忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エンジェル ウォーズエンジェル ウォーズ
監督:ザック・スナイダー
出演:エミリー・ブラウニング/アビー・コーニッシュ/ヴァネッサ・ハジェンズ/ジェナ・マローン/ジェイミー・チャン/スコット・グレン
内容:ある若い女性が暗い現実から逃避するために作り出した鮮烈な想像の世界。彼女は時間や場所の境界線に捉われず、思うままに動き回ることができる。そして、鮮烈な想像の世界で繰り広げられる壮大なアドベンチャーの中で現実と想像の境目を見失う。 彼女は自身の意思とは裏腹にその世界に閉じ込められてしまうが、ベイビードールは生きて帰るという意思は捨てていなかった。彼女は自由を求めて戦う事を決心する。そしてその悲惨な運命と、彼女たちを捕らえているブルー、マダム・ゴースキー、そしてハイローラーの手から逃れるために4人の女性、辛口な性格のロケット、ストリートスマートなブロンディー、恐ろしいほどに気高いアンバーと素っ気無い性格のスイートピーを集結させる。4人はバーチャル兵器を駆使してサムライや悪魔が襲いかかる幻想的な戦いに挑む。

予告編

解説
想像の世界を作り出したヒロインが、4人の女戦士と共に幻想的な戦いに挑むアクションファンタジー。監督は「ガフールの伝説」のザック・スナイダー。出演は「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」のエミリー・ブラウニング、「ブライト・スター いちばん美しい恋の詩(うた)」のアビー・コーニッシュ、「イントゥ・ザ・ワイルド」のジェナ・マローン、「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」のヴァネッサ・ハジェンズ...続きを読む

ストーリー
愛する者を全て奪われたベイビードール(エミリー・ブラウニング)は、ある施設に入れられ、暗い現実から逃避するために鮮烈な想像の世界を作り出す。だが自身の意思とは裏腹にその世界に閉じ込められてしまった彼女は、生きて帰るという意思を捨てることなく、自由を求めて戦うことを決心する。ベイビードールを筆頭に、辛口な性格のロケット(ジェナ・マローン)、スマートなブロンディー(ヴァネッサ・ハジェンズ)、恐ろしいほどに気高いアンバー(ジェイミー・チャン)、そして素っ気無い性格のスイートピー(アビー・コーニッシュ)が集結。5人の女性たちは、バーチャル兵器を駆使してサムライや... 愛する者を全て奪われたベイビードール(エミリー・ブラウニング)は、ある施設に入れられ、暗い現実から逃避するために鮮烈な想像の世界を作り出す。だが自身の意思とは裏腹にその世界に閉じ込められてしまった彼女は、生きて帰るという意思を捨てることなく、自由を求めて戦うことを決心する。ベイビードールを筆頭に、辛口な性格のロケット(ジェナ・マローン)、スマートなブロンディー(ヴァネッサ・ハジェンズ)、恐ろしいほどに気高いアンバー(ジェイミー・チャン)、そして素っ気無い性格のスイートピー(アビー・コーニッシュ)が集結。5人の女性たちは、バーチャル兵器を駆使してサムライや悪魔が襲いかかる幻想的な戦いに挑んでいく。この驚くべき想像の世界の中でワイズマン(スコット・グレン)の援助を受け、もし成功すれば彼女たちは自由を手に入れる事ができる。しかし、彼女たちは生き残るために何を犠牲にするかという決断に迫られる...続きを読む

【公開日】 2011年4月15日
【英題】 SUCKER PUNCH
【製作年】 2011年
【製作国】 アメリカ
【配給】 ワーナー・ブラザース映画
【監督・制作・原案・脚本】 ザック・スナイダー
【制作】 デボラ・スナイダー/トーマス・タル/ウェスリー・カラー/ジョン・ジャシュニ/クリス・デファリア/ジム・ロウ
【製作総指揮】 ウィリアム・フェイ
【脚本】 スティーヴ・シブヤ
【美術】 リック・カーター
【撮影監督】 ラリー・フォン
【編集】 ウィリアム・ホイ
【衣装】 マイケル・ウィルキンソン
【音楽】 タイラー・ベイツ/マリウス・デヴリーズ
【出演】 エミリー・ブラウニング /アビー・コーニッシュ /ジェナ・マローン /ヴァネッサ・アン・ハジェンズ /ジェイミー・チャン /オスカー・アイザック /カーラ・グギーノ /ジョン・ハム /スコット・グレン

amazon.co.jp

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

エンジェル ウォーズ 原題は「意表を突くパンチ」(メ  ̄ ̄)ノ))”(||||▽ ̄)アウッ!

【=19 -4-】  精神病院送りとなった少女・ベイビードール(。彼女は辛口な性格のロケット、スマートなブロンディー、恐ろしいほどに気高いアンバーと素っ気無い性格のスイートピーと共に自らの運命を変えるため、空想世界を舞台に壮絶な闘いを繰り広げる。  さっぱ...

エンジェル ウォーズ

『300』のザック・スナイダーが製作・監督・原案・脚本の一人四役を務めて送るSFアクション。家族を奪われた上に継父の陰謀で精神病院へと送られてしまった少女が、そこで出会った4人の女性とともに空想の世界で壮絶なバトルを繰り広げる。主演はエミリー・ブラウニング。共演にアビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン。

【映画】エンジェル・ウォーズ

<エンジェル・ウォーズ を観て来ました> 原題:Sucker Punch 製作:2011年アメリカ 地震以来の久しぶりの試写会! そして、これ、サッカー・パンチ!じゃなかった、エンジェル・ウォーズ。 邦題に難アリ…って、まさしくこのこと。なによ、エンジェルってwまあ、可愛い女の子達が戦うってんで、イメージ的にこういう邦題つけちゃったのかな。 今回はライブドアさんの主催で、場所も秋葉原!だからというわけじゃないけど、会場にはいかにも秋葉原な人が沢山居ました。 さて、この作品は、「300 スリーハ...

劇場鑑賞「エンジェルウォーズ」

「エンジェルウォーズ」を鑑賞してきました吹き替え版しか上映しておらず。声優陣を起用しているので違和感無し。「300<スリーハンドレッド>」「ウォッチメン」のザック・スナ...

エンジェル ウォーズ

Sucker Punchクチコミを見るアキバ系ガールズ・アクションファンタジーは、いかにもザック・スナイダー印のけれん味にあふれている。ストーリーよりキメポーズの絵作りに賭ける情熱は ...

[映画まとめ語り 『ザ・ライト』『コナン15』『しんちゃん19』『エンジェルウォーズ』]

☆何本か観ている作品があるのだが、観てからかなりの期間が過ぎてしまっている。  とりあえず、今回は、先ず、比較的、観たばかりの作品から感想を書きます。    ◇    『ザ・ライト 〜エクソシストの真実〜』  実は、この作品、高校生の姪と母親と3人で、...

[映画まとめ語り 『ザ・ライト』『コナン15』『しんちゃん19』『エンジェルウォーズ』]

☆何本か観ている作品があるのだが、観てからかなりの期間が過ぎてしまっている。  とりあえず、今回は、先ず、比較的、観たばかりの作品から感想を書きます。    ◇    『ザ・ライト 〜エクソシストの真実〜』  実は、この作品、高校生の姪と母親と3人で、...

映画「エンジェルウォーズ」感想

映画「エンジェルウォーズ」観に行ってきました。 精神病院に収容された少女が、幻想的な世界で自由に手にするため戦っていくアクション・ファンタジー作品。 「エンジェルウォーズ」というのは日本の映画配給会社が名付けた邦題で、原題は「Sucker Punch(サッカーパンチ:予想外の殴打)」というのだそうです。 この映

映画レビュー 「エンジェルウォーズ」

エンジェルウォーズ  原題:Sucker Punch 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 邦題に様々な波紋を呼んだ、ザック・スナイダー監督のファンタジー・アクション。5人の美女がザック・スナ...

映画「エンジェル ウォーズ 」予備知識なしでこの世界観を楽しみたい

「エンジェル ウォーズ 」★★★☆ エミリー・ブラウニング 、アビー・コーニッシュ 、 ジェナ・マローン、ヴァネッサ・アン・ハジェンズ、 ジェイミー・チャン出演 ザック・スナイダー監督、 110分、2011年4月15日公開 2011,アメリカ,ワーナー (原作:原題:SUCKER PUNCH)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場7位とちょっと寂しいスタートとなった、 今はこのよ...

エンジェル・ウォーズ

『エンジェル・ウォーズ』  SUCKER PUNCH 【製作年度】2011年 【製作国】アメリカ 【監督】ザック・スナイダー 【出演】エミリー・ブラウニング/アビー・コーニッシュ/ジェナ・マローン/バ...

エンジェル ウォーズ SUCKER PUNCH 劇場パンフレット 映画チラシ

●『エンジェル ウォーズ』2011年4月15日公開。うーこれは観たいけど どの劇場も吹き替えなんだな(涙) 映画チラシ評価 ■硬さ度■★★★() ■扱い度■★★★() ■ ...

エンジェル・ウォーズ

エンジェル・ウォーズ見てきました! あらすじ ベイビードールは、ある事情で精神施設に入れられた。 そこで、現実逃避ともいえるイマジネーションの世界では、 綺麗な彩色のステージがあり、ダンスレッスンを行っていた。 感性だけで踊ったダンスで、ベイビードールは逃げる方法をWISEMANにならい、 敵と戦いながら、必要なものを入手していく。 無事逃げる事は出来るのか。 感想 SYTYCDに出ていたダンサーが出ていると聞いて、 見に...

エンジェル・ウォーズ

エンジェル・ウォーズ見てきました! あらすじ ベイビードールは、ある事情で精神施設に入れられた。 そこで、現実逃避ともいえるイマジネーションの世界では、 綺麗な彩色のステージがあり、ダンスレッスンを行っていた。 感性だけで踊ったダンスで、ベイビードールは逃げる方法をWISEMANにならい、 敵と戦いながら、必要なものを入手していく。 無事逃げる事は出来るのか。 感想 SYTYCDに出ていたダンサーが出ていると聞いて、 見に...

エンジェル・ウォーズ

 まいった! もう、予告では、「こりゃあ、アメリカ版のセーラームーンかいな」くらいにしか思っておらず、それでも「エンジェル・ウォーズ」なるタイトルから受ける印象でもよろしいから、単純に「月にかわってお仕置きよ」が観られればいいかあ、そんな気持ちで劇場に行ったの

■映画『エンジェル ウォーズ』

『300<スリーハンドレッド>』でガチムチ男たちの華麗なる戦いをこだわりの映像美で描いたザック・スナイダー監督が、またまたやってくれました。 今度はミニスカセーラー服を着たブロンド・ツインテール少女が、日本刀とマシンガンを手にいろいろなクリーチャーたちをなぎ倒し

映画:エンジェル ウォーズ

 ロリ系美女がミニスカセーラー服で機関銃と日本刀を振り回す映画と言われたら観に行くしかないでしょ!!そして、原題は“サッカー・パンチ”。ツイッターではパンチラシーンもたくさんあることから、“サッカーパンチラ”と呼ばれもした作品。と言うことで、今回の記事はエンジェル ウォーズです。

「エンジェル ウォーズ」 ザックはさしずめノリノリDJ

「300」、「ウオッチメン」のザック・スナイダー監督が、自身のオリジナル脚本で挑

エンジェル ウォーズ

SUCKER PUNCH/11年/米・加/110分/アクション・ファンタジー/劇場公開 監督:ザック・スナイダー 製作:ザック・スナイダー 原案:ザック・スナイダー 脚本:ザック・スナイダー 出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネ...

エンジェル ウォーズ

精神病院に入院させられてしまった少女が精神的(妄想)に立ち向かうというもの。 妄想世界観は目新しさはないものの、なかなか良くできてると思いますしベイビー・ドールたちも可愛いです。閉鎖された空間からアイテムを集めて脱出するというのは、ほんとゲームの世界だね。しかも格好がセーラ服をきたツインテールで日本刀をもった少女…オタク臭がするよ(笑) 監督・製作・原案・脚本がザック・スナイダーさんなんですが、そりゃ自分の好みいれちゃうよねえ(笑)コスプレ女性たちが跳んで戦ってきれいに着地して、それだけでテンショ...

エンジェル ウォーズ (Sucker Punch)

監督 ザック・スナイダー 主演 エミリー・ブラウニング 2011年 アメリカ/カナダ映画 110分 アクション 採点★★★ 妄想と現実逃避が大好きな私なんですが、年々その現実逃避の逃避距離が短くなってきた感じが。大金持ちになる妄想をしてても、その金額が徐々にリ…
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ