忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダンシング・チャップリンダンシング・チャップリン
監督・構成:周防正行
出演:ルイジ・ボニーノ/草刈民代
内容:『Shall We ダンス?』などの周防正行監督が、『街の灯』『チャップリンの黄金狂時代』などチャールズ・チャップリン作品をフィーチャーしたバレエ作品「ダンシング・チャップリン」をテーマに、ドキュメンタリーとダンサーたちのパフォーマンスによる2部構成で表現した異色作。第1幕では振付家のローラン・プティと周防監督との打ち合わせや、草刈民代やルイジ・ボニーノといったダンサーたちの練習風景などクランクインするまでの舞台裏を明かし、第2幕ではパフォーマンスを映し出す。こだわりをぶつけ合う演出家と監督、一流のプロフェッショナルたちの華麗な競演と、一瞬たりとも目が離せない。

予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
1991年に初演された振付家ローラン・プティによるバレエ作品『ダンシング・チャップリン』を映画化するまでのドキュメンタリーである第一幕と、映画のために再構成されたバレエを撮影した第二幕から構成されている。監督は「それでもボクはやってない」の周防正行。出演は「Shall we ダンス?」の草刈民代...続きを読む

ストーリー
第一幕『アプローチ』2009年5月11日、都内の稽古場で、主演のルイジ・ボニーノと草刈民代が草刈の引退公演以来の再会を果たし、『街の灯』のパ・ド・ドゥの振り写しが行われる。2人をはじめ、海外から集められたダンサーたちの60日間のリハーサルの日々がスタートした。一方、監督の周防は、イタリアに滞在している振付家ローラン・プティを訪ねていた。周防が提案した演出構想に、プティが拒絶反応を示す。また、チャップリンの四男ユージーンへのインタビューを通じて、映画では知ることのできないチャップリンの素顔が語られる。本番まで10日と迫っていた東京では、『空中のバリエーショ... 第一幕『アプローチ』2009年5月11日、都内の稽古場で、主演のルイジ・ボニーノと草刈民代が草刈の引退公演以来の再会を果たし、『街の灯』のパ・ド・ドゥの振り写しが行われる。2人をはじめ、海外から集められたダンサーたちの60日間のリハーサルの日々がスタートした。一方、監督の周防は、イタリアに滞在している振付家ローラン・プティを訪ねていた。周防が提案した演出構想に、プティが拒絶反応を示す。また、チャップリンの四男ユージーンへのインタビューを通じて、映画では知ることのできないチャップリンの素顔が語られる。本番まで10日と迫っていた東京では、『空中のバリエーション』のパ・ド・ドゥで波乱が起きていた。草刈を支えるダンサーのナタナエルが、彼女を支えきれないのだ。果たして、「ダンシング・チャップリン」は無事に完成するのか。第二幕『バレエ』1991年の初演時には全2幕20場で構成されていたバレエ作品を、周防が13場に絞り、再構成して、映画として撮影した。チャップリンの「ライムライト」、「街の灯」、「黄金狂時代」、「キッド」、「モダン・タイムス」、「犬の生活」などの映画から着想された作品で構成されている。チャップリンと盲目の花売りが恋に落ちる「街の灯」をもとにしたパ・ド・ドゥや、チャップリンの映画に欠かせないドジな警官たちを想起させる『二人の警官』と『警官たち』、「ライムライト」のヒロインであるバレリーナが舞台で踊っているような『空中のバリエーション』など、チャップリン映画の名場面を、プティの芸術的解釈で新たに甦らせた作品が演じられていく。シンプルな世界観のなかで7人のダンサーたちは様々な役に扮しながら、チャップリンの世界を描いていく。また周防は、屋外での撮影や、360度あらゆる視点からダンサーを捉えるという自由な発想で演出を行っていく...続きを読む

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
【公開日】2011年4月16日
【製作年】2010年
【製作国】日本
【上映時間】131分
【配給】アルタミラピクチャーズ/東京テアトル
【監督・構成・エグゼクティブプロデューサー】周防正行
【振付】ローラン・プティ
【音楽】チャールズ・チャップリン/フィオレンツォ・カルピ/ヨハン・セバスチャン・バッハ/周防義和
【製作】亀山千広
【企画】石原隆/新坂純一/小形雄二/中村光孝
【プロデューサー】佐々木芳野/土屋健/関口大輔/稲葉直人/桝井省志/堀川慎太郎
【撮影】寺田緑郎/西村博光/高岡ヒロオ
【照明】長田達也/中山安孝
【整音】杉山篤
【録音】坂上賢治
【演出補・編集】尾形竜太
【タイトルデザイン】赤松陽構造
【助監督】板庇竜彦
【製作担当】須加卓巳
【衣装・装置】ルイザ・スピナテッリ
【バレエマスター】ジャン=フィリップ・アルノー
【ヘアメイク】馬場利弘/小沼みどり
【通訳・アシスタントプロデューサー】名嘉地圭
【公式サイト】ダンシング・チャップリン
【出演】ルイジ・ボニーノ/草刈民代/ジャン=シャルル・ヴェルシェール/リエンツ・チャン/ナタナエル・マリー/マルタン・アリアーグ /グレゴワール・ランシエ/ユージーン・チャップリン/ローラン・プティ

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ダンシング・チャップリン

『Shall We ダンス?』、『それでもボクはやってない』の周防正行監督が、ローラン・プティ振付、ルイジ・ボニーノ主演のバレエの名作「ダンシング・チャップリン」を映画化。第1幕では映画のメイキング、第2幕では映画用に再構成・演出したダンスを存分に見せてくれる。出演する妻・草刈民代と監督自身は『Shall We ダンス?』以来15年ぶりの共演となった。

ダンシング・チャップリン

この映画を観たのは震災前。 はるか遠い昔の出来事のように感じる。

ダンシング・チャップリン

上映スクリーン数: 7オープニング土日動員: 3697人オープニング土日興収: 

映画「ダンシング・チャップリン」監督からの全編ラブレターだ

「ダンシング・チャップリン」★★★☆ ルイジ・ボニーノ、草刈民代、 ジャン=シャル・ヴェルシェール、リエンツ・チャン出演 周防正行監督、 131分 、2011年4月16日公開 2011,日本,アルタミラピクチャーズ、東京テアトル (原作:原題:ダンシング・チャップリン)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告編を見た時 この映画はバレレの舞台「 ダンシング・チャップリン」を 作...

[映画『ダンシング・チャップリン』を観た]

☆何故か、周防正行監督作品は母親と観に行くのが慣例となっていた。  ただ、作品の形式が、いつもの周防作品と異なるので、一抹の不安(面白くないんじゃないか?)を抱きつつ、観始めた。  私にとっては、不安は的中した。  理由は後述するが、何度も落ちた(寝た...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ