忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初出は『月刊J-novel』2005年4月号、2005年6月号~2006年9月号。単行本は2006年9月に実業之日本社より刊行、Jノベル・コレクション版は2008年8月に刊行。 タイヤ脱落事故と大手自動車メーカーのリコール隠しをテーマにした作品。事故を起こした運送会社の社長が、自社の無実を証明すべく巨大企業の闇に挑む経済小説であり、2002年に発生した三菱自動車製大型トラックの脱輪による死傷事故、三菱自動車によるリコール隠しなどを物語の下敷きとしている。本作の前にも経済をテーマにした作品を発表してきた作者だが、「まともに経済小説を書こうと思って書いたのは、これがはじめて」とのこと。 2009年にはWOWOWの連続ドラマW枠でテレビドラマ化された。自動車会社が有力スポンサーの地上波では作品の性質上、制作は難しいと思われたが、有料放送のWOWOWでは地上波のようにスポンサーの影響を受けることなく番組制作を行えるため、ドラマ化が実現する運びとなった。主演は仲村トオル。第28回吉川英治文学新人賞、第136回直木三十五賞候補作。

空飛ぶタイヤ DVD-BOX(3枚組)
 
ある日、トレーラーのタイヤが走行中に外れ、死傷事故を起こしてしまう。トレーラーを所有する運送会社の社長、赤松は事故原因を整備不良と決めつけられ、社会のバッシングを浴び、会社は倒産寸前の状態にまで追い込まれる。しかし、赤松は整備不良ではないとの信念から、社員と家族を守るべくトラックの製造元の大企業ホープ自動車に立ち向かうことを決意する。その頃、ホープ自動車内部では不祥事隠蔽の秘密会議の存在を察知する者がいた。また、銀行の融資担当もホープ自動車の良からぬ噂を知るのだった。次第に明かされる企業の闇と真実。巨大組織と中小企業、そこにある夢と現実。各々が抱く正義。リコール問題という身近で壮大なテーマにメスを入れた話題作、待望の映像化。職場、家庭、それぞれの立場で熱く闘うものたちが辿り着いた思いがけない結末とは…。

空飛ぶタイヤ DVD-BOX(3枚組)


空飛ぶタイヤ DVD-BOX(3枚組)


空飛ぶタイヤ DVD-BOX(3枚組)

amazon.co.jp

ストーリー

第1話
運送会社社長の赤松(仲村トオル)は、自社トレーラーのタイヤ脱輪による死傷事故が原因で警察から執拗な捜査を受ける。家族も周囲から孤立し、仕事も激減するが、社員の適切な整備を信じて事故の再調査を訴える。一方、ホープ自動車の沢田(田辺誠一)は赤松の依頼を機に、常務の狩野(國村隼)を筆頭とした、リコール隠しのための秘密会議(T会議)が社内に存在する事を知る。そして系列のホープ銀行では調査役の井崎(萩原聖人)がホープ自動車への甘い稟議を求められていたが、友人の記者・榎本(水野美紀)からホープ自動車内に疑念があることも知らされており、判断出来ずにいた。そんな時、赤松運送にまた一つ大手の取引先から取引停止の連絡が入り…。


第2話
赤松(仲村トオル)は、自分達で事故調査を開始するべく、ホープ自動車の沢田(田辺誠一)に部品のハブの返却を求めるが、沢田は赤松の要求を退ける。一方、沢田は自社のリコール隠しを確信し、同僚の小牧(袴田吉彦)と共に証拠を探し始めるが、その行動が露見し、品質保証部の杉本(尾野真千子)に呼び出されてしまう。同じ頃、ホープ銀行の井崎(萩原聖人)は専務の巻田(西岡徳馬)と、ホープ自動車常務の狩野(國村隼)に呼び出され、融資の決断を迫られていた。狩野は井崎の婚約者・香織(ミムラ)の叔父であり、井崎にとっては、公私ともに融資への圧力をかけられることになるため、難しい判断を迫られていた。


第3話
取引銀行からの貸し剥がしに遭い、金策に走る赤松(仲村トオル)の元に、被害者の柚木(甲本雅裕)から民事訴訟の訴状が届く。社員の中からも退職者が出るなど更なる窮地に陥る赤松。一方で、榎本(水野美紀)の取材は着々と進んでいた。このスクープが出れば、事態は大きく変わる、そう信じて、赤松達は記事が出るのを心待ちにしていた。ホープ自動車では、沢田(田辺誠一)達の活動が狩野(國村隼)の知るところとなる。狩野は沢田に対して、敢えて希望の部署への異動という策を用意し、沢田の動きを封じ込めようとする。夢を諦めきれない沢田は、狩野の話を呑むために、赤松との一件に決着をつけようと、ある策を用意する。


第4話
希望の部署に異動した沢田(田辺誠一)は、自分の希望していた商品開発の仕事に携わることが出来ずにジレンマを感じていた。そして、榎本(水野美紀)のスクープ記事を心待ちにしていた赤松(仲村トオル)らの落胆も大きかった。赤松は記事が掲載されなかった理由を榎本問い詰めるが、要領を得ない。実は裏で、狩野(國村隼)が出版社に対して、宣伝費を理由にした圧力をかけ記事を差し止めていたのだ。榎本に詰め寄る赤松。赤松の気迫に負けた榎本は、自分が調べた他のホープ自動車の事故リストを差し出す。そのリストにある会社を一つ一つ調べていくうちに、赤松は、自分と同様にホープ自動車の事故について調べていた人物に辿りついたのだが…。


第5話(最終話)
赤松(仲村トオル)から突きつけられた虚偽報告の決定的な証拠を見て、沢田(田辺誠一)は愕然とし、狩野(國村隼)はすぐに手を打とうと動き出す。赤松は証拠を警察にも持ち込み、真相を究明するよう刑事の高幡(遠藤憲一)に要求する。赤松の持ち込んだ証拠を検証し、ホープ自動車への家宅捜索を行う高幡だったが、押収品からは逮捕の決め手となるべき証拠が出てこない。全ては狩野が徹底的な社内への隠蔽工作指令を出していたのだ…。果たして、事故の原因は整備不良で終わってしまうのか? それともリコール隠しの罪は暴かれるのか?登場人物それぞれが、己の夢と希望と正義をかけて動き出したとき、その先に見えるものとは?

スタッフ
  • 原作:池井戸潤「空飛ぶタイヤ」(実業之日本社刊)
  • 監督:麻生学、鈴木浩介
  • 脚本:前川洋一 
  • プロデューサー:青木泰憲、土橋覚
  • 音楽:佐藤直紀
  • 制作協力:東阪企画
  • 製作著作:WOWOW

キャスト
  • 赤松徳郎:仲村トオル
  • 沢田悠太:田辺誠一
  • 井崎一亮:萩原聖人
  • 榎本貴和子:水野美紀
  • 佐々木香織:ミムラ
  • 小牧重道:袴田吉彦
  • 高幡真治:遠藤憲一
  • 沢田英里子:本上まなみ
  • 巻田三郎:西岡徳馬
  • 赤松史絵:戸田菜穂
  • 宮代直吉:大杉漣
  • 狩野威:國村隼

関連ニュース
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ