忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫
監督:佐藤英明
出演:浅野忠信/堀北真希/阿部力/木村多江/いしだあゆみ/佐藤浩市
あれこれ悩んだところで、人間一歩も成長しないんだよ。困った時は…タリラリラーン♪♪空っぽになればいいのだ!!!1967年(昭和42年)小学館の入社式。その重厚な雰囲気に全く合わない人物が、ホールへと近づいてきていた。「お待たせざんす!ミーはたった今、花のおフランスから帰ってきたざんす!」紫のスーツに出っ歯...

予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
ギャグ漫画の王様・赤塚不二夫との35年間にわたる交流を描いた担当編集者の著書『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』を、本作が監督デビューとなる佐藤英明が映画化。出演は「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の浅野忠信、「白夜行」の堀北真希、「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の阿部力、「東京島」の木村多江、「なくもんか」のいしだあゆみ、「最後の忠臣蔵」の佐藤浩市...続きを読む

ストーリー
1967年(昭和42年)小学館の入社式。その重厚な雰囲気に全く合わない人物が、ホールへと近づいてくる。「お待たせざんす。ミーはたった今、花のおフランスから帰ってきたざんす」紫のスーツに出っ歯の“イヤミ”に扮して登場したのは、小学館「少年サンデー」の看板作家・赤塚不二夫(浅野忠信)だった。「ミーがチミたちに言いたいことはたったひとつ。それはバカになることざんす」そして、社員全員で“シェー”のポーズ。その中でひとりだけ呆然と立ち尽くす新入社員の武田初美(堀北真希)がいた。その姿が赤塚の目に留まり、初美の手足を掴んで無理やり“シェー”のポーズをさせようとする。... 1967年(昭和42年)小学館の入社式。その重厚な雰囲気に全く合わない人物が、ホールへと近づいてくる。「お待たせざんす。ミーはたった今、花のおフランスから帰ってきたざんす」紫のスーツに出っ歯の“イヤミ”に扮して登場したのは、小学館「少年サンデー」の看板作家・赤塚不二夫(浅野忠信)だった。「ミーがチミたちに言いたいことはたったひとつ。それはバカになることざんす」そして、社員全員で“シェー”のポーズ。その中でひとりだけ呆然と立ち尽くす新入社員の武田初美(堀北真希)がいた。その姿が赤塚の目に留まり、初美の手足を掴んで無理やり“シェー”のポーズをさせようとする。「やめてくださいっ」初美は、赤塚の顔面に思いっきりパンチを炸裂させる……。この衝撃的な出会いが、やがて日本の運命を変えていく。超バカ天才漫画家・赤塚不二夫とド真面目新人編集者・武田初美との戦いの火蓋が切って落とされた...続きを読む

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
【公開日】 2011年4月30日
【製作年】 2010年
【製作国】 日本
【配給】 東映
【監督・脚本】 佐藤英明
【脚本】 君塚良一
【原作】 武居俊樹
【出演】 浅野忠信 /堀北真希 /阿部力 /木村多江 /いしだあゆみ /佐藤浩市

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫

公式サイト。武居俊樹原作、佐藤英明監督、浅野忠信、堀北真希、阿部力、木村多江、いしだあゆみ、佐藤浩市、新井浩文、君塚良一、粟根まこと、正名僕蔵。2008年亡くなった漫画家赤 ...

これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫

うなぎ犬が浜松市のキャラクターの座から降りたのは、この映画の公開を控えていたからだ。赤塚不二夫の漫画家としての仕事ぶりを担当編集者の著作を原作に映画化された。浅野忠信がばかになりきって、掘北真希の女王様ぶりがいい。赤塚漫画の雰囲気そのままの楽しい映画にな

これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫

『おそ松くん』や『天才バカボン』など数々のヒット作を世に送り出した ギャグマンガの神様・赤塚不二夫を主人公に描くコメディ・ドラマ。 実際に入社時から赤塚の編集を担当し、以来35年にわたる親交を持ち続けた 伝説の編集者・武居俊樹の回顧録『赤塚不二夫のことを書…

これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫

原作は武居俊樹の「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」。ギャグマンガの王様・赤塚不二夫とその編集担当者だった武居俊樹の交流を描いた伝記ドラマだ。常識を外れた天才漫画家が普段表には決して見せない姿までも描き出す。赤塚不二夫は浅野忠信、編集者武居は性別を変えて堀北真希が演じている。監督は佐藤英明、脚本を「踊る~」シリーズの君塚良一が務めた。

「これでいいのだ! 映画☆赤塚不二夫」感想

 漫画家・赤塚不二夫の担当編集者を務めた武居俊樹氏の、35年に及ぶ交流を書き記した著作「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を原作に、大胆すぎる脚色で映画化。    いきなりこんな事を書くのも何だが、小生は赤塚不二夫が嫌いだ。  子供の頃から永井豪先生を心と魂

映画「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」タリラリラーン、タリラリラーン

「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」★★☆ 浅野忠信、堀北真希、阿部力、 木村多江、いしだあゆみ、佐藤浩市出演 佐藤英明監督、 111分 、2011年4月30日公開 2011,日本,東映 (原作:原題:赤塚不二夫のことを書いたのだ/ 武居俊樹)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告編を見て、たまに 『これは見なくてもいいかな』と思う映画がある この映画もそんな臭いのする雰囲...

「これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫」の感想

書初めのコメントで言ってたやつね 9割つまらなかった。 1割笑えたけど、「レッツラ★ゴン」を描き始めてからのところ 「レッツラ★ゴン」は不条理さを表現して、子どもにはウケなかったんだよね だからだと思います。ネタバレになりますが、【全裸でマンガ描くシーン】があるのですが、そこが私のツボのピークでした。 なので、マンガをあまり読まない子どもや少女マンガの編集者になりたい方にウケるのかもしれません ちなみに、映画の最初にフィクションのテロップがあったと思います。実際には、サンデーでもバカボンし...

これでいいのだ!!

 『これでいいのだ!!』を、渋谷TOEIで見てきました。 (1)浅野忠信が漫画家の赤塚不二夫を演じるという異色の組合せの面白さを見るつもりで映画館に足を運んだところ、確かにその点にも興味は惹かれましたが、むしろ編集者の武田初美(堀北真希)の物語と考えた方が当た...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ