック・スワン 公式サイト
チケットぴあ
チケットぴあ
ドイツの作家ムゼウスによる童話「奪われたベール」を元に構想が練られ、1875年、ボリショイ劇場の依頼により作曲され1876年に完成した。バレエが作られたのはロシアだが、物語の舞台はドイツになる。チャイコフスキーにとって初めてのバレエ音楽であるが、初演当時は踊り手、振付師、指揮者に恵まれず、評価を得られなかった。その後しばらくは再演されていたが、衣装・舞台装置の破損などからいつしかお蔵入りとなり、その後作曲者の書斎に埋もれていた。しかし、プティパとその弟子イワノフによって改造がなされ、チャイコフスキーが亡くなった2年目の1895年に蘇演され好評を博した。

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
[ストーリー]
序奏
オデットが花畑で花を摘んでいると悪魔ロッドバルトが現れ白鳥に変えてしまう。

第1幕(王宮の庭)
今日はジークフリート王子の誕生日。お城の前庭では祝福の踊りが踊られている。そこへ王子の母が現れ、明日の舞踏会で花嫁を選ぶように言われる。まだ結婚したくない王子は物思いにふけり、友人たちとともに白鳥が住む湖へ狩りに出かける。

第2幕(湖畔)
白鳥たちが泳いでいるところに月の光が出、たちまち白鳥は娘たちの姿にかわる。そのなかでひときわ美しいオデット姫の王子は心奪われる。彼女は夜だけ人間の姿に戻れるのだ。この呪いを解く唯一の方法は、まだ誰も愛したことのない男性に愛を誓ってもらうこと。それを知った王子は明日の舞踏会に来るようにオデットに告げる。

第3幕(王宮の舞踏会)
世界各国の踊りが繰り広げられているところに、悪魔オディール(黒鳥)が現れる。王子は彼女をオデット(白鳥)と思い、花嫁としてえらぶが、それは悪魔が魔法を使ってオデットのように似せていた者であり、その様子を見てしまったオデットは、王子の裏切りを白鳥たちに伝えるために湖へ走る。悪魔に騙されたことに気づいた王子は嘆き、急いでオデットのもとへ向かう。

第4幕(湖畔)
愛の誓いを破られたことを嘆くオデットに王子は許しを乞う。そこへ現れた悪魔に王子は意を決して跳びかかる。激しい戦いの末、王子は悪魔を打ち破るが、白鳥たちの呪いは解けない。絶望した王子とオデットは湖に身を投げ、来世で結ばれる。

この作品のユニークな点は、ヒロインである可憐な乙女、オデット(白鳥)と、悪魔の化身であるオディール(黒鳥)を一人のバレリーナが踊り分けなければならないこと。それが、多くのバレリーナにとって、この役が最高のあこがれであり、かつ非常に難易度が高い理由であろう。
可憐は白鳥は踊れても、扇情的で魅力的で、王子をとりこにするブラック・スワンに多くのバレリーナが苦悩してきた。それが、世界のトップクラスのバレエカンパニーで、かつ長年夢見てきたこの役に一躍抜擢されたとしたら、その喜びと苦悩は計り知れないものになるに違いない。

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

映画『ブラック・スワン』

心理描写がね、すごかったです〜〜 サスペンスですね、これは。 バレエ団の優等生ニナは、ベテランのベスが引退するのと交代で新しい振り付けの 『白鳥の湖』のプリマに抜擢される。 しかし、『...

ブラック・スワン

ブログネタ:GW中に見た映画、読んだ小説や漫画 参加中  この映画、まずお断りしておかなければならないのは、GW中に見た映画では正直ない。でも、たまたま、「GW中に見た映画、読んだ小説や漫画」というクチコミネタで、これを語らねばならないのか、それは、後ほど話

ブラック・スワン

<<ストーリー>>ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、 ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。 芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形の...

ブラック・スワン 怖かった〜妄想も女性も・・・

 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ