忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クロエクロエ
監督アトム・エゴヤン
出演ジュリアン・ムーアリーアム・ニーソンアマンダ・セイフライドマックス・シエリオット
内容:女医として成功し、愛する夫と息子の三人で、何不自由のない幸せな人生を歩んできたキャサリン。だがある日、夫に浮気の疑惑が浮かび上がる。不安な気持ちを抑えられなくなった彼女は、若く美しい娼婦クロエを雇って夫を誘惑し、彼の反応を報告させる。しかし、その行為はやがて、キャサリンとその家族を、愛憎と欲望が渦巻く危険な深淵へと引きずり込んでいくのだった。

予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
スウィート ヒアアフター」のアトム・エゴヤンが手掛けたエロティック・サスペンス。娼婦クロエを利用して夫の浮気を確かめようとした女性が、逆にクロエに家庭を脅かされてゆく。出演は「キッズ・オールライト」のジュリアン・ムーア、「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド、「アンノウン」のリーアム・ニーソン...続きを読む

ストーリー
産婦人科医として成功したキャサリン(ジュリアン・ムーア)は、大学教授の夫デビッド(リーアム・ニーソン)と一人息子マイケル(マックス・シエリオット)と3人で、人が羨むような幸せな生活を送っていた。だが、それは表面だけで、彼女の心はいつしか孤独と焦燥に蝕まれていた。ある日、夫の携帯から、教え子との浮気を疑わせるメールを発見。心に湧き上がった不安を抑えられなくなった彼女は一計を案じる。偶然知り合った、若く美しい娼婦クロエ(アマンダ・セイフライド)にデビッドを誘惑させ、夫がどんな行動を取ったか報告させることにしたのだ。しかしクロエは、キャサリンの言いなりになるよ... 産婦人科医として成功したキャサリン(ジュリアン・ムーア)は、大学教授の夫デビッド(リーアム・ニーソン)と一人息子マイケル(マックス・シエリオット)と3人で、人が羨むような幸せな生活を送っていた。だが、それは表面だけで、彼女の心はいつしか孤独と焦燥に蝕まれていた。ある日、夫の携帯から、教え子との浮気を疑わせるメールを発見。心に湧き上がった不安を抑えられなくなった彼女は一計を案じる。偶然知り合った、若く美しい娼婦クロエ(アマンダ・セイフライド)にデビッドを誘惑させ、夫がどんな行動を取ったか報告させることにしたのだ。しかしクロエは、キャサリンの言いなりになるような素直な女ではなかった。次第に内に秘めていた魔性を発揮し、キャサリンの心の隙につけ込んで恐ろしい罠を仕掛けてくる。やがて、クロエに翻弄されたキャサリンと家族の平和な日常は、ガラガラと音を立てるようにもろくも崩れてゆく...続きを読む

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
【監督】アトム・エゴヤン
【製作総指揮】オリヴィエ・クールソン/ロン・ハルパーン/トム・ポロック/ジェイソン・ライトマン/ダニエル・ダビッキ
【製作】ジョー・メジャック/ジェフリー・クリフォード/アイヴァン・ライトマン
【脚本】エリン・クレシダ・ウィルソン
【撮影】ポール・サロッシー
【美術】フィリプ・バーカー
【音楽】マイケル・ダナ
【編集】スーザン・シプトン
【衣装(デザイン)】デブラ・ハンソン
【公式サイト】クロエ
【出演】ジュリアン・ムーアリーアム・ニーソンアマンダ・セイフライドマックス・シエリオット

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

クロエ

悪女 アマンダ・セイフライド 【Story】 家族3人で幸せに暮らすキャサリン(ジュリアン・ムーア)はある日、夫デヴィッド(リーアム・ニーソン)と教え子の浮気を疑い始め、偶然出会った娼婦クロエ(...

「クロエ」官能的に恐い!

 吾輩、常々女性というのは恐い生き物だとは思ってました。その思い、この映画を見て更に強くなりました。「クロエ」(ブロードメディア・スタジオ/ポニーキャニオン)。官能的に妖艶に、女性の本質的恐ろしさが描かれています。  産婦人科医として成功したキャサリン(ジュリアン・ムーア)は、大学教授の夫・デビット(リーアム・ニーソン)、音大生の息子マイケル(マックス・シエリオット)と、これまで平穏に暮らしてきた。しかし、多忙な夫とはすれ違いの日々が続き、成長した息子も、最近は母親の言うことをまともに...

クロエ

フランス映画「恍惚」のハリウッドリメイク。夫の浮気を疑うあまり、娼婦を使ってまで夫を試そうとした妻が予想外の方向へと追い詰められてゆく姿を描いた官能サスペンスだ。主演は『キッズ・オールライト』のジュリアン・ムーアと『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・セイフライド。共演に『アンノウン』のリーアム・ニーソン。監督はアトム・エゴヤンが務める。アマンダの初ヌードが話題になった。

クロエ / CHLOE

ランキングクリックしてね ←please click 「ジュリエットからの手紙」「赤ずきん」と出演作が続く、アマンダ・セイフライド主演、 2003年に公開されたフランス映画 『Nathalie...(邦題 「恍惚」)』 のリメイク。 「スィートヒアアフター」、「秘密のか...

クロエ / CHLOE

ランキングクリックしてね ←please click 「ジュリエットからの手紙」「赤ずきん」と出演作が続く、アマンダ・セイフライド主演、 2003年に公開されたフランス映画 『Nathalie...(邦題 「恍惚」)』 のリメイク。 「スィートヒアアフター」、「秘密のか...

クロエ

   『クロエ』  (2009) キャサリン(ジュリアン・ムーア)は産婦人科医として成功し、大学教授の夫(リーアム・ニーソン)と息子(マックス・シェリオット)と平穏に暮らしていた。 だが、ある日彼女は夫と教え子の浮気を疑い始め、何も手につかなくなる。 キャサリンは偶然出会った娼婦クロエ(アマンダ・セイフライド)に、夫を誘惑してほしいともちかけて・・。 製作国 アメリカ/カナダ/フランス  CHLOE  (96分) 監督: アトム・エゴヤン   ...

クロエ

評価:★★★☆【3,5点】(13) トイレで知り合った他人とは縁が深まるというのは本当だった。

映画レビュー 「クロエ」

クロエ  原題:Chloe 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 カナダの鬼才アトム・エゴヤンが家族を愛しながらも満たされない一人の女性が、魔性の女と出会い、徐々に追い詰められていく様...

映画「クロエ 」満ち足りた生活の最小不幸

「クロエ 」★★★☆ ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、 アマンダ・セイフライド、マックス・シエリオット 出演 アトム・エゴヤン 監督、 96分、2011年5月28日, 2009,カナダ、フランス、アメリカ,ブロードメディア・スタジオ、ポニーキャニオン (原作:原題:CHLOE)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「社会的に成功している夫婦と息子の3人家族、 何不自由ない生活...

クロエ

 『クロエ』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)物語は、大学教授の夫に不倫疑惑を抱いた医師の妻が、娼婦を使って夫を誘惑させて真実をつかみ取ろうとするものの、……、といった展開をしますが、この映画は、ストーリー構成から配役、そして舞台となる建物...

クロエ(2009年製作版)

ジュリアン・ムーアは大好きな女優です。 ちょっと楽しみ。 産婦人科医として成功したキャサリンは、 大学教授の夫デビッドと一人息子マイケルと3人で、 人が羨むような幸せな生活を送っていた。 しかし彼女は孤独と焦燥感に襲われていた。 夫の不貞を疑った彼女は、 偶
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ