忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕らのワンダフルデイズ仕事と家族のことに追われている平凡なサラリーマンが、そんな日常の中でもかつての輝きを取り戻そうと奮闘する笑いと涙に溢れた感動作。しかし、本作はよくあるお涙頂戴的な単純な感動作ではない。竹中直人・宅麻伸・斉藤暁・稲垣潤一・段田安則といった個性豊かな俳優陣によって、非常に上質なコメディドラマとしても仕上がっている。劇中の演出も非常にわかり易く、さりとて決してレベルは低くないので観劇後に高い満足感も得られるだろう。音楽アドバイザーを務めた奥田民生による主題歌・劇中歌も注目だ。この不況下の日本で、元気のないオヤジ世代にじんわりと刺激を与えてくれる良作なので、是非家族で劇場に足を運んでもらいたい。

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
食品会社に勤める53歳の藤岡徹(竹中直人)は、妻・章子(浅田美代子)と長女・和歌子(貫地谷しほり)、高校生の息子・智樹と共に平凡ながら幸せに暮らしていた。そんなある日、徹が胆石で入院、手術は無事成功したが、主治医が「末期の胆のうガン。もって半年」と話しているのを偶然聞いてしまう。ショックのあまり夜も嗚咽が止まらない徹。退院後、智樹の学園祭に出かけた徹は、高校生バンドの演奏を見て、高校時代に親友たちと組んでいたバンド“シーラカンズ”の記憶が甦る。徹の昔からの友人で“シーラカンズ”のメンバーだった酒屋の栗田薫(段田安則)と不動産屋の渡辺一郎(斉藤暁)は、様子... 食品会社に勤める53歳の藤岡徹(竹中直人)は、妻・章子(浅田美代子)と長女・和歌子(貫地谷しほり)、高校生の息子・智樹と共に平凡ながら幸せに暮らしていた。そんなある日、徹が胆石で入院、手術は無事成功したが、主治医が「末期の胆のうガン。もって半年」と話しているのを偶然聞いてしまう。ショックのあまり夜も嗚咽が止まらない徹。退院後、智樹の学園祭に出かけた徹は、高校生バンドの演奏を見て、高校時代に親友たちと組んでいたバンド“シーラカンズ”の記憶が甦る。徹の昔からの友人で“シーラカンズ”のメンバーだった酒屋の栗田薫(段田安則)と不動産屋の渡辺一郎(斉藤暁)は、様子のおかしい徹を快気祝いと称して居酒屋に誘い出す。その席で徹は自分の余命について告白、バンドを再結成してコンテスト出場を目指そうと切り出す。栗田は認知症の母の世話、渡辺は店の経営難とそれぞれに事情を抱えていたが、徹のために再結成を承諾。そして徹は、かつてのメンバーで現在、大手広告代理店に勤める山本大樹(宅麻伸)にも連絡をとった。妻(紺野美沙子)と高校生の息子がいる山本はこれまで仕事一筋に淡々と過ごしてきたが、徹の気持ちに打たれ、もう一度ギターを持つことを決意する。ヴォーカルの徹、ベース栗田、キーボード渡辺、そしてギター山本。昔の面子が揃ったが、残る問題はドラムだった。当時のドラム担当は海外赴任で空席のまま。そんな折、栗田がお得意さんの紹介で連れてきたのが、謎の資産家、日暮圭(稲垣潤一)だった。そのプロ級の腕前に一同は感嘆の声を上げ、新生“シーラカンズ”が誕生、寺の本堂で練習を開始する。皆の心配をよそに、誰よりも元気に練習に励む徹。メンバーたちの妻や娘、息子たちも、今までとは違う彼らの姿に温かいエールを送り始める。家庭や仕事、それぞれに悩みを抱えた50代の男たちが熱い心を取り戻し、コンテスト出場という目標に向かって走り出した……。

スタッフ
  • 監督: 星田良子
  • 脚本: 西村沙月 / 福田卓郎
  • 音楽アドバイザー: 奥田民生
  • シーラカンズ・プロデュース: 森英治

キャスト

  • 竹中直人
  • 宅麻伸
  • 斉藤暁
  • 稲垣潤一
  • 段田安則
  • 浅田美代子
  • 紺野美沙子
  • 貫地谷しほり
  • 塚本高史
  • 田口浩正
  • 賀来千香子
  • 宇崎竜童
  • 柏原収史
  • 田中卓志
  • 山根良顕
  • 佐々木すみ江

関連リンク


主な上映劇場
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

僕らのワンダフルデイズ

仕事と家族のことに追われている平凡なサラリーマンが、そんな日常の中でもかつての輝きを取り戻そうと奮闘する笑いと涙に溢れた感動作。しかし、本作はよくあるお涙頂戴的な単純な感動作ではない。竹中直人・宅麻伸・斉藤暁・稲垣潤一・段田安則といった個性豊かな俳優陣によって、非常に上質なコメディドラマとしても仕上がっている。劇中の演出も非常にわかり易く、さりとて決してレベルは低くないので観劇後に高い満足感も得られるだろう。音楽アドバイザーを務めた奥田民生による主題歌・劇中歌も注目だ。この不況下の日本で、元気のない...

僕らのワンダフルデイズ

仕事、家族、病気―、誰もが直面する人生の節目、そのときにただ悩み頭を垂れるより、旧友たち、妻や娘、息子たちともう一度夢に向かうことができたなら、どんなにすばらしいことだ...

僕らのワンダフルデイズ なにかを残す必要ってあるのかな。

【 57 -13- 1ヶ月フリーパスポート=5 】 今日は波乗り行ってないよ{/hamster_6/} 仕事だったんだ、でも仕事は15時からだったので、「朝一番だけ波乗りして帰ってきたいけど誰か付き合ってくれない?」ってみんなにメールはしてみたんだ。 残念ながらみんなにふられた・・・なら「なんでひとりで行かない?」って疑問に思う人居る? 今日、朝一だけの波乗りのために行こうと思っていたのは愛知県で、大阪からの片道は260?なんだ。 長距離の運転とガス代とかの交通費、ちょっと躊躇するねんなあ・・・{/cat...

試写会「僕らのワンダフルデイズ」

今日は、虎ノ門のニッショーホールで試写会「僕らのワンダフルデイズ」を観てきましたガンで余命半年と思い込んだ主人公(竹中直人)が苦悩した末に何かやりたいということで、高校生時代のバンドの仲間を集めてアマチュア・バンド大会に出場するという、まあ分かりやすいス...

僕らのワンダフルデイズ

『まぼろしの邪馬台国』、『山形スクリーム』の竹中直人の主演作品。ガンで余命半年ということを知ってしまった中年男が、高校時代のバンドを再結成しミドルエイジのバンドコンテストを目指すヒューマンドラマだ。当然共演も宅麻伸、斉藤暁、稲垣潤一、段田安則とオヤジ揃い。オヤジの妻役として浅田美代子や紺野美沙子も出演している。監督は「世にも奇妙な物語」などTVで活躍する星野良子。

『僕らのワンダフルデイズ』

  □作品オフィシャルサイト 「僕らのワンダフルデイズ」□監督 星田良子□脚本 西村沙月、福田卓郎□キャスト 竹中直人、宅麻 伸 、斉藤 暁、稲垣潤一、段田安則、浅田美代子、紺野美沙子、貫地谷しほり、塚本高史、田口浩正、賀来千香子、宇崎竜童、柏原収史、田中卓志、山根良顕、佐々木すみ江■鑑賞日 11月6日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 学生の頃、バンドを組んでいたとしたら、何十年経ち、いい大人になったとき、 ふと、想い出だけに留...

僕らのワンダフルデイズ

[竹中直人] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年97本目(91作品)です。 【あらすじ】 入院先の主治医の会話を偶然立ち聞きしてしまい、自分が余命半年であることを知り、ショックを受ける藤岡徹(竹中直人)。 そんな..

僕らのワンダフルデイズ

土曜日のレイトショーにしようかと思ってたんだけど。 ポイントが溜まっていることに気づいて、日曜の午前中に、急遽変更。 あんまり宣伝もしてないし、「どうなのかな?」と思いながら、「僕らのワンダフルデイズ 」を鑑賞

『僕らのワンダフルデイズ』

----あれっ。また、青春映画? 「いやあ、実はぼくもそういう映画かと勘違いしていたんだけど、 実はこれは、“あのすばらしい日々をもう一度”というヤツだね」 ----あ〜あ。一年半ほど前に公開された 『結婚しようよ』のパターンだね。 「確かに、ちょっと似たところあるかな。 こちらも音楽絡みだし。 しかもバンド再結成が映画の軸になっている」 ----でも、バンドを再結成してなにをやるの? 昔みたいに演奏するだけじゃあ、趣味の範囲を出ないと思うけど…。 「まあ、そう言わないでよ。 竹中直人扮する藤岡徹53...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ