忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

塔の上のラプンツェル 塔の上のラプンツェル
監督:ネイサン・グレノ/バイロン・ハワード
声の出演:マンディ・ムーア/ザッカリー・レヴィ/ドナ・マーフィ
内容:深い森に囲まれた、高い塔の上で暮らしてきたラプンツェルは、黄金に輝く長い髪を持った少女。母親に「外は恐ろしい世界。絶対に出てはダメ」と言われつづけ、塔から一歩も出たことがない。そんな彼女の夢は、毎年、誕生日になると夜空いっぱいに現れる“不思議な灯り”を近くまで見に行くことだった。ラプンツェルの18回目の誕生日が近づいてきたある日、お尋ね者の大泥棒フリンが塔の中に迷い込んで来て。

予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
第50作目となるディズニー・アニメ。18年もの間、外の世界を知らずに高い塔の上で暮らしてきた少女が、大泥棒との出会いをきっかけに未知なる世界へと旅立つ物語。「ボルト」のバイロン・ハワードと「ルイスと未来泥棒」の脚本を手掛けたネイサン・グレノが共同で監督。声の出演は「ライセンス・トゥ・ウェディング」のマンディ・ムーアなど...続きを読む

ストーリー
深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル(声:マンディ・ムーア)は、母親から「塔の外は“恐ろしい世界”だから決して出てはならない」と言われ続け、18年間一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間にも会ったことがない。しかし、好奇心旺盛なラプンツェルは、塔の外の世界を見たいといつも願っていた。黄金色に輝く驚くほど長い髪を持つ彼女は、その髪を自由自在に操り、ある時は高いものを取るロープ代わりに、またある時は母親が塔を上り下りするエレベーターとして使用していた。そんな彼女の楽しみは、毎年自分の誕生日に遠くの空に浮かぶ神秘的な“灯り”を見ること。その不思... 深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル(声:マンディ・ムーア)は、母親から「塔の外は“恐ろしい世界”だから決して出てはならない」と言われ続け、18年間一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間にも会ったことがない。しかし、好奇心旺盛なラプンツェルは、塔の外の世界を見たいといつも願っていた。黄金色に輝く驚くほど長い髪を持つ彼女は、その髪を自由自在に操り、ある時は高いものを取るロープ代わりに、またある時は母親が塔を上り下りするエレベーターとして使用していた。そんな彼女の楽しみは、毎年自分の誕生日に遠くの空に浮かぶ神秘的な“灯り”を見ること。その不思議な光に魅了されたラプンツェルは、成長するにつれ、その正体を確かめたい気持ちが高まっていった。18歳になる誕生日の前日、ラプンツェルはその思いを母親に伝えるが、いままで以上に厳しく険しい口調で塔の外に出ることを禁じられる。そんな時、お尋ね者の大泥棒フリン(ザカリー・レヴィ)が追手を逃れて塔に侵入、ラプンツェルは彼を“魔法の髪”を狙う悪人だと考え、長い髪を巧みに使って捕らえてしまう。そしてフリンが盗んだ王冠を取り上げ、交換条件として“灯り”の場所まで案内させることに……。初めて塔の外に出たラプンツェル。そこは、母が言うような恐ろしい世界ではなく、美しい自然にあふれ、街にはたくさんの人々が楽しそうに暮らしていた。フリンとふたりで旅を続け、いくつもの危機を乗り越えていくうちに、ラプンツェルの心に淡い恋が芽生えていく。だがその旅の先には、彼女自身の秘密を解き明かす、思いもよらぬ運命が待ち受けていた...続きを読む
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内 【公開日】 2011年3月12日
【英題】 TANGLED
【製作年】 2010年
【製作国】 アメリカ
【上映時間】 101分
【配給】 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
【監督】 バイロン・ハワード / ネイサン・グレノ
【製作】 ロイ・コンリ
【音楽】 アラン・メンケン
【作詞】 グレン・スレイター
【出演】 (声の出演) マンディ・ムーア ザカリー・リーヴァイ

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

塔の外の世界を見たい

外国のアニメは吹き替え版しかないことが多い近くのシネコンが、字幕版を上映していたので喜んで見に行きました。
 予告編を見て世界がどうにかなるといったスケールの大きな話かとも思ったのですが、もっとこじんまりとまとまったガールミーツボーイのお話でした。
 お姫様は塔の中に閉じこめられていても、掃除、料理、音楽、美術なんでもできます。それでももてあます時間があると読書しまくります。
 長い髪の毛を使ってターザンのように塔の中を飛びまわっているので、運動不足になることもないでしょう。
 私も休みの日は一日中家の中にいることもあるのですが、疲れてごろごろしているだけなので見習わないといけませんね。

 フライパンがお気に入りでいつも持って歩いている(よくそれで人のことをなぐる)ターザンのようなお姫様のお相手は、王子様ではなくてどろぼうでした。
 一見お調子者でかっこわるいけど実はかっこいいというキャラだと思っていたら、見た目はすごくかっこよくて女の子にもてまくりという設定でデザインされていたらしいですね。眼力がお姫様に通じないというネタもありましたが。

 犬のようなぶたのような凶暴な馬もかわいかった。
 お姫様となかよしの動物は、なぜカメレオンなのでしょうね。悪くないけど。
 主役二人が空に上る多くの光に囲まれるシーンは(3Dの効果が生かされていました)とてもきれいでした。とにかくきれいな場面を用意して、そこからお話をつくっていったりするのでしょうね。
 終盤王子様(じゃなくてどろぼう)が、自分の命と引き換えにお姫様を助けようとして取った行動を見た時には、やってくれたぜと思いました。
 その後の展開は、まあその、みんなそういう話が見たくて見に行っているのでしょうし。(私もです。)
 お姫様と魔女の微妙な心のやりとりをもう少し描いてほしかったような気もしますが、あまり「悪役」に肩入れするとエンタティメントとして成り立たなくなるし、難しいところなのでしょう。(お姫様は最後に魔女に手を差し伸べようとしていましたが。)

 この手のCGアニメを見ると、いっそのこといい役者による実写だったらと思ってしまうことがあります。
 実は個人的には、デフォルメされたキャラクターにリアルな質感があると違和感を感じてしまいます。人形劇だと思えばよいのでしょうけれど。
 年をとっていて先入観や固定観念が強いから、すなおに受け入れられないのでしょう。
 ラプンツェルもCGではなく旧来のアニメでつくられていたとしたら、また印象が違っていたでしょうね。
 スペクタクルな場面はCGの方が迫力がありますが。

 一方で本当に人形を少しずつ動かして、ものすごい手間ひまと時間をかけて撮影するストップモーションの作品も作られています。
 近年もコープスブライドやコララインが公開されていますよね。(CGでつくったと言われたら、私などはそうだと思ってしまうでしょうが。)
 それぞれ内容も、ディズニーのような王道ではなく、こだわりのあるダークなものだというのもおもしろいですね。

 実写にも(特にマンガみたいな話には)CGが多用されていますし、アバターやロバート・ゼメキスの作品のように、役者の演技をCGに反映させたアニメと実写の境界のようなものもありますね。
 そういえばアニメと実写のギャップをおもしろくあつかったものに、ディズニーのセルフパロディーの「魔法にかけられて」がありました。

リアルな質感

けっしてつまらないとかじゃない。むしろめちゃめちゃ楽しめた。本当は★5をあげたい、だけど今作ほとんど3D向けの作品。

これを普通の2Dで見るとなると最後のランタンは絶対に後悔する。それでもいいなら見てみて。

まあとにかく後悔するがおもしろいから見てみるのもよし、だけどあまりオススメはしない。

ブルーレイできっと3Dが出るからそれなら後悔しないかもね。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

映画「塔の上のラプンツェル」@TOHOシ...

 客入りはほぼ満席、ディズニー作品らしくチビッ子たちも多数来場している。今回は日本語吹き替え版を鑑賞しました。   【送料無料】塔の上のラプンツェルオリジナル・サウンド...

塔の上のラプンツェル

ディズニー長編アニメーションの第50作目で、グリム童話に登場するラプンツェルを映画化。若さと健康を保つ彼女の魔法の髪を巡り繰り広げられるファンタジー・アドベンチャーだ。監督は『ボルト』のバイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で務める。日本語吹替え版では、アイドルの中川翔子がラプンツェルの声を担当している。

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル オリジナル・サウンドトラックディズニーの記念すべき50作目は、グリム童話“髪長姫”のヒロイン・ラプンツェルを主人公にしたファンタジー・アドベンチャー ...

塔の上のラプンツェル【劇場鑑賞】

塔の上のラプンツェル(2D日本語吹き替え版)を見てきました。気分転換もしたかったし、前売り券も前々から買っていたこともあって自転車で30分ほどかけて映画を見てきました。2D吹き替...

塔の上のラプンツェル 3D

息を吹き返したディズニーアニメ映画、久しぶりのプリンセスものだった『プリンセスと魔法のキス』に続き、今度は初のフルCGプリンセスもの! CGになったのが吉と出るか凶と出るか、『塔の上のラプンツェル』の3D版を観てきました。 ★★★★★ これはいい! 絶対に3Dで観るべ...

『塔の上のラプンツェル 2D吹替版』

    □作品オフィシャルサイト 「塔の上のラプンツェル」□監督 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ□脚本 ダン・フォーゲルマン □キャスト(声の出演) 中川翔子、畠中 洋、剣 幸■鑑賞日 3月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆...

塔の上のラプンツェル(3D吹替え)

評価:★★★★【4点】(18) 厳しい母親のもと、ルールに従ってきたラプンツェルの一世一代の大脱走劇。

『塔の上のラプンツェル』('11初鑑賞36・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。

塔の上のラプンツェル(2010)通常版:吹き替え

 原題:Tangled MOVX京都にて鑑賞。通常版は吹き替えしかありませんでした。3Dはどんな感じかしらね。 原題の意味は絡む。つまりラプンツェルのこの長い髪の毛が絡むということでしょうか。それにしても凄いシンプルなタイトルですね。髪長姫、ラプンツェルが誘拐され...

塔の上のラプンツェル 3D 日本語吹替え版 

深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル(声:中川翔子)は、母親マザー・ゴーテル(剣幸)から「塔の外は“恐ろしい世界”だから決して出てはならない」と言われ続け、18年間一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間にも会ったことがない。...

塔の上のラプンツェル 2D 吹替版 /TANGLED

タランティーノの去年のベストムービー5位 1位はピクサーの「トイストーリー3」だしタラちゃんほのぼのあったかムービー上位に入れてて驚。 タランティーノベストムービー2010 この「ラプンツェル」は小さい頃、分厚いグリム童話全集の中で読んでて、とくに印象に残...

塔の上のラプンツェル  3D<日本語吹替版>

塔の上のラプンツェル  3D<日本語吹替版>'10:米◆原題:TANGLED◆監督:バイロン・ハワード「ボルト」◆出演:中川翔子◆STORY◆深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル。自由に ...

塔の上のラプンツェル(3D日本語吹替版)  監督/ネイサン・グレノ&バイロン・ハワード

【声の出演】  中川 翔子(ラプンツェル)  畠中 洋 (フリン・ライダー)  剣 幸  (ゴーテル) 【ストーリー】 深い森に囲まれた高い塔の上で暮らしてきたラプンツェルは、黄金に輝く長い髪を持った少女。母親ゴーテルに「外は恐ろしい世界。絶対に出てはダメ」...

「塔の上のラプンツェル」感想

 記念すべきディズニー・クラシックス第50作目にあたる本作は、「髪長姫」の邦題でも知られるグリム童話を原作に、長い間塔の上に閉じ込められていた少女の、初めての外の世界と...

■映画『塔の上のラプンツェル』

キュートな髪長姫が歌って踊って、愛する人と夢を実現させていく、映画『塔の上のラプンツェル』。 ディズニー長編アニメーション第50作目となる記念作品である本作は、目にも美しく耳にも楽しい、夢のように素敵な作品です。 夢を持ち続けることの大切さ、その夢を愛する人と

塔の上のラプンツェル

私は知りたい ― 新しい世界を いやー 問答無用の映像美! これが字幕上映だったらMAX評価でもよかったなぁ(^_^; しかしながら眼鏡の上に3D眼鏡はやっぱ辛い 深い森に囲まれた高い塔から18年間一...

映画レビュー 「塔の上のラプンツェル」

塔の上のラプンツェル  原題:Tangled 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ディズニー長編アニメの50作目となる節目的作品。グリム童話の髪長姫のラプンツェルを映像化。18年間一歩も塔...

映画:「塔の上のラプンツェル」♪。

平成23年4月13日(水)。 映画:「塔の上のラプンツェル」。 【監   督】バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ 【製作総指揮】グレン・キーン、ジョン・ラセター 【製   作】ロイ・コンリ 【脚   本】ダン・フォーゲルマン 【美   術】ダグ…

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル ★★★★★(★4つ) さすがのディズニーワールド全開! 前評判を裏切らない完成度と感動でした ディズニーって本当に「夢をみせる」世界ですよね。こんな時だから?こそ、うるっとね。 ミュージカルはアラジンぽかった(同じミュージックディレクターなのね)。 話がどうの、展開がどうの、3Dがどうのっていうより(もちろん完成度も高いのだけれど) 、世界観を楽しんでほしい!ディズニーランドに行ったときの童心にかえる感じと高揚感! 今回の主人公は悩んだり、不安になったり人間味あふれるキャラ...

「塔の上のラプンツェル」 伝統と新風

「『ラプンツェル』って、あれか、ブッシュ(息子)元大統領が喉に詰まらせたやつ?」

映画「塔の上のラプンツェル」キレイキレイなおとぎ話

「塔の上のラプンツェル」★★★☆ マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ 声の出演 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ監督、 101分 、2011年3月12日公開 アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原作:原題:RAPUNZEL)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「3Dの必要あるんだろうか、 あの重いメガネを時々持ちあげて スクリーンを見るけど メガネ無しの時...

塔の上のラプンツェル

TANGLED/10年/米/101分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード 製作総指揮:ジョン・ラセター 声の出演:マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ロン・パールマン 声の出演(日本語吹替版):...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ