忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

釣りバカ日誌20 ファイナル

登場人物 (キャスト)
西田敏行浜崎 伝助(はまさき でんすけ)
主人公。通称「ハマちゃん(漫画では『浜崎(はま)ちゃん』とルビがふってある)」。釣りバカである。元々は釣りには興味は無かったが、上司の佐々木と行った海釣りで、釣りの面白さに目覚める。「浜崎」の正しい読み方は「ハマサキ」であるが上司の佐々木には「ハマザキ」と呼ばれている。会社では万年ヒラであるが、課長代理と社長秘書を務めたことがある。無能な趣味に生きるグータラ社員というわけではなく、キーマンと直接交渉したり、反目しあっている両人を交渉のテーブルにつかせたり(といっても釣り勝負だったりするが)するなどして膠着状態を打破し、折衝・調整能力が高く会社業務に関わることで大活躍をしている(稲川曰く、ラッキーカードと言わしめたことがある)が、本人の昇進したくないという意思により、他の社員に花を持たせたり(佐々木の怒涛とも言える昇進は、彼の功績でもあったりする)、功績を隠したりするので、ヒラのままである。それ故に、ヒラながら後述の土井や稲川の日本のVIPのみならず、アメリカ合衆国大統領の特別顧問等の要人とも知り合いと言う役職からは考えられない超大物となっている。出身地は作者のやまさきと同じ宮崎県都城市。 なお、愛車は連載当初、かなりくたびれた状態の初代ホンダ・Zだったが、初代シビックを経てその後スプリンターカリブ、パジェロ、レガシィ、RAV4、フォレスターなどの人気SUV車を乗り継いでいる。

浅田美代子 浜崎 みち子(はまさき みちこ)
ハマちゃんの妻。大手銀行マンとの縁談があったにもかかわらず、ハマちゃんを選んだ。そのことで実父とは対立しがち(ハマちゃんはこの実父に苦手意識を持っている)。ハマちゃんの釣り趣味による出費のため家計をやりくりするのに四苦八苦しているが、夫婦仲はほぼ常時円満そのもので、就寝時は毎度合体の文字が出る。しかし、怒ると非常に怖い所がある。

浜崎 鯉太郎(はまさき こいたろう)
ハマちゃんの息子。名前の由来は、鯉太郎の出産時にハマちゃんが自宅付近の池で鯉を釣り上げたことから。

三國連太郎 鈴木 一之助(すずき いちのすけ)
通称「スーさん」。ハマちゃんと会社で偶然知り合い、ハマちゃんの釣りの弟子になった。その後ハマちゃんの勤める中堅ゼネコン(資本金50億と言っていた)鈴木建設の社長であることが明らかになったが(厳密には、ハマちゃんが鈴木建設に何年も勤めていながら社長がスーさんだったと言うことを全然把握していなかった。社長と分かる前は、スーさんのことを鈴木建設を定年退職した後の同社の嘱託社員(通称『上の階』)だと思っていたので、その前後でハマちゃんの態度がまったく変わらなかった。そのためにスーさんは驚くとともに改めて感心したようである。ただし、労使の関係という間柄からたびたび対立することもあり、一度破局寸前にまでなったこともある。ハマちゃんとのプライベートの付き合いを大事にしたいあまり、昇進リストに×を付け、ハマちゃんをヒラ社員のままにしたことがあり、このことで一時期ハマちゃんは『×(ペケ)社員』と一部で呼ばれてしまった。工学博士。諏訪中(現・諏訪清陵高)出身で、みち子の実父と同窓。

谷啓 佐々木 和男(ささき かずお)
ハマちゃんの万年上司。ハマちゃんに釣りを教えた張本人。左遷されては昇進して戻ってくるので、ハーレー佐々木の異名を持つ。連載開始当時は直属の上司(営業三課課長)であったが、子会社の社長になったり、鈴木建設の社長代行になったり(本当は別の人が代行する予定だったが、スーさんが自分の代理を言う際、「佐々木和男ではなく…」と完全に言おうとした時に倒れてしまい、「ではなく…」の部分が言えず、結局社長代行を務めることになった)、一時多胡・秋山と対峙したり、挙句の果てにはスーさんの頭をポカリと殴ってしまうことがあるなど紆余曲折を経て2008年10月現在は常務取締役である。昇進して個室の執務室が用意されるような地位についても、仕事や人事の都合で、大部屋でハマちゃんと机を並べて仕事をしたり、二人一緒に出向・出張してプロジェクトにあたることが多く、現在もハマちゃんとは直属の上司部下のような関係である。ハマちゃんと鈴木社長の関係を知らず、ハマちゃんを単なるグータラ社員、スーさんをクソジジィ呼ばわりしている。この人の昇進には少なからずハマちゃんが貢献していて、むしろ代わりに出世しているともいえるが本人はまったく知らない。

多胡 賢一郎(たご けんいちろう)
鈴木建設の専務。鈴木一之助の甥に当たる人物で、子供に恵まれなかった一之助が特に目をかけていることもあり、鈴木建設の次期社長と目されている。元々外交官になると思われていたところ、鈴建に招聘された(とは言っても、不快な入社テストをさせられた模様)。ハマちゃんとスーさんの仲を知る数少ない人物の1人。浜崎夫妻の協力により結婚を果たしたこともあり、伝助には恩義を感じている。

秋山 哲夫(あきやま てつお)
鈴木建設の古株で、現在副社長。現場でたたき上げてきた人物。多胡ほどではないが次期社長の目もあるのではないかと目されている。基本は穏健派だが、部長昇進時にライバルにたいして謀略ともとれる手段を使ったことがある。

中森常務(なかもり)
鈴木建設常務取締役。普段は苦虫噛み潰しの介と呼ばれるほど笑わない人物である。佐々木とはライバル関係であり、以前カモメスクール立ち上げに成功した佐々木の常務への昇進をダメにしたことも(言葉遣いのアドバイスでワナにはめた)ある。地獄耳であり、鈴建社内の裏情報を逸早く察知していたりもする。また、一時期秋山と権力争いをしていた時期があり、佐々木がスーさんの頭を殴った事件では本当にその辺を意識していた節が見られる。

朝本 一郎(あさもと いちろう)
札幌から本社の営業三課課長に復帰したハマちゃんの上司。大の釣りバカで、鮎釣りのために休日出勤命令も、法事と嘘をついて休んだことを釣りをしていた場面で、社長のスーさんと出くわし、その日のうちに北海道へ左遷されてしまう。その時釣竿を全部折り、釣りをやめていたが、三課長に復帰してきて、ハマちゃんの釣りバカぶりに押し流され、釣りに同行した挙句、会社の部課長会議の司会をサボると言う重大事を起こす。その責任をとって自ら(平)に降格したり、ハマちゃんとスーさんの釣りに同行し、スーさんが自分の会社の社長と分かり、ハマちゃんとスーさんの関係を知ってしまったり、何かと騒動に巻き込まれている人物であるが、結果的にはスーさんに期待されていることを知り、海外事業部長に昇進をする。現在は営業部長をしている。

土井 光三(どい こうぞう)
スーさんと永年の友人で、鈴木建設のメインバンクである丸菱銀行の頭取。釣行中ダムの放水に気付かず川で孤立してしまった所をハマちゃんの機転により助けられたことをきっかけに、ハマちゃんと知り合いになり、ハマちゃんを釣りの師匠と呼んでいる。よく鈴木と呑み、下ネタを言う事が多い。

稲川 春男(いながわ はるお)
スーさんと永年の友人で、日本電々総裁。ハマちゃんからはイネさんと呼ばれている。土井と同じく、釣行中の一件でハマちゃんと知り合い、ハマちゃんを釣りの師匠と呼んでいる。鈴建から土井と共にハマちゃんをヘッドハンティングを狙っている。また、彼が総裁を務めている日本電々は、鈴建と慣習上の繋がりがある(邦栄建設に落とされた際に、稲川がスーさんに「ハマちゃんと言うラッキーカードを手放してからツキが無い」とアドバイスしている面もある)。

宗 優介
(そう ゆうすけ)
営業三課所属。東大卒のインテリ気質なエリート新入社員で、当初はハマちゃんを疎ましがっていたが次第に打ち解け、ピリピリしていた性格も砕けて現在ではハマちゃんと意気投合。同課の久美子にプロポーズし相思相愛に。

江夏 金造(えなつ きんぞう)
営業一課に異勤となったハマちゃんと時同じくして、九州支社より本社営業一課に赴任してきた青年。非常にお調子者でハマちゃんといいコンビネーション(×(ペケ)コンビ)ぶりを見せる。佐々木曰く「(ハマちゃんに)輪をかけたバカだ」。現在は三課内においてもコンビ継続中。

釣りバカ日誌20 ファイナル一流企業・鈴木建設の経営者として、時代の現実に直面し悩むスーさんこと鈴木一之助。一方、現実とは全く無縁で、趣味の釣りと家庭をこよなく愛する万年ヒラ社員・ハマちゃんこと浜崎伝助。この両極の二人が織り成す物語は、時代と共に歩みながら、色褪せることのないその面白さで愛され、日本映画を代表する長寿シリーズとなった。その記念すべきファイナルの舞台は、シリーズ初となる北海道!中標津町、厚岸町など道東の豊かな大自然の中で、ハマちゃん&スーさんのゴールデンコンビが大活躍する。

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
不況の波は一流ゼネコン・鈴木建設にも押し寄せていた。近年の業績悪化で、会長の一之助は、業績が回復するまで無期限で給料を全額返還すると申し出て、役員たちを驚かせる。その噂を聞き、常にマイペースの伝助も一之助のために一肌脱ごうと奮起し、得意の釣り人脈から思いがけない大型受注に見事成功する。厳しい経営状況の中で飛び込んできた明るいニュース。しかもそれが伝助の功績と知り、一之助は密かに喜んだ。会長賞をもらった伝助は、一之助のいきつけの小料理屋に招待され、一之助の亡き親友の娘だという美人女将・葉子を紹介される。会長賞のご褒美として釣り休暇をもらった伝助は、一之助と共に葉子の娘・裕美が獣医として働く北海道へ。道東の雄大な自然の中、渓流釣りを楽しむが、旅館に戻ると、葉子から思いがけない相談を持ちかけられる…。

スタッフ
  • 監督・脚本: 朝原雄三
  • 原作: やまさき十三 / 北見けんいち
  • 脚本: 山田洋次

キャスト
  • 西田敏行
  • 浅田美代子
  • 吹石一恵
  • 塚本高史
  • 松坂慶子
  • 三國連太郎

関連リンク

主な上映劇場
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

釣りバカ日誌 登場人物紹介

登場人物 (キャスト) 浜崎 伝助(はまさき でんすけ) 主人公。通称「ハマちゃん(漫画では『浜崎(はま)ちゃん』とルビがふってある)」。釣りバカである。元々は釣りには興味は無かったが、上司の佐々木と行った海釣りで、釣りの面白さに目覚める。「浜崎」の正しい読み方は「ハマサキ」であるが上司の佐々木には「ハマザキ」と呼ばれている。会社では万年ヒラであるが、課長代理と社長秘書を務めたことがある。無能な趣味に生きるグータラ社員というわけではなく、キーマンと直接交渉したり、反目しあっている...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ