忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アブラクサスの祭アブラクサスの祭
スタッフ 監督・脚本: 加藤直輝 原作: 玄侑宗久
キャスト スネオヘアー ともさかりえ 本上まなみ 村井良大 ほっしゃん。 たくませいこ 山口拓 草村礼子 小林薫
劇場公開日:2010-12-25


予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
住職で作家の玄侑宗久の同名小説を原作に、「新訳 今昔物語「渚にて」」の加藤直輝監督が映画化。音楽と向き合うことで懸命に生きようとする僧侶と、彼を温かく見守る周囲の人々の姿を描く。出演は「つむじ風食堂の夜」のスネオヘアー、「ちょんまげぷりん」のともさかりえ、「引き出しの中のラブレター」の本上まなみなど...続きを読む

ストーリー
かつてロックミュージシャンだった禅僧の浄念(スネオヘアー)は、音楽への狂おしい思いからノイズが聞こえるようになり、ウツ病患者として入院した過去をもつ。現在は福島の小さな町の禅寺に身をおき、妻の多恵(ともさかりえ)と5歳の息子・理有(山口拓)と静かに暮らしている。だが今もなお薬を飲みながら、自分の“役割”を考え続け、なかなか思うように答えが出ないでいた。そんなある日、寺近くの高校から頼まれた進路指導講演会で大失敗をしてしまい落ち込んだ浄念は、自分の中で“音楽”への想いがたち切れていなかったことに気付く。そしてこの町でライブをやりたいと強く思い始めるのだった... かつてロックミュージシャンだった禅僧の浄念(スネオヘアー)は、音楽への狂おしい思いからノイズが聞こえるようになり、ウツ病患者として入院した過去をもつ。現在は福島の小さな町の禅寺に身をおき、妻の多恵(ともさかりえ)と5歳の息子・理有(山口拓)と静かに暮らしている。だが今もなお薬を飲みながら、自分の“役割”を考え続け、なかなか思うように答えが出ないでいた。そんなある日、寺近くの高校から頼まれた進路指導講演会で大失敗をしてしまい落ち込んだ浄念は、自分の中で“音楽”への想いがたち切れていなかったことに気付く。そしてこの町でライブをやりたいと強く思い始めるのだった。寺の住職の玄宗(小林薫)は、浄念の良き理解者であり音楽についても賛成はしているが、地元でのライブには困惑。多恵も浄念の体を気遣い反対する。そんな中、ある事件をきっかけにショックを受けた浄念は、自分をコントロールすることができなくなってしまう。果たして浄念は答えを見いだすことができるのか...続きを読む

スタッフ
  • 監督・脚本: 加藤直輝
  • 原作: 玄侑宗久
  • 脚本: 佐向大
  • 音楽: 大友良英
  • 撮影: 近藤龍人
  • 照明: 藤井勇
  • 美術: 古積弘二
  • 録音: 照井康政
  • 整音: 松本昇和
  • 衣裳: 宮本茉莉
  • 編集: 加藤ひとみ
  • プロデューサー: 松田広子 / 押田興将

キャスト
  • スネオヘアー
  • ともさかりえ
  • 本上まなみ
  • 村井良大
  • ほっしゃん。
  • たくませいこ
  • 山口拓
  • 草村礼子
  • 小林薫

DVD情報

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

坊主だって、悩みはある!

上映が決まってからひたすら1年待って観ました。予想以上の良さでした。
物凄く足が地に付いた映画だな〜と思います。

オープニングのスネオヘアーさん演じる浄念の2つのシーンが、とても軽快なテンポで物凄く効果的♪

浄念がまだ学生のころ、東京のライブハウスで狂気のように歌いまくっているシーンがあり、即効で映画タイトル。次にすぐ、浄念が住んでいる町で、現在の僧侶の浄念が高校生相手に進路指導の講演をしなくてはならず、薬を飲みながら何とかチャレンジするが途中で切れてしまい、マイクを引きずりながら最後はピアノを開けて絶叫と一緒に鍵盤を叩きつけてしまうシーン。これで観客は一気に「ああ、こいつ(浄念)はやっぱり(精神的に)おかしいんだな」とばっちり印象つけてしまう。その後、妻役の多恵演じるともさかりえさんの働いているJAのお店が移り、客が「またおかしいコトしたんだってよ。あの坊主」と、多恵にわざと聞こえるように話し、不安ながらも夫・浄念を案ずる多恵。浄念に対する町の評判と、妻・多恵の立ち居地がはっきり描かれている。その後、浄念が勤務?している寺の住職・玄宗の元に、高校から浄念の講演の失敗の電話が届き、玄宗の妻の麻子と共に「念さん、なんか切れちゃったらしいんだ。そっとしておこうな」「そうなの?朝はあんなに張り切って出かけたのに・・・」との会話で、玄宗と妻麻子があぶなっかしい?浄念をあたたかく受容していることが、自然に観客に伝わります。

そして爆弾宣言のような浄念の「この町でライブをやりたいんです」から、嬉々として、そして生き生きとしてライブの準備にひた走る浄念の姿。多恵をはじめ、玄宗、檀家などの町の人々のとまどいや心配など何のそので「この町でやるライブ」にひた走る浄念。父親の楽しげな姿に一緒に歌う息子の理有(この子役のオトコノコ♪物凄い巧いです!)。

「この町でライブを?・・・ちょ、ちょっと待ってくださいよ」浄念の突然の発言に、小さい町の寺の住職として戸惑いながらも話を受け容れる玄宗。
「あたしに無断でなんで話が進んでるの?」「馬鹿!」「はげ!」と、浄念に厳しい応対をしながらも心の底では浄念のライブを応援したい妻の多恵・・・。ともさかりえさんと小林薫さんのあたたかい演技が物凄くこの映画を大きな優しさで包んでいます。

その最中、檀家で唯一、浄念を、そして浄念のライブを応援してくれていた菓子屋の主人、ほっしゃんさん演じる傭平の自殺から、浄念はまた、大きな鬱の波にさらわれ自分の存在意義を問い、かつて自殺を図った海へ向かいます。そして原作の玄侑宗久さん語るところの「ないがまま、ないがまま」「善も悪も一つ。ナム・アブラクサス」の境地にたどり着き、クライマックスへのライブへ前進します。

私が感心した一つに、臨済宗の僧侶浄念を演じたスネオヘアーさんと、玄宗を演じた小林薫さんの立ち居振る舞いが本当に見事な僧侶になっていらしたところです。我が家も同じ禅宗なので、非常に感動しました。また、お二人の僧侶になり切られた演技に深い敬意と慰めを感じました。特にスネオヘアーさんの合掌は本当に美しいのです。私はこの方がロックシンガーだと知らなかったので、本当の僧侶なのではないかと錯覚したくらいです。

また、オール福島ロケの中で語られるおっとりとした福島弁。同じ東北に住む者として、これも非常に快いものでした。そして何より、浄念が薬を飲みながらも「そのままでいい。そのままで正しいんだ」の台詞を心に念じながら生きていく姿。同じ心を病む者として、
何度この台詞に慰められたかわかりません。この映画は本当にあたたかく、そして時に弱く時に強い、フツーの人間を描いた映画です。DVD販売になって本当に嬉しくてすぐ予約しました。早く自宅でまた浄念と多恵が歌う、日本語のレナードコーエンの「ハレルヤ」(この曲も大好きです!)を聞きたいです。また浄念と多恵との丁々発止のやり取り(漫才を見ているようです。いつも多恵は強いです。妻&母は強いのだ!)
を見たいです。

文句なしの☆5つの映画です。本当にDVD化してくれて良かった!
浄念さん、そして原作の玄侑宗久さん?
ないがままでいいんだよね?「そのままでいい」んだよね?
この映画を作られた全ての方々に感謝を込めて♪・・・・ハレルヤ!(^0^)
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

アブラクサスの祭

<<ストーリー>>かつてロック・ミュージシャンだったうつの僧侶・浄念(スネオヘアー)は、 福島の小さな町で妻子と共に暮らしていた。何事にも不器用で、 法事や説法すら思い通りにいかない彼が、ある...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ