忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソルト デラックス・ディレクターズ・コレクション

解説
何者かの陰謀により二重スパイの容疑をかけられたCIA女性エージェントが、CIAに追われながら真相究明に奔走するサスペンス・アクション。監督は「ボーン・コレクター」のフィリップ・ノイス。出演は、「チェンジリング」のアンジェリーナ・ジョリー、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のリーヴ・シュレイバー

ストーリー
アメリカCIA本部で、ロシアからやってきた謎の密告者オルロフが捕えられる。そしてオルロフの告白は、一同に衝撃を与える。それは、大統領を暗殺するために、今日、ロシアからのスパイが送り込まれるというものだった。さらに、そのスパイの名は“ソルト”だと告げられる。そのため、オルロフの尋問を担当していたCIA女性職員イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)に嫌疑がかかる。ソルト何者かによる罠であると主張し、夫に会わせるよう懇願するが、同僚であるCIAから追われる身となってしまう。やむを得ず彼女は金髪を黒髪に染め、変装して逃亡する。翌日、ソルトは、アメリカ副大統... アメリカCIA本部で、ロシアからやってきた謎の密告者オルロフが捕えられる。そしてオルロフの告白は、一同に衝撃を与える。それは、大統領を暗殺するために、今日、ロシアからのスパイが送り込まれるというものだった。さらに、そのスパイの名は“ソルト”だと告げられる。そのため、オルロフの尋問を担当していたCIA女性職員イヴリン・ソルトアンジェリーナ・ジョリー)に嫌疑がかかる。ソルト何者かによる罠であると主張し、夫に会わせるよう懇願するが、同僚であるCIAから追われる身となってしまう。やむを得ず彼女は金髪を黒髪に染め、変装して逃亡する。翌日、ソルトは、アメリカ副大統領の葬儀が行われている会場に姿を現す。厳重な警備が敷かれているその場所で、彼女はあっさりCIAの同僚に捕えられ、警察に連行される。しかし残された者たちは、彼女がスパイなら、なぜ自分たちを撃たなかったのかと違和感を覚える。そんな中、ソルトは連行中のパトカーから脱出し、行方をくらましてしまう。その数日後、ソルトはホワイトハウスの内部に現れる。しかし、彼女は以前とは全く異なる姿をしていた...続きを読む
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ロシアからやって来た謎の男

スパイ・アクション映画のお好きな方ならまず間違いなく満足できると思います。
設定が凝っていますので、見ている側も騙されます。
アメリカ大統領だけが指令権をもつ、核ミサイル発射の場面が描かれていました。
見る前に思っていた内容以上に壮大なスケール感です。
アンジェリーナ・ジョリーは、こういうアクションはお得意ですが、そこにもう一本加わった、という印象です。
それにしても、どうやってこんな画面を作るのだろう?という場面の連続で眼が釘付けです。
突然切れたようなエンディングですので、続編が期待できます。

ロシア大統領暗殺を企てる

“ソルト”とは一体、何者なのか?
冒頭で謎を問いかけられるが、ストーリーが二転三転していくため、“ソルト”の正体がますます謎に包まれていく。
そして、画面から目が離せなくなっていく。

この作品を見ると、スパイの宿命を感じる。
人間としての感情を持つことを許されず、信用できるのは自分のみ。

スパイとして生まれたら、その運命から逃れることは絶望的だ。
ラストで、ソルトが宿命を負って生きる覚悟を決めたシーンは、スパイの孤独さを象徴していると思う。

大統領を暗殺するために、ロシアからスパイが送り込まれる

まぁ、この手のサスペンス物って、一度観ちゃうとリピートするのが厳しいことってありませんか。
これもまた、ボクは1回で十分な作品でした。
幼い頃からスパイ養成をほどこされ、血も涙もない冷血スパイに成長した主人公ソルトですが、
あるクモ学者の男性と巡り会うことで、真実の愛を知り、人間らしさを取り戻す。
みたいな内容なんですが、物語の進行上、ソルトのやりたいことがもうひとつ理解できず、
誰に寄り添って感情移入すればよいのか分かりませんでした。
誰が正義なのかも分からない内に終わってしまいます。
ソ連のスパイなんだけど、アメリカを、全世界を核戦争から守り、
凶器化するスパイ組織に復習していくってことなんでしょうが…。
エンディングは、続編を思わせました。
要するにこの作品は、
大女優アンジェリーナ・ジョリーのスタイリッシュな演技を楽しむものだと思いました。
トゥーム・レイダーのころのムチムチナイスバディのアンジーはここにはおらず、
やせてスレンダーになったアンジーの新たな大人の魅力を感じさせます。
前半、CIA職員で茶髪にスーツ姿のアンジーのセクシーな色気から、
後半、黒髪に染めてからの鋭い視線と切れのあるアクション女優としてのカッコよさは、
見事に対比していて楽しめました。
本当に絵になる女優だなぁと実感しましたよ。
見所はそれだけですね。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ