忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トロッコトロッコ
父を亡くした年の夏、敦(あつし)と凱(とき)の兄弟は母に連れられて、初めて父の故郷である台湾の小さな村を訪れ、祖父母に温かく迎えられる。敦は亡き父が大切にしていた古い写真にトロッコと写る少年が遥か昔の幼い祖父の姿だと知る。山林を走るトロッコに...

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
芥川龍之介の同題小説を翻案し、台湾を舞台に描く家族の物語。監督は、篠田正浩監督などの助監督を経て本作でデビューを果たす川口浩史。撮影は、「春の雪」のリー・ピンビン。出演は、「殯の森」の尾野真千子、「戯夢人生」のホン・リウ。台北金馬奨映画祭正式招待、ムンバイ映画祭インターナショナル・コンペ部門出品...続きを読む

ストーリー
夏、8歳の敦(原田賢人)と6歳の凱(大前喬一)の兄弟は、旅行ライターの母・夕美子(尾野真千子)に連れられ、急死した父・孟真の遺灰を届けるため、父の故郷である台湾東部の花蓮近くにある小さな村を訪れる。村ではおじいちゃん(ホン・リウ)と、台北に住む孟真の弟・孟堅(チャン・ハン)とその妻・華心(ワン・ファン)が母子を迎える。敦は父に貰った、トロッコを押す少年の古い写真を持っていた。その少年は、戦前のおじいちゃんだった。写真の場所を忘れてしまったおじいちゃんは兄弟を連れて、トロッコの線路を探し始める。おじいちゃんは、トロッコが日本に繋がっていると思っていたと兄弟... 夏、8歳の敦(原田賢人)と6歳の凱(大前喬一)の兄弟は、旅行ライターの母・夕美子(尾野真千子)に連れられ、急死した父・孟真の遺灰を届けるため、父の故郷である台湾東部の花蓮近くにある小さな村を訪れる。村ではおじいちゃん(ホン・リウ)と、台北に住む孟真の弟・孟堅(チャン・ハン)とその妻・華心(ワン・ファン)が母子を迎える。敦は父に貰った、トロッコを押す少年の古い写真を持っていた。その少年は、戦前のおじいちゃんだった。写真の場所を忘れてしまったおじいちゃんは兄弟を連れて、トロッコの線路を探し始める。おじいちゃんは、トロッコが日本に繋がっていると思っていたと兄弟に語る。おじいちゃんに日本から、恩給欠格者の通知が届く。おじいちゃんは、数日前に退院してきたおばあちゃん(メイ・ファン)にそれを無言で渡す。夕美子は子供たちを寝かせると、夫を失い1人で子供を育てる不安を吐露する。おばあちゃんは子供たちを預かることを提案するが、起きていた敦がそれを聞いていた。翌日、おばあちゃんが救急車で運ばれ、夕美子も病院へ行く。このまま置いていかれると思った敦は、凱を連れて森へ行く。おじいちゃんが日本に繋がっていると言っていたトロッコで、日本に帰るつもりだった。写真の線路はなくなっていたが、林おじいさんが植林に使っているトロッコを見つける。寺で鳥を捕まえてくれた青年(ブライアン・チャン)に押してもらい、トロッコは加速する。東京で勉強したいと語る青年は、日本は海の向こうだと呟く。トロッコは深い森に入っていき、辺りは霧に包まれる。林おじいさんの家に寄ろうと立ち止まったとき、不安が頂点に達した凱が線路を走り出す。敦が凱を追い、兄弟は家までの遠い道のりを歩き出す。夕方、兄弟を探し回った夕美子の元に2人が帰ってくる。夕美子は思わず敦を責めるが、敦の不安に気づき、彼を強く抱き締める。夕美子は3人でここに留まるつもりだとおじいちゃんに告げるが、おじいちゃんは日本に帰るよう促す...続きを読む

【監督】川口浩史
【脚本】川口浩史、ホアン・シ―ミン(黄世鳴)
【エグゼクティブ・プロデューサー】佐々木栄一、畠中達郎
【プロデューサー】片原朋子、リャオ・チンソン(廖慶松)
【音楽】川井郁子
【撮影監督】リー・ピンビン(李屏賓)
【美術監督】ホアン・ウェンイン (黄文英)
【録音監修】ドウ・ドゥチー(杜篤之)
【編集】小林由加子
【英語字幕】Ian MacDougall
【日本語字幕】松岡葉子
【出演】 尾野真千子 原田賢人(子役) 大前喬一(子役) ホン・リウ(洪流) チャン・ハン(張翰) ワン・ファン(萬芳) ブライアン・チャン(張睿家) メイ・ファン(梅芳) 原田賢人(子役) 大前喬一(子役) ホン・リウ(洪流) チャン・ハン(張翰) ワン・ファン(萬芳) ブライアン・チャン(張睿家) メイ・ファン(梅芳)

Amazonオンラインストア

amazon.co.jp

ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

明治神宮も靖国神社の鳥居も、みんな台湾ひのき。

とても良い映画です。
特に親子で見ていただきたい。
また、台湾と日本の抱える問題も提起されています。
映画館で観客が最後の最後まで立ち去らずに見ていたのが印象に残っています。
音楽を担当された川井郁子さんもこの映画音楽で受賞されたそうです。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

「トロッコ」

 まるでピンと来ない映画である。監督の川口浩史は芥川龍之介による有名な原作を映画化するにあたり、日本にトロッコが稼働している場所を探したが果たせず、台湾にロケーション場所を求めた結果、日本と台湾との歴史的確執というモチーフを前面に出すに至ったという。...

トロッコ

公式サイト。川口浩史監督、尾野真千子、ブライアン・チャン、ワン・ファン、原田賢人、大前喬一、ホン・リウ、メイ・ファン、チャン・ハン、ブライアン・チャン、テン・ボーレン ...

映画 「トロッコ」

映画 「トロッコ」

トロッコ

 落ち着いた文芸物でも見たいものだと思い、『トロッコ』を銀座のシネスイッチで見ました。 (1)この映画は、いうまでもなく、芥川龍之介の短編『トロッコ』を原作としています。ただ、舞台を日本から台湾に移したこともあって、原作とはかなり味わいの異なった作品に仕...

川口浩史監督「トロッコ」。風景も眼差しも美しい。

芥川龍之介の短編小説『トロッコ』を台湾を舞台に移して再構築。3年の歳月をかけてオリジナル脚本として生まれ変わった。監督は篠田正浩監督、行定勲監督の助監督をつとめてきた川口浩史。撮影監督に侯孝賢(ホウ・

トロッコ

芥川龍之介の同名短編小説を基に、舞台を台湾の山間の小さな村に舞台を 移して、亡くなった台湾人の父の遺灰を故郷に届けるために日本人の母と ともにやってきた兄弟のひと夏の成長をノスタルジーあふれるタッチで 描いた日本/台湾合作映画。 監督は今作がデビュー作と…

mini review 11527「トロッコ」★★★★★★★☆☆☆

芥川龍之介の同名短編小説をモチーフに、懐かしい風景の残る台湾に舞台を移して再構築した、幼い兄弟の冒険と成長を叙情的につづる青春ドラマ。メガホンを取るのは、本作で長編監督デビューを飾る川口浩史。ホウ・シャオシェン監督などの名監督と共にアジアをまたに掛けて...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ