忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終着駅 トルストイ最後の旅終着駅 トルストイ最後の旅
トルストイ主義者の青年・ワレンチンはトルストイの秘書に採用され、トルストイと同居する事となる。トルストイの妻・ソフィヤと対立するトルストイの一番弟子・チェルトコフから、ソフィヤの動向を報告するよう命じられていたワレンチンだが...

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
ロシアの文豪レフ・トルストイの晩年を、妻ソフィアとの確執と愛にスポットを当てて描く。監督は、「恋の闇 愛の光」のマイケル・ホフマン。出演は、「クイーン」のヘレン・ミレン、「Dr.パルナサスの鏡」のクリストファー・プラマー。第82回アカデミー賞主演女優賞(ミレン)、助演男優賞(プラマー)ノミネート...続きを読む

ストーリー
ソフィヤ伯爵夫人(ヘレン・ミレン)は、ロシアの偉大な文豪レフ・トルストイ(クリストファー・プラマー)の妻として、50年近く結婚生活を送ってきた。ある日突然、トルストイが新しい宗教の名のもと、爵位や財産、家族も捨て、菜食主義の独身となることを決める。トルストイの弟子で、ソフィヤが忌み嫌うウラジミール・チェルトコフ(ポール・ジアマッティ)が、夫に新しい遺書への署名を説得したらしいことを知ったソフィヤは憤る。その遺書には、トルストイの作品に関する権利をロシア国民に与えると書かれていた。ソフィヤは自分の財産を守るため、知恵や魅力を総動員して戦う。チェルトコフはそ... ソフィヤ伯爵夫人(ヘレン・ミレン)は、ロシアの偉大な文豪レフ・トルストイ(クリストファー・プラマー)の妻として、50年近く結婚生活を送ってきた。ある日突然、トルストイが新しい宗教の名のもと、爵位や財産、家族も捨て、菜食主義の独身となることを決める。トルストイの弟子で、ソフィヤが忌み嫌うウラジミール・チェルトコフ(ポール・ジアマッティ)が、夫に新しい遺書への署名を説得したらしいことを知ったソフィヤは憤る。その遺書には、トルストイの作品に関する権利をロシア国民に与えると書かれていた。ソフィヤは自分の財産を守るため、知恵や魅力を総動員して戦う。チェルトコフはその行動がトルストイの輝かしい遺産にダメージを与えると警告するが、その通りになっていく。この関係のなかに、トルストイを崇拝する新しい助手ワレンチン・ブルガコフ(ジェームズ・マカヴォイ)が入ってくる。世間知らずな彼は、チェルトコフとソフィヤに次々と利用されそうになる。またワレンチンは、トルストイの理想主義の信奉者マーシャ(ケリー・コンドン)に惹きつけられるが、同時に彼女の型破りな考え方に困惑する。あまりに複雑になった環境に嫌気のさした82歳のトルストイは、真夜中に家出を図る。ソフィヤは取り巻きの制止を振り切り、病に伏すトルストイのいるアスターポヴォ駅へ向け、特別列車でロシアを横断する...続きを読む

【公開日】 2010年9月11日
【英題】 THE LAST STATION
【製作年】 2009年
【製作国】 ドイツ/ロシア
【映倫情報】 PG12
【上映時間】 112分
【配給】 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
【監督】 マイケル・ホフマン
【原作】 ジェイ・パリーニ
【製作】 クリス・カーリング / イェンス・モイラー / ボニー・アーノルド
【製作総指揮】 アンドレイ・コンチャロフスキー / フィル・ロバートソン / ジュディ・トッセル / ロビー・リトル
【撮影】 セバスティアン・エドシュミット
【編集】 パトリシア・ロンメル
【美術】 パトリツィア・フォン・ブランデンスタイン
【衣装】 モニカ・ジェイコブス
【音楽】 セルゲイ・イェフトゥシェンコ
【出演】 ヘレン・ミレン クリストファー・プラマー ジェームズ・マカヴォイ ポール・ジアマッティ アンヌ=マリー・ダフ ケリー・コンドン ジョン・セッションズ パトリック・ケネディ

Amazonオンラインストア

ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

比類なき文学的才能

ジェームズ・マカヴォイが見たくて、劇場に行きました。
あまり出番はないと思っていたのですが、トルストイの助手として
重要な役を演じています。晩年夫婦の話だけではなく、若者の淡い恋愛も同時進行でしっかり描かれていて、『つぐない』の時の好青年が戻ってきて嬉しくなりました。
ただ、この作品の中で一番素敵だったのはトルストイの妻を演じたヘレン・ミレンでした!
彼女の深い愛情が本当に愛しくて、彼女が出ているシーンでは殆ど涙が出てきました。
悪妻と呼ばれるソフィですが、本当のことは夫婦にしか分からないのだと思います。
派手ではありませんが、「愛」とは何かを考えさせられるパワフルな作品です。

名も無き田舎の駅で客死せざるをえなかったのか…

トルストイの名前や本は知っていますが、どのような最期を迎えたのか、この映画で初めて知りました。
世界三大悪女と言われるソフィアとの関係を中心に描いています。

世界を愛によって平等にしたいと願ったトルストイ、それに共感しトルストイ主義の急先鋒となったチェルトコフ、
そして誰よりも身近でトルストイを愛情で包んだソフィア。
彼らは「愛」という一つの言葉を軸に生きていながら、三者三様の形を帯びている。
誰が正しいのか分からないけれど、資本主義社会から生まれたビートルズよりも前に、
共産主義の国の文豪がAll you need is loveと皆に言ってまわっていたのなら、本当に愛こそが世界を変えるように思えてきます。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

終着駅 トルストイ最後の旅

9月3日新潮文庫の試写会@ソニーピクチャーズエンタテインメント試写室で鑑賞。 新潮社さんありがとうございます。 トルストイの作品は、文庫になったものは全部読んでいる。 全て岩波文庫で読んだ気がする。(笑) 現在も新潮文庫にトルストイの作品が収録されているのだろうか? 世界の名作は若いうちに読んだほうが良いと思う。 が、まわりの若者に、「トルストイの本読んだことある?」と聞くと答えは「ありません!」。 高学歴者でも、なげかわしいくらい読んでいない。 本日の試写会に来ていた人た...

「終着駅-トルストイ最後の旅-」終焉の時、あなたは…。

[トルストイ] ブログ村キーワード  ロシア文学界の巨匠、レフ・トルストイ。トルストイと、“世界三大悪妻”の1人とされる彼の妻・ソフィヤ。「終着駅-トルストイ最後の旅-」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。本作は、大作家とその妻の晩年に於ける、愛と確執の姿を描いています。  50年近く結婚生活を送ってきたトルストイ(クリストファー・プラマー)と妻・ソフィヤ(ヘレン・ミレン)。晩年を迎えトルストイは、『人間は平等である』『自分を愛するように、神と隣人を愛せ』という信仰を根底に持つ、...

[映画『終着駅−トルストイ 最後の旅−』を観た]

☆私は東京の23区外に住み、忙しく、もっぱらシネコンでしか映画を観れなくなっているのだが、  たまに、シネコンが「シネ魂」を見せてくれて、メジャー流通に乗らないミニシアター系の作品をひょっこりと公開してくれたりする。  『終着駅−トルストイ最後の旅−』が...

終着駅 トルストイ最後の旅

『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』などのロシアの文豪トルストイの 晩年を映画化した伝記ドラマ。トルストイの一番弟子と妻ソフィアが彼の 著作権の行方を巡って対立する様を中心に、晩年にトルストイの秘書として 派遣されてきた青年の視点から描く。 出演はトル…

■映画『終着駅-トルストイ最後の旅-』

悪妻との生活に疲れ、82歳にして家出を決行、そしてその家出の途中で亡くなった、ロシアの文豪、レフ・トルストイ。 この映画『終着駅-トルストイ最後の旅-』では、“世界三大悪妻”と言われたトルストイの妻・ソフィヤとトルストイの晩年の生活を、弟子の目を通して描いてい

「終着駅 トルストイ最後の旅」(THE LAST STATION)

「戦争と平和」や。「アンナ・カレーニナ」などの作品で知られるロシアの文豪、レフ・トルストイ(1828-1910年)の晩年を描いたヒューマン・ドラマ「終着駅 トルストイ最後の旅」(2009年、独露、マイケル・ホフマン監督、112分、SONY映画配給)。この映画は、トルストイ夫妻の愛の形など、新たに秘書として派遣されたトルストイ主義者の青年の視点を通して綴(つづ)っていく。出演はクリストファー・プラマーや、ヘレン・ミレン、「つぐない」のジェームズ・マカヴォイ、「幻影師アイゼンハイム」のポール・...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ