忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン  HEROなどで映画俳優としても活躍する木村拓哉が、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネット、韓国の大スター、イ・ビョンホンと共演したサスペンス超大作。キムタク演じる他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける特殊能力を持つ男をめぐり、香港マフィアも巻き込む壮絶な逃走劇がアメリカ、フィリピン、香港をまたぐ壮大なスケールで展開する。監督は、『青いパパイヤの香り』夏至のトラン・アン・ユン。製作にはバベルの製作陣があたり、音楽をレディオヘッドが担当している。


予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
ある男が失踪した。彼の名はシタオ(木村拓哉)。彼は、他人の痛みを身代わりに引き受けるという不思議な力を持っていた。父親の依頼により、シタオ捜索の旅に出る元刑事の探偵クライン(ジョシュ・ハートネット)。だが、手がかりは名前と年齢、数枚の写真だけ。彼の足跡を辿ってロザンゼルスからフィリピン、そして香港へと辿り着くクライン。そこで刑事時代の仲間メン・ジー(ショーン・ユー)と共に、シタオがリリ(トラン・ヌー・イェン・ケー)という女性と一緒にいることを突き止める。さらに、リリを溺愛し、追い求め続ける香港マフィアのボス、ス・ドンポ(イ・ビョンホン)もまた、シタオを捜していた。香港マフィアと警察の抗争や壮絶な逃走劇に巻き込まれながら捜索を続けたクラインは、遂にシタオと対面。しかし、そこで彼が見たのは、全身に致命的な傷を負い、身動きすら取れないシタオの姿だった。そのとき、シタオの痛みを代弁するかのように、雨が降り始める……。


スタッフ
  • 監督: トラン・アン・ユン
  • 音楽: レディオヘッド / グスターボ・サンタオラヤ
  • 製作: フェルナンド・サリシン / ジャン・カゼ
  • 製作総指揮: ジャン=ピエール・マノワ

キャスト
  • ジョシュ・ハートネット
  • 木村拓哉
  • イ・ビョンホン
  • トラン・ヌー・イェン・ケー
  • ショーン・ユー
  • イライアス・コティーズ

関連リンク


主な上映劇場
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

 HEROなどで映画俳優としても活躍する木村拓哉が、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネット、韓国の大スター、イ・ビョンホンと共演したサスペンス超大作。キムタク演じる他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける特殊能力を持つ男をめぐり、香港マフィアも巻き込む壮絶な逃走劇がアメリカ、フィリピン、香港をまたぐ壮大なスケールで展開する。監督は、『青いパパイヤの香り』夏至のトラン・アン・ユン。製作にはバベルの製作陣があたり、音楽をレディオヘッドが担当している。 ...

[映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』を観た]

☆<ワーナーマイカル・日の出>で、『スラムドッグ・ミリオネア』と『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』が1000円でリバイバル上映されている。  私は、後者は未見だったので、いそいそと行く。  昨夜の最後の回で、客は、私と、どこぞのお姉さん二人だけだった^^;    ◇  未見だったのには理由があり、他のブロガーの評判がすこぶる悪かったからだ。  でも、私には非常に面白かった。  このような観念的と言うか、イマージュ重視の作品ばかりだけの映画界ならば厭だが、30作品に1作ぐらいならばいいものだ。 ...

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン/ジョシュ・ハートネット

先日シネコンのロビーにて年配の女性二人組がこの映画のポスターを前にしてこんな事を会話されてました。 「どうしてビョンホンの名前が3番目なのかしら???」 「ねぇ、まったく、やーねーもう(怒)」 ・・・ウケた(笑) ファン心理としては気持ちはよくわかります....

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン/I Come With The Rain

またしても、レビューを書くのが遅くなってしまったけど^^; 先週の土曜日のレイトショーで、「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン 」を鑑賞。 別にイケメンに興味があるわけじゃないけど、キムタクは好きだから^^

「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」劇場鑑賞

「群青」に引き続き、新宿武蔵野館でインターバル20分、2本目は「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」を観ましたこれは、きっと賛否両論が分かれる映画でしょうねギャガはまたやっちゃったかもしれませんねまあ、キムタクとイ・ビョンホンのおかげで、そこそこの興行成績...

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

苦痛ゆえの美しさ・・・

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン [映画]

原題:I COME WITH THE RAIN公開:2009/06/06製作国:フランスPG-12上映時間:114分鑑賞日:2009/06/07監督:トラン・アン・ユン出演:ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、トラン・ヌー・イェン・ケー、ショーン・ユー、イライアス・コティーズ男たちの運命....

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける能力を持った男を巡って、元刑事の 探偵や香港マフィアを巻きこんで起こるサスペンス。ある大企業の創業者から失踪した息子シタオを捜索する依頼を受けた元刑事 の私立探偵のクライン。早速シタオがいたと思われるフィリピンのミンダ..

『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』

□作品オフィシャルサイト 「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」□監督・脚本 トラン・アン・ユン □キャスト ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、トラン・ヌー・イェン・ケー、ショーン・ユー、イライアス・コティーズ ■鑑賞日 6月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 特に観たいと思っていたわけではないが、ジョシュ・ハートネット、イ・ビョンホン、木村拓哉とくればかみさんが観たいと言わないわけがない(笑) 他人の痛みを身代わりとなって引き受け...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ