忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時をかける少女 今まで何度も映像化・映画化されてきた筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」を新たな視点で映画化した上質の青春映画。母の代わりに1970年代にタイム・リープした娘の切ない体験を丁寧に描写する。ヒロインを演じるのは、アニメーション版『時をかける少女』でも主人公の声を担当した仲里依紗。その相手役の純朴な青年を『ROOKIES -卒業-』の中尾明慶が演じている。今も昔も変わらない人を思う気持ちにじんわりと胸が熱くなる。
劇場案内

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
2010年。高校3年生の芳山あかり(仲里依紗)は、母・和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に合格する。そんなある日、和子が交通事故に遭い、意識不明の昏睡状態に陥ってしまう。あかりが病院を訪れると、和子は一瞬意識を取り戻すが、1972年に戻って和子の初恋の人・深町一夫(石丸幹二)との約束を果たすのだと繰り返すばかりであった。そんな母の言葉にあかりは為すすべがなかったが、ある時ひょんなことから、タイム・リープの能力を身につける。母の想いを継ぐために、あかりは1972年へとタイム・リープを試みるが、何を間違えたか1974年に来てしまう。そこで出会...

スタッフ
  • 監督: 谷口正晃
  • 原作: 筒井康隆
  • 脚本: 菅野友恵
  • エグゼクティブプロデューサー: 夏目公一朗 / 一志順夫 / 安部次郎 / 甲斐直樹 / 武政克彦 / 阿部巌 / 大宮敏靖
  • 企画プロデューサー: 植田益朗 / 越智武 / 村山達哉
  • アソシエイトプロデューサー: 鈴木信隆 / 石川恵子
  • プロデューサー: 藤本昌隆 / 松岡周作
  • 音楽監督: 村山達哉
  • 撮影: 上野彰吾
  • 照明: 赤津淳一
  • VFXスーパーバイザー: 小坂一順
  • ヘアメイク: 横瀬由美
  • 録音: 小川武
  • 編集: 宮島竜治
  • 助監督: 久万真路

キャスト
  • 仲里依紗
  • 中尾明慶
  • 安田成美
  • 青木崇高
  • 石橋杏奈
  • 千代将太
  • 柄本時生
  • キタキマユ
  • 田島ゆみか
  • 松下優也
  • 加藤康起
  • 勝村政信
  • 石丸幹二

DVD情報

関連リンク

主な上映劇場
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

時をかける少女

時代と世代を超えて、多くの人々を魅了してきた「時をかける少女」。原作者・筒井康隆氏自らの「ダイナミックに過去へ時をかけてみれば?」というアイデアと、「原作発表当時の感動...

[映画『時をかける少女』を観た]

☆私にとっての『時をかける少女』は、原田知代なのだが、  この作品、リメイクではなく、これまでの繰り返されて作られた作品の続編体裁となっている。  で、主演の美少女・仲里依紗の個性ともども、少なくとも私のイメージとはかけ離れた「時をかける少女」が展開された。  そして、それは悪くなかった。  かつての、<時をかける少女>・芳山和子の時代にタイムリープを仕掛けた娘アカリは、ちょっとした間違いで、かつての舞台の二年後に飛んでしまう。  この設定には、かなり感心した。  先は読めないし、これまでの「...

[映画『時をかける少女』を観た]

☆私にとっての『時をかける少女』は、原田知代なのだが、  この作品、リメイクではなく、これまでの繰り返されて作られた作品の続編体裁となっている。  で、主演の美少女・仲里依紗の個性ともども、少なくとも私のイメージとはかけ離れた「時をかける少女」が展開された。  そして、それは悪くなかった。  かつての、<時をかける少女>・芳山和子の時代にタイムリープを仕掛けた娘アカリは、ちょっとした間違いで、かつての舞台の二年後に飛んでしまう。  この設定には、かなり感心した。  先は読めないし、これまでの「...

時をかける少女

筒井康隆の名作SF小説で過去に何度も映像化されてきた『時をかける 少女』をアニメ版『時をかける少女』でヒロイン紺野真琴の声を担当した 仲里依紗を主演に迎えて新たな観点で実写化した青春ファンタジー。 今回は、原作の主人公・芳山和子の娘・芳山あかりが母の代わり..

映画「時をかける少女(2010」桜並木を遠ざかる後ろ姿に涙

「時をかける少女 (2010」★★★☆ 仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高 主演 谷口正晃監督、122分 、 2010年3月13日公開、2010,日本,スタイルジャム (原題:時をかける少女 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「見るつもりはなかったが、 今月末で閉館するピカデリー1の大画面で 出来るだけ多く見たいと劇場へ。 大学進学を控えた芳山あかり(仲里依紗)は、 入院中の母・和...

『時をかける少女』

  □作品オフィシャルサイト 「時をかける少女」□監督 谷口正晃□脚本 菅野友恵 □原作 筒井康隆 □キャスト 仲 里依紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信、石丸幹二■鑑賞日 3月13日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> オリジナルのほうはほぼ内容を忘れてしまいましたが、原田知世チャンが新鮮だったことは覚えています 所謂角川映画全盛の頃ですかね(笑) 今や薬師丸ひろ子あたりもオバチャン役が多くなりましたしねぇ いつも一緒に映画を観るかみさんと二...

時をかける少女

あなたに、会いにいく。 記憶は消えても、 この想いは消えない。 上映時間 122分 原作 筒井康隆 脚本 菅野友恵 監督 谷口正晃 出演 仲里依紗/中尾明慶/石丸幹二/青木崇高/石橋杏奈/千代将太/柄本時生/キタキマユ/勝村政信/安田成美 筒井康隆の名作SFを実写映画化した青春ファンタジー。 今度は母・芳山和子に願いを託されたヒロインが70年代にタイム・リープする。 {/book_mov/}大学進学を控えた芳山あかり(仲里依紗)は、入院中の母・和子(安田成美)に代わって1970年代にタイム・リープ...

時をかける少女 (仲里依紗さん)

◆仲里依紗さん(のつもり) 仲里依紗さんは、筒井康隆原作の小説『時をかける少女』の続編的な位置づけで映画化された同名映画に芳山あかり 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想

占いで分析する #fortune もしも「仲里依紗」さんが紺野真琴みたくなったら?!

仲里依紗、長崎凱旋舞台挨拶に祖母登場で感涙 http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1149226&media_id=15 実は、 まともに本でも映像でも「時をかける少女」って読んだことも見たこともなかったりします。 主人公の「紺野真琴」がタイムリープとか使えるようになる話しですよね?ね? 仲里依紗さんが紺野真琴みたくなったら?! 太陽=天秤座 月=双子座 水星=天秤座 金星=射手座 火星=天秤座 木星=蟹座 土星=山羊座 天王...

時をかける少女

<<ストーリー>>母娘二人暮らしのあかり(仲里依紗)は、母の和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に見事合格する。そん...

「時をかける少女」一挙上映!7時間耐久『時かけ映画祭』@新宿ピカデリー

3/13の「時かけ」公開を前に、1983年原田知世版「時をかける少女」、2006年細田守アニメ版「時をかける少女」、2010年仲里依紗版「時をかける少女」の3本が一挙上映される「時かけ映画祭」が2/27に開催された15:30〜16:10 ゲストトーク16:15〜18:00 1983年版 『時をかけ....

【映画】時をかける少女(2010年)

▼動機 弓道!袴!仲里依紗! ▼感想 弓道?袴?仲里依紗! ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 母娘二人暮らしのあかり(仲里依紗)は、母の和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に見事合格する。そんな折り、突然母が交通事故に遭い、意識不明の昏睡状態に陥ってしまう。あかりが病院を訪ねると、一瞬意識を取り戻した母は、1972年に戻ってある人との約束を果たすのだとうわ言のように繰り返すばかり。 ▼コメント 原作小説は未読、原作映画版は未見、アニメ版視聴済み。 単純に...

[映画]時をかける少女

先日、映画「時をかける少女」を見てきました。「時をかける少女」は、1983年に原田知世が主演で公開された映画を発端として、その後、2006年にはアニメ映画も公開されました。今回の映画の主演は、2006年のアニメ映画で主人公の芳山あかりの声を担当した、仲里依紗が演じています。

時をかける少女

時をかけ 時を止めたい 刹那さや  06年のアニメ版 でもヒロインの声を務めた仲里依紗を主演に迎えての実写映画化。いやはや、この映画、時をかける少女ならぬ、時をかける映画ですなあ。あはは。ちっとも面白くないですね。  でも、映画はアニメ版 の時とはまた異な

「時をかける少女」

                                「時をかける少女」 新宿ピカデリーにて。 原作・筒井康隆 脚本・菅野友恵 監督・谷口正晃 色々用事があってなかなか観に行けなかった本作を、やっと観て参りました。 とっても素敵で、切なくて、本当にこの映画に出逢えてよかったです!って感じです(^^♪。 私はたまたまこの映画の「予告編」というやつを1回も観ていない状態で鑑賞したのがよかったのかもしれません。予備知識は、「今度のは芳山和子の娘が主人公らしい・・。で、仲里依紗が主演らしい・・。」...

時をかける少女(2010年公開)

「時をかける少女(細田守監督 )」がとても良かったので、 主人公の声をやっていた仲里依紗ちゃんが 主役と聞いてとても楽しみにしてました。 予告編も彼女の魅力たっぷりでした。 映画館もほぼ満席でしたね。 母娘二人暮らしの芳山あかりは、 母の和子が薬学者として研究

「時をかける少女」時代を超えて継承された母から娘への恋の物語

3月13日公開の映画「時をかける少女」を観賞した。 この映画は1983年に公開された 原田知世主演の映画「時をかける少女」の続編に当たる作品で、 芳山和子の娘あかりが1972年に出会った深町カズオに 伝えたいメッセージを託して過去へ向かうが、 そこは19....

時をかける少女 2010年仲里依紗版

80年代の角川映画2トップ女優、薬師丸ひろ子と原田知世。 私は基本原田知世派でしたが、薬師丸作品を見た後には薬師丸派にちょっとなったりする、色々移ろいやすい思春期でした・・・ 中学生の時に見た時をかける少女のリメイクが、これまた私の好きな「純喫茶磯辺」の仲里

時をかける少女(2010)

原作筒井康隆さんの小説をもとに現代風にアレンジした 作品、映画化第4弾 最近のところではアニメ版時をかける少女が有名。 そのアニ...

mini review 10496「時をかける少女」★★★★★☆☆☆☆☆

今まで何度も映像化・映画化されてきた筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」を新たな視点で映画化した上質の青春映画。母の代わりに1970年代にタイム・リープした娘の切ない体験を丁寧に描写...

mini review 10496「時をかける少女」★★★★★☆☆☆☆☆

今まで何度も映像化・映画化されてきた筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」を新たな視点で映画化した上質の青春映画。母の代わりに1970年代にタイム・リープした娘の切ない体験を丁寧に描写...

【映画】時をかける少女(2010)

<時をかける少女(2010) を観ました> 製作:2010年日本 ←クリックしてね♪ランキング参加中 筒井康隆の原作小説4度目の映画化。 主演はアニメ版「時をかける少女」でも主人公マコトの声を演じた、仲里依紗。 主題歌をいきものがかりが歌っているという事もあって、公開当時から興味がありました。 邦画って、ついつい見逃してしまうんだけど、DVDになったのも忘れていて…(苦笑)やっと借りてきました。 2010年、18歳の女子高生あかりは、事故で意識不明になった母親、和子の学生時代の友人、深町カズオに...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ