忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

渇き代表作『オールド・ボーイ』を含む「復讐3部作」などで世界中にその名を轟かせ、韓国映画界を牽引するパク・チャヌクが新たに放つ『渇き』は、実に10年越しという念願の企画を実現させた入魂作である。2009年カンヌ国際映画祭コンペティション部門での上映の際には、会場に居合わせたすべての観客を驚嘆させ、審査員賞を受賞。並外れた独創性を秘めた鬼才が、このうえなくセンセーショナルな新境地に踏み出した。
神父と人妻が堕ちていく〈血〉と〈官能〉に彩られた罪深き愛の物語 バンパイアは言わずと知れたヨーロッパ生まれの架空の魔物であり、数多くの小説や映画のモチーフになってきたが、パク・チャヌク監督が創造したバンパイアは、恐怖やファンタジーに重点が置かれがちなこのジャンルの枠を超越したテーマを探求している。
こともあろうにカトリックの神父が吸血鬼になってしまう意表を突いた導入部に続いて描かれるのは、抑圧された人生を送ってきた薄幸の人妻との禁断のラブ・ストーリーである。パク監督が、脚本を執筆するうえでインスパイアされたのは、フランスの文豪エミール・ゾラの「テレーズ・ラカン」。犯罪に手を染めた女の転落人生を描いたこの小説を、バンパイア神父の破滅的な愛の物語へと換骨奪胎したアイデアは特筆ものである。
韓国屈指の名優と新たなミューズが魅せる 男の切なさ、そして女の魔性のミステリー 異色の主人公サンヒョンを演じるのは、近作『グッド・バッド・ウィアード』での軽やかな暴れっぷりも記憶に新しいソン・ガンホ。パク監督のオファーに応え、体重を10キロ減量し見事に演じきった。バンパイアという超人めいたキャラクターに人間の弱さや切なさを吹き込んだ情緒豊かな演技は、韓国きっての実力派俳優ならではの離れ業といえよう。
カン・ヘジョン、イ・ヨンエを凌ぐほどのインパクトを放つテジュ役のキム・オクビンは、この映画最大の発見といっても差し支えない。女神と魔女を思わせるふたつの貌を持つヒロインに扮し、ソン・ガンホとの大胆露出も辞さないセックス・シーンをこなし、劇中でみるみる輝きを獲得していくその変わりようは、まさに新たなスター女優の誕生を予感させる。シッチェス・カタロニア国際映画祭では主演女優賞に輝いた。
そしてシン・ハギュンが、カメレオン俳優の面目躍如たる存在感でガンウ役を怪演。その母親であるラ夫人を演じるのは、ベテラン女優キム・ヘスクである。

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
ストーリー
謹厳実直なカトリックの神父サンヒョンは、病院で重病患者たちを看取ることに疲れ果て、自らの祈りが届かぬ現実に無力感を募らせていた。ただ人助けをしたいと願うサンヒョンは、アフリカの荒野にぽつんとたたずむ研究所を訪れる。この施設では人を死に至らしめる謎のウイルスに対するワクチンの極秘開発が進められていた。その実験に身を投じたサンヒョンは間もなく発病するのだが、正体不明の血液を輸血されて奇跡的な復活を果たす。
そんなある日、幼なじみのガンウと久しぶりに再会し、これをきっかけに彼らの家に出入りするようになったサンヒョンは、ガンウの妻テジュとめぐり合う。テジュはいかにも地味で無愛想な女だったが、あどけなさの中に不思議な色気をのぞかせ、自らを厳しく律するサンヒョンの心をかき乱していく。
聴覚や嗅覚が研ぎすまされ、太陽光を浴びられない体になったサンヒョンは、何と研究所での輸血の影響でバンパイアに変貌してしまう。サンヒョンには驚異的な治癒能力や、建物の屋根から屋根へと自在に移動できる跳躍力も備わっていた。
いつしかお互いを強く意識するようになったサンヒョンとテジュは、ある夜、ラ婦人の店の片隅で唇を貪るように求め合う。歪んだ日常に抑圧されてきたテジュも、猛烈なまでにサンヒョンに惹かれていた。
はや人の道を踏み外したふたりの行く手には、 知る由もない数奇な運命が待ち受けていた・・・。

スタッフ
  • 監督・脚本・プロデューサー: パク・チャヌク
  • 脚本: チョン・ソギョン

キャスト
  • ソン・ガンホ
  • キム・オクビン
  • キム・ヘスク シン・ハギュン
  • パク・インファン

DVD情報

関連リンク

主な上映劇場
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

渇き / BAK-JWI / THIRST

{/hikari_pink/}{/heartss_pink/}ランキングクリックしてね{/heartss_pink/}{/hikari_pink/} ←please click  ソン・ガンホ、フルヌード披露でヴァンパイアになる{/kaminari/}(10キロ減)しかも神父{/ee_3/} {/arrow_r/} いやいや、ガンさんは好きだけど、超楽しみだったワケはそっちじゃなく(そっちも大いに気になるけど) 代表作「オールド・ボーイ」{/fuki_suki/}(日本の漫画が原作)など、 「復...

渇き/박쥐

『オールドボーイ』のパク・チャンヌク監督の最新作。カンヌ国際映画祭では審査員賞を受賞している作品だ。人体実験でヴァンパイアになってしまった神父が人妻と禁断の恋に堕ち、欲望と信仰の狭間で悩み苦しむさまを描く。主演は『殺人の追憶』等で知られる韓国の名優ソン・ガンホ。共演にキム・オビン、キム・ヘスク。人間の本質を深くえぐった問題作だ。

『渇き』 破ったり離れたり

 【ネタバレ注意】  守・破・離(しゅはり)という言葉がある。  18世紀の茶人、川上不白が『不白筆記』(1794年)に書いたものである(しばしば...

渇き◆◇THIRST(2009)

 この愛、赦し給え──原題:박쥐 東宝シネマズ二条にて鑑賞。非常に濃い内容です。実は、バンパイアものとはまったく知らず。。。。。また最後の最後まで暗くて重たかった。そして何といっても生々しい。う〜んとにかく凄いわ〜〜。 ただちょっと引っ張りすぎのような感じもしました。いったん終わりそうな気がしたのですが。。。。まだまだ続きがありました。それからが結構長かったです。前に座っているご高齢の男性、途中で出て行きました。疲れたのかしら?かなり刺激強いから、ハードだったかもしれません...

「渇き」

                                     「渇き」 新宿武蔵野館にて。 監督・脚本パク・チャヌク ちょっとした話題を呼んでいるのと、主演女優さんが好みのタイプなので観にいって参りました。 ちょいとあらすじ・・。 主人公のサンヒョン神父(ソン・ガンホ)は、病院で重病の患者さんたちを看取ってきたが、そんな毎日に疲れ果て、無力感を募らせていた・・。 サンヒョンはそんな毎日にけりをつけ、アフリカにあるウィルスのワクチン研究所へ向かった。自らを実験材料として提供するためだ。 問...

映画 「渇き」を観てきました。

みんみんです。久しぶりの韓国映画、しかも自分の好きな映画・復讐3部作「オールドボーイ」、「親切なクムジャさん」のパクチャヌク監督の最新作とあって、早く名古屋でも上映が始まらないかと私も「渇き」を覚えてやきもきし、指折り数えていた。ネットインタビューを読むと、チャヌク監督自ら、今までの作品の中で一番良く撮れた作品だという。ストーリー(ネタばれ)は簡単に描くと、敬虔な神父があるウィルスに感染したところ、ヴァンパイアになってしまう。人間の血を吸わねば生きて行けないという原罪に「吸血の為の殺人だけはしない様に」ス...

映画「渇き (2009) 」神父がヴァンパイアになると韓国ではこうなる編

「渇き (2009) 」★★★ ソン・ガンホ、キム・オクビン、シン・ハギュン主演 パク・チャヌク監督、133分 、 2010年2月27日公開、2009,韓国,ファントム・フィルム (原題:박쥐/BAK-JWI/Thirst )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「謎のワクチン開発のため、人体実験に志願した 神父のサンヒョン(ソン・ガンホ)は、 輸血からヴァンパ...

『渇き』'09・韓

あらすじ謎のウィルス撲滅に身を捧げたことからヴァンパイアになってしまった神父サンヒョン。そんな彼が幼なじみの美人妻テジュと出会い・・・。感想カンヌ国際映画祭審査員賞『オ...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ