忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おとうと 山田洋次監督にとって10年ぶりの現代劇。戦後の昭和に生まれ育った姉と弟の切ろうにも切れない絆と、バブル景気の直前に生まれたひとり娘の結婚を通して、現在とこれからの日本の家族、私たちの姿をスクリーンに映し出す、笑いと涙にあふれる作品。
 


予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て、義母の絹代(加藤治子)と3人で暮らしていた。やがて、小春の結婚が決まり、結婚式当日を迎えるが、吟子の弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶)が紋付はかまで大阪から現われ、披露宴を酔っ払って台なしにしてしまう。

スタッフ
  • 監督・脚本: 山田洋次
  • 脚本: 平松恵美子
  • 音楽: 冨田勲

キャスト
  • 吉永小百合
  • 笑福亭鶴瓶
  • 蒼井優
  • 加瀬亮
  • 小林稔侍
  • 加藤治子

関連リンク

主な上映劇場
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

おとうと

山田洋次監督にとって10年ぶりの現代劇。戦後の昭和に生まれ育った姉と弟の切ろうにも切れない絆と、バブル景気の直前に生まれたひとり娘の結婚を通して、現在とこれからの日本の家族、私たちの姿をスクリーンに映し出す、笑いと涙にあふれる作品。...

おとうと

『家族』、『幸福の黄色いハンカチ』、『息子』、『学校』シリーズ、そして『男はつらいよ』シリーズで、日本の家族を描き続けてきた山田洋次監督。本作は、東京で堅実に生きてきた...

「おとうと」ダメな弟でも最期まで心配し続けた確り者の姉と家族の絆

「おとうと」はぐ〜たらだめ弟を持つ確り者の姉の娘が結婚する事になり、その席にぐ〜たら弟も出席するが、結婚式を台無しにし、兄弟からも縁を切られ、娘も環境の違いなどで離婚してしまい家族崩壊寸前となるが、それでもぐ〜たら弟をほっとけない確り者の姉の献身的な姉弟...

おとうと

どう見ても姉弟に見えない吉永小百合と笑福亭鶴瓶の二人が人情味たっぷりに演じる家族ドラマ。東京で暮らす吟子は、女手一つで娘の小春を育てあげ、小さな薬局を営んで慎ましく暮らしている。一方、大阪で芸人の真似事をする弟の鉄郎は、いい年をして問題ばかり起こし落ち着....

『おとうと』

  □作品オフィシャルサイト 「おとうと」□監督・脚本 山田洋次 □脚本 平松恵美子 □キャスト 吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井 優、加瀬 亮、小林稔侍、       加藤治子、笹野高史、森本レオ ■鑑賞日 1月31日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> “芸のためなら姉貴も泣かす〜 それがどうした文句があるか〜♪” って、何だか鶴瓶が演じるとまさに浪花節なのだが  多少の時代錯誤はあるにしろ、日本における「家族」のあり方...

おとうと

<<ストーリー>>夫を亡くした吟子(吉永小百合)は、東京のある商店街にある薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春(蒼井優)を育て...

「おとうと」どこか懐かしい普通の人々の何気ない日常が良い

「おとうと」★★★☆ 吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮主演 山田洋次 監督、126分 、 2010年1月30日 公開、2009年、松竹 (原題:おとうと)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「吉永小百合さんの映画を映画館で見るのは これで2作目、最近見ただけで 映画出演100本を超える大女優の一番輝いていた頃は知らない、 この映画でも観客の見たい吉永小百合を演じていると感じた、...

おとうと

[吉永小百合] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年9本目です。 【あらすじ】 都内で小さな薬局を営む吟子(吉永小百合)は、一人娘の小春(蒼井優)と姑の絹代(加藤治子)と3人暮らし。 医師との結婚が決まっていた小..

おとうと  2回目だけどまた号泣

<<ストーリー>>早くに夫を亡くした吟子は、東京の私鉄沿線の一角で、小さな薬局を女手一つで切り盛りしながら娘の小春を育て、義母の絹...

おとうと

 『おとうと』を渋谷シネパレスで見ました。  このところDVDは別として、映画館では吉永小百合の映画を敬遠していたのですが、山田洋次監督久々の現代劇であり、そろそろ見頃ではないか、それに私が丁度弟のポジションにいることでもあるし、ということで見に行ったところです。  実際のところ、この映画における吉永小百合は、控え目で堅実な演技を見せていてマズマズでした〔鳥肌が立つような良妻賢母型のセリフだけは言わないでくれと願っていたところ、そんなシーンはありませんでした〕。彼女は、おそらくは実年齢よりも10歳程度...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ