忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

369のメトシエラ -奇跡の扉-369のメトシエラ -奇跡の扉-
区役所の区民課に勤める武田俊介は、一つの町に定住せず引っ越しを繰り返している。友人はおらず、行き倒れていたところを救った若い男がただ一人の友人だった。その日、古いアパートに引っ越した俊介の耳に、隣室からふしぎな唄が聞こえ始める...

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
心を閉ざして生きてきた若者が、隣室に住む謎の老婆と出会ったことで大きく人生が変わっていくヒューマンドラマ。監督は、本作が長編デビューとなる小林克人・健二兄弟。出演は、歌手としても活躍中の大垣知哉、「忍ぶ川」の阿部百合子、「秋深き」の別府あゆみ、「肉食系女子。」の日和佑貴、「不撓不屈」の中野誠也など...続きを読む

ストーリー
区役所の区民課に勤める武田俊介(大垣知哉)は、若い男・吉村俊樹(日和佑貴)から付きまとわれているが、まったく関心を持っていない。男だけでなく、役所に届けられた捨て子を前にしても一片の同情も示さず、アパートの隣室に住んでいる人間さえ知らなかった。俊介は人とまったく関わりを持たず、“ひとりで生きる”人間だった。俊樹は俊介のそんな生き方に惹かれていたが、曖昧な二人の関係は、ある夜、隣室から漏れ聞こえてきた唄によって狂い始める。どこか寂しく物悲しいその唄は俊介の神経を逆なで、耐えきれず隣の369号室のドアを叩くと、老婆・セツ(阿部百合子)がひとり住んでいた。セツ... 区役所の区民課に勤める武田俊介(大垣知哉)は、若い男・吉村俊樹(日和佑貴)から付きまとわれているが、まったく関心を持っていない。男だけでなく、役所に届けられた捨て子を前にしても一片の同情も示さず、アパートの隣室に住んでいる人間さえ知らなかった。俊介は人とまったく関わりを持たず、“ひとりで生きる”人間だった。俊樹は俊介のそんな生き方に惹かれていたが、曖昧な二人の関係は、ある夜、隣室から漏れ聞こえてきた唄によって狂い始める。どこか寂しく物悲しいその唄は俊介の神経を逆なで、耐えきれず隣の369号室のドアを叩くと、老婆・セツ(阿部百合子)がひとり住んでいた。セツは俊介に「自分は 400年の長きを生き、唄に惹かれる人間を待っていた。そして、その人間が現れたとき、自分はその人に添い遂げる」と告げる。孤独な魂を持つ人間の心にこの唄は響く、とセツは詰め寄るが、俊介は取り合わない。だが毎夜止むことなく聞こえてくる唄に、やがて俊樹の様子がおかしくなっていく。互いに踏み入れることなく成り立っていた二人の関係は微妙に揺れ始め、遂に俊介はセツの正体を探り始める。ところがどこを調べても、セツには住民票もなければ戸籍、納税記録など一切の公的記録がなかった。存在しないはずの人間、謎めいた唄をひとり唄い続けるセツは、本当に400年を生きる“メトシエラ(長寿族)”なのか……。行き場のない若者、誰も知らない捨て子、そして存在しないはずの老婆。大都会の隙間で生きる見えない人々との出会いが俊介のすべてを一転させ、やがて彼の中にかつてなかった感情が芽生え始める...続きを読む

【公開日】 2011年1月29日
【英題】 THE NEIGHBOR
【製作年】 2009年
【製作国】 日本
【上映時間】 105分
【配給】 株式会社JungleWalk
【監督・脚本・編集】 小林克人 / 小林健二
【撮影】 黒石信淵
【美術】 小林稔
【音楽】 あおい吉勇
【出演】 大垣知哉 阿部百合子 日和佑貴 別府あゆみ 矢内龍之介 河野正明 神山寛 中野誠也

Amazonオンラインストア
amazon.co.jp

ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

369のメトシエラ -奇跡の扉-

監督を務めた小林兄弟はこれが長編初作品。テレビディレクターの兄・克人と俳優座出身の弟・健二の2人で立ち上げた映画制作会社の初作品でもある。主人公はアパートの隣の部屋に住む謎の老婆と出会い、徐々に閉ざしていた心の扉が開かれてゆく。主演の区役所職員を大垣知哉、謎の老婆を阿部百合子が演じている。派手さはないキャスティングだが、実力ある演技が見るものを惹き付ける。

『369のメトシエラ』をユーロスペース2で観て、ちゃんとできてるけど寝ちゃったよふじき☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆ちゃんとできてるよ】    えーと、まあ、すまんと思うのは 前日までの疲労に負けて久々に前半、舟を漕いでしまった。 映画のせいではないと思う。 さ ...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ