忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジェニファーズ・ボディジェニファーズ・ボディ
スタッフ 監督: カリン・クサマ
キャスト ミーガン・フォックス アマンダ・セイフライド ジョニー・シモンズ J・K・シモンズ エイミー・セダリス アダム・ブロディ
発売日: 2010-10-08


予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
ジェニファーズ・ボディ

解説
小悪魔のような女子高生に隠された衝撃の真実を描くサスペンス・ホラー。脚本・製作総指揮は「JUNO/ジュノ」でアカデミー賞脚本賞受賞のディアブロ・コディ。監督は「イーオン・フラックス」のカリン・クサマ。出演は、「トランスフォーマー」のミーガン・フォックス、「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド...続きを読む

ジェニファーズ・ボディ ジェニファーズ・ボディ ジェニファーズ・ボディ

ストーリー
アメリカ中西部の田舎町、デヴィルズ・ケトルの高校に通う2人の少女、学校一の美女で自信家のジェニファー・チェック(ミーガン・フォックス)と内気で地味なアニータ・“ニーディ”・レスニキ(アマンダ・セイフライド)は幼馴染だった。ニーディはいつもわがままなジェニファーの言いなりだったが、チップ(ジョニー・シモンズ)という彼氏もいて、それなりに満たされた高校生活を送っていた。ある夜、ジェニファーとニーディは、インディ・バンド“ローショルダー”のライヴを観に、地元のバーに出かける。会場に着くと、ジェニファーはお目当てのイケメンボーカル、ニコライ(アダム・ブロディ)に... アメリカ中西部の田舎町、デヴィルズ・ケトルの高校に通う2人の少女、学校一の美女で自信家のジェニファー・チェック(ミーガン・フォックス)と内気で地味なアニータ・“ニーディ”・レスニキ(アマンダ・セイフライド)は幼馴染だった。ニーディはいつもわがままなジェニファーの言いなりだったが、チップ(ジョニー・シモンズ)という彼氏もいて、それなりに満たされた高校生活を送っていた。ある夜、ジェニファーとニーディは、インディ・バンド“ローショルダー”のライヴを観に、地元のバーに出かける。会場に着くと、ジェニファーはお目当てのイケメンボーカル、ニコライ(アダム・ブロディ)にアプローチを始める。そんなジェニファーに呆れたニーディは態度を改めるようジェニファーを説得するが、軽くあしらわれる。ローショルダーのパフォーマンス中、バーで火事が起こる。2人は何とか脱出するが、ジェニファーはショックで放心状態に陥る。同じく難を逃れたニコライがジェニファーを巧妙に誘い、バンドの車に乗せて行ってしまう。ニーディは慌てて家に帰り、チップに助けを求める。そのころ車中では、男たちに乱暴されるのではないかと不安にさいなまれたジェニファーが、必死に抵抗していた。しかしニコライたちの目的は、それ以上のものだった。バーの火災以降、この町で、若い男の子が無残な死体となって発見される凄絶な事件が相次ぐようになる。それには、日に日に美しさに磨きがかかるジェニファーの秘密が関係していることを、ニーディは知っていた。そしてその魔の手がチップにも伸びていることに気づいたニーディは、町の人々を救うために立ち上がる...続きを読む

スタッフ
  • 監督: カリン・クサマ
  • 製作: メイソン・ノヴィック / ダニエル・ダビッキ / ジェイソン・ライトマン
  • 製作総指揮・脚本: ディアブロ・コディ
  • 撮影: M・デヴィッド・ミューレン
  • 音楽: セオドア・シャピロ / スティーヴン・バートン

キャスト
  • ミーガン・フォックス
  • アマンダ・セイフライド
  • ジョニー・シモンズ
  • J・K・シモンズ
  • エイミー・セダリス
  • アダム・ブロディ

DVD情報

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

彼女の美しさには秘密がある

本来の怖さを追求したホラーを期待すると
少し違うかもしれませんが、
ディアブロ・コディの脚本ならではの
ユニークなガーリー青春譚となっています。

やはりセリフのやりとりが楽しい。

そこにスプラッター・ホラー的な体験を
要素として盛り込んだ感じ。

男好きするミーガン・フォックスが
“悪”で“ビッチ”に徹し、
それに普通の女の子が立ち向かう
(だけではすまないケド)構図なので
女子には共感できるんじゃない?

僕はGAYなので、女の子に対し
ちょっと意地悪な視点で見ると
結構楽しめました。

普通の女の子の方のSEXはリアルでキュートに
描かれていますが、
ミーガンはそんなにエロくはありません。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ジェニファーズ・ボディ

「JUNO/ジュノ」でアカデミー脚本賞に輝いたハリウッドの新星 ディアブロ・コディが受賞後第1作として書き上げた注目の脚本を、 「トランスフォーマー」シリーズのセクシー女優ミーガン・フォックスと 「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド主演で映画化し…

ジェニファーズ・ボディ

7月21日(水)@一ツ橋ホールで鑑賞。 もともとあまり観る気のなかったこの映画。 ザ・ロードをシャンテで観たとき予告編の一発目がこれだった。 ジェニファーがライターで舌をあぶるシーンが強烈に印象に残った。 ホラー傾向の作品であることも知らなかったのだ。 改めて一念発起、某サイトに応募してめでたく試写状をゲットした。

ジェニファーズ・ボディ

ジェニファーズ・ボディ (完全版) [DVD]才人ディアブロ・コディの脚本と聞いて大いに期待したが、蓋を開けてみればトホホの出来ばえで、脱力した。とある田舎町に住む、学園一の美女ジェニファーと内気で地味なニーディは幼馴染。正反対の2人はなぜか親友だが、ニーディは...

ジェニファーズ・ボディ (Jennifer's Body)

監督 カリン・クサマ 主演 ミーガン・フォックス 2009年 アメリカ映画 108分 ホラー 採点★★ 子供の喧嘩って往々にして煮詰まってくると「絶交だっ!」で幕を閉じますが、そんな喧嘩如きで絶交する事なんて滅多にないんですよねぇ。「ゴメンなぁ」もなく、いつの…
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ