忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悲しいボーイフレンド [DVD] 突然現われた謎の少女によって、初恋の切ない気持ちを思い出す中年サラリーマンの姿を描くファンタジックなドラマ。繊細(せんさい)な演出力に定評がある『ブラブラバンバン』の草野陽花監督がメガホンを取り、誰もが心に持っている郷愁感をスクリーンに刻み付ける。製薬会社に勤める主人公の中年男を「相棒」シリーズの寺脇康文が悲哀感たっぷりに好演する。劇中でも重要な役割を担い、タイトルにもなった渡辺美里の同名曲が切なく耳に響く。



予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
東京の製薬会社に勤務する岩津(寺脇康文)は37歳の営業部課長。部下や上司の間に挟まれながら、日々の仕事に追われている。ある夜、岩津の携帯に少女の声で電話が入るが、酷く疲れていた岩津はその声を気に留めることもなく眠りについてしまった。数日後。今度は昼休みに岩津の携帯が鳴る。今日会えませんか、という先日と同じ声を訝しがる岩津であったが、すぐそばの歩道橋に電話の主の少女・香奈(寺島咲)がいるのを見つける。岩津が通っていた中学の制服を着た香奈は、岩津の年齢や、彼が独身であることまで知っていた。学校で岩津の載った昔の卒業アルバムを見て、西宮から来たのだという。香奈は岩津を旅行に誘うが、岩津はそんな香奈を相手にせず家に帰るよう諭す。しかし、岩津は香奈の仕組んだ強引な手段に引っかかり、流れのまま自分の故郷、神戸まで行くことになってしまうのだった。香奈は、岩津を彼が15歳まで過ごした西宮へと連れて行き、母校の中学校を訪ねる。香奈によって岩津の過去が次々と呼び覚まされ、岩津の記憶は古い8mm映画を見るように蘇ってくる。その中には、岩津が中学時代に付きあっていた昌子(上田結)の姿があった……。

悲しいボーイフレンド [DVD]

amazon.co.jp

スタッフ
  • 監督・脚本: 草野陽花
  • 脚本: 祢寝彩木
  • 撮影: 鈴木一博
  • 音楽: 村山達哉 / TOKYO GRAND ORCHESTRA

キャスト
  • 寺脇康文
  • 寺島咲
  • 清水くるみ
  • 上田結
  • 内山理名

関連リンク
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

悲しいボーイフレンド

突然現われた謎の少女によって、初恋の切ない気持ちを思い出す中年サラリーマンの姿を描くファンタジックなドラマ。繊細(せんさい)な演出力に定評がある『ブラブラバンバン』の草野陽花監督がメガホンを取り、誰もが心に持っている郷愁感をスクリーンに刻み付ける。製薬会社に勤める主人公の中年男を「相棒」シリーズの寺脇康文が悲哀感たっぷりに好演する。劇中でも重要な役割を担い、タイトルにもなった渡辺美里の同名曲が切なく耳に響く。...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ