忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バビロンの陽光 Son of Babylon 公式サイトバビロンの陽光 Son of Babylon
監督モハメド・アルダラジー
出演:ヤッセル・タリーブ/シャーザード・フセイン/バシール・アルマジド
内容:2003年、イラク北部クルド人地区。フセイン政権の崩壊から3週間後、戦地に出向いたまま戻らない息子を探すため、老いた母は旅に出た。12歳の孫アーメッドを連れて。生後間もなかったアーメッドは、父の顔さえ知らない。父子を繋ぐのは、父が残した縦笛だけだ。わずかな現金しか持たない祖母と少年は、ヒッチハイクをしながら、バスを乗り継ぎ、砂漠の中を進んでいく。クルド語しか解さない祖母を、時折片言のアラビア語で助けるアーメッド。2人は、気のいいトラックの運転手、貧しくても逞しく生きる路上の少年、そして、クルド人殺戮に加担し心に傷を負った元兵士…、さまざまな出会いと別れを繰り返し、過酷な現実に押しつぶされそうになりながらも、やがて訪れる運命の瞬間に1歩1歩近づいていく。

予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
度重なる戦争により、夥しい数の行方不明者や、身元不明のままの遺体を今もなお抱える国、イラク。バグダッド出身で、ヨーロッパ各国で映像を学びキャリアを積んできたモハメド・アルダラジー監督は、祖国の現状を伝えるため、2003年長編第一作を制作。 何者かに襲われ誘拐されるなどの危険な目に遭いながらも完成させた作品は高い評価を受け、第二作である本作に繋がった。 しかし再び祖国に戻り撮影を開始したものの、前作同様に制作は困難を極め、幾度となく中断に追い込まれた。そんな中にあっても、監督の熱意が米・サンダンス映画祭、イギリス、フランス他のプロデューサーの心を動かし、各国映画人支援の下、作品は遂に完成。ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品され、二部門を同時受賞。 心揺さぶるラストシーンでは、会場を感動の涙で包み込み絶賛され、アカデミー賞外国語映画賞イラク代表作品にも選出された...続きを読む

ストーリー
2003年、イラク北部クルド人地区。フセイン政権の崩壊から3週間後、戦地に出向いたまま戻らない息子を探すため、老いた母は旅に出た。12歳の孫アーメッドを連れて。生後間もなかったアーメッドは、父の顔さえ知らない。親子を繋ぐのは、父が残した縦笛だけだ。わずかな現金しか持たない祖母と少年は、ヒッチハイクをしながら、バスを乗り継ぎ、砂漠の中を進んでいく。クルド語しか解さない祖母を、時折片言のアラビア語で助けるアーメッド。二人は、気のいいトラックの運転手、貧しくても逞しく生きる路上の少年、そして、クルド人殺戮に加担し心に傷を負った元兵士…、さまざまな出会いと別れを繰り返し、過酷な現実に押しつぶされそうになりながらも、やがて訪れる運命の瞬間に一歩一歩近づいていく。アーメッド役は、現地で抜擢したヤッセル・タリーブ少年。 路上ですれ違いざまに見た彼の強いまなざしが監督の心を捉えた。 祖母役も、脚本を執筆するためにイラク人家庭を訪れインタビューを繰り返す中で出会った女性のうちの一人。彼女自身も家族の多くを戦争で失い、本作の祖母と同様の経験をしており、全編を貫くリアリティが、観るものの胸に深く突き刺さる。イラク北部からバクダッドを経て、空中庭園の伝説が残る古都バビロンへ。 900キロに及ぶ二人の旅が教えてくれるのは、愛する人を守る強さ。 未来を信じる心…。 過去40年間で150万人以上が行方不明となり、300の集団墓地から何十万もの身元不明遺体が発見されているイラク。 本作完成後、身元確認を促進する「イラク・ミッシング・キャンペーン」を、監督自らが発足させている...続きを読む

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
【英題】SON OF BABYLON
【製作年】2010年
【製作国】イラク/イギリス/フランス/オランダ/パレスチナ/UAE/エジプト
【日本公開】2011年6月4日
【上映時間】1時間30分
【配給】トランスフォーマー
【監督・脚本・撮影】モハメド・アルダラジー
【製作】イザベル・ステッド/アティア・アルダラジー/ディミトリ・ドゥ・クレルク
【脚本】ジェニファー・ノリッジ/ミトハル・ガズィー
【撮影】デュライド・アルムナジッム
【音楽】カード・アッチョーリ
【音響】グレン・フリーマントル
【編集】パスカル・シャヴァンス/モハメド・ジェバラ
【公式サイト】バビロンの陽光 Son of Babylon
【公式ブログ】バビロンの陽光 Son of Babylon
【出演】ヤッセル・タリーブ/シャーザード・フセイン/バシール・アルマジド

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

『バビロンの陽光』

砂漠に掘り返されし無言の骨々。 突風に舞う砂埃と土煙にまみれ、 彼らと彼らの残した者の心の声は風の中。 亡き者に安らぎと尊厳を、復興への祈りを捧げながら。 『バビロンの陽光』 2010年/イラク・英・仏・蘭・パレスチナ・UAE・エジプト/90min 監督・脚本・撮
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ