忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トロン:レガシートロン:レガシー
スタッフ 監督: ジョセフ・コシンスキー 撮影: クラウディオ・ミランダ 音楽: ダフト・パンク
キャスト ギャレット・ヘドランド ジェフ・ブリッジス オリヴィア・ワイルド
劇場公開日:2010-12-17


予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
父親が創造したコンピューターの中の世界に入り込んでしまった若者の姿を描く3D映画。監督は未来的なテイストのCMで世界に名を馳せる映像クリエイター、ジョセフ・コシンスキー。出演は「狼の死刑宣告」のギャレット・ヘドランド、「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジス、「ボビーZ」のオリヴィア・ワイルド、「ニュー・ムーン/トワイライト・サーガ」のマイケル・シーンなど...続きを読む

ストーリー
1989年。デジタル業界のカリスマ的存在にして、巨大企業エンコム社のCEO、ケヴィン・フリンが7歳の息子サムを残して失踪する。20年後。サム(ギャレット・ヘドランド)は、27歳の若者に成長していたが、父に捨てられたという哀しみや不信感は心から消えることはなかった。ある日、ケヴィンの共同経営者だったアラン(ブルース・ボックスレイトナー)に謎のメッセージが届く。発信源はケヴィンが所有していたゲームセンター。足を踏み入れたサムは、地下に秘密の研究所を発見するが、突然サムを閃光が包み、彼はコンピューター・システムの中の世界に入り込んでしまう。サムは監視用飛行マシ... 1989年。デジタル業界のカリスマ的存在にして、巨大企業エンコム社のCEO、ケヴィン・フリンが7歳の息子サムを残して失踪する。20年後。サム(ギャレット・ヘドランド)は、27歳の若者に成長していたが、父に捨てられたという哀しみや不信感は心から消えることはなかった。ある日、ケヴィンの共同経営者だったアラン(ブルース・ボックスレイトナー)に謎のメッセージが届く。発信源はケヴィンが所有していたゲームセンター。足を踏み入れたサムは、地下に秘密の研究所を発見するが、突然サムを閃光が包み、彼はコンピューター・システムの中の世界に入り込んでしまう。サムは監視用飛行マシン=レコグナイザーによって、トロン・シティの壮大なコロシアムに連行され、大観衆の歓声の中、人間たちが互いにディスクを飛ばして闘い、敗者は“死”あるのみという競技を強いられる。この世界の人間は皆プログラムであり、背中には自身の全ての情報を記録したディスクが挿入されていた。ゲームに投入されたサムは覚悟を決め、抜群の運動能力を発揮してトーナメントを勝ち上がっていくが、さらに危険なゲームに投入され、場内に侵入してきた謎の女性クオラ(オリヴィア・ワイルド)に命を救われる。クオラはサムをトロン・シティの外、山中の家に連れ出し、サムの父ケヴィン(ジェフ・ブリッジス)と再会させる。ケヴィンは20年前、システムの中に理想の世界を創り上げたがISOと呼ばれる豊かな個性と自由意思を備えたミュータントが出現したことからプログラム“クルー”がクーデターを起こしISOを粛清、ケヴィンはクルーの監視が及ばぬ辺境の地に隠れ、この世界に閉じ込められてしまったのだった。事実を知ったサムは、父の苦悩と自分への愛を感じ取り、現実世界へ戻って“クルー”を削除しようと決心する。だが、現実世界へのポータル(出入り口)までの案内人・ズース(マイケル・シーン)は、クルー側と通じていた...続きを読む

スタッフ
  • 監督: ジョセフ・コシンスキー
  • 撮影: クラウディオ・ミランダ
  • 音楽: ダフト・パンク

キャスト
  • ギャレット・ヘドランド
  • ジェフ・ブリッジス
  • オリヴィア・ワイルド

DVD情報

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

ハロハロー
記事読んでくれてありがと~。
ツミコ、映画見んもんなー
彼氏とはいつまでもラブラブでいたいなー(∩∀`*)キャッ
Re:無題
そうだよいつまでもラブラブでいようょ*+。('∀'*)*+。

どちらが先に結婚するか競争だぁ

ってか♪まだしたいことが山ほどあるので先の話だったり...

でも、新婚旅行はフランス辺りがいいなぁ~

とりあえず、今と言う時間を精一杯生きて、その答えが結婚だったらいいと夢は膨らんでます

果たしてどうなる事やら

無題

JUNさん未婚だったのですか!
知らなかった~。
ツミコ、長い春でいつになったら結婚できるかため息出ちゃうよ。すぐにでも結婚したいのにぃーー。
新婚旅行はオーストラリアの予定。>勝手に
今という時間を精一杯生きるなんて素敵なこと。
ツミコも平凡でいいからぼちぼち毎日過ごせたらいいなー。
Re:無題
ツミコさんならきっと素敵な結婚式を迎えることができますょ

新婚旅行ももちろんラブラブで

和やかな家庭で平和に暮らしてるツミコさんが近い将来いたりして

楽しみですね
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

トロン・レガシーのプロモーションがなかなかカッコいい。

昨日、通りがかったのが、コレ(写真:クリックすると大きくなります。小さくするにはブログタイトルをクリック) なんと28年ぶりの続編が待機中の「トロン・レガシー」のプロモーション。 なかなかカッコいい! (映画にはぜんぜん負けるけど)

トロン:レガシー

世界で初めてCGを本格導入した革新的映像で話題となった1982年のジェフ・ ブリッジス主演作『トロン』の続編となるSFアクション。 失踪した父が創り上げたコンピュータ・システムの内部世界に入り込んだ 青年が、人類の存亡を脅かす敵と死闘を繰り広げる姿を驚異の3…

映画「トロン:レガシー(3D版)」感想

映画「トロン:レガシー(3D版)」観に行ってきました。 アメリカ・台湾合作による1982年公開映画「トロン」の続編。 前作「トロン」で主人公だったケヴィン・フリンと、その息子で今作の主人公となるサム・フリンが活躍する作品となります。 ストーリーは、一言で言えば「プログラムの叛乱」がテーマですね。 エ

トロン:レガシー 3D

トロン:レガシー 3D'10:米◆原題:TRON: LEGACY◆監督:ジョセフ・コジンスキー◆主演:ギャレット・ヘドランド、ジェフ・ブリッジス、オリヴィア・ワイルド◆STORY◆デジタル業界のカリス ...

【映画】トロン:レガシー

<トロン:レガシー を観て来ました> 原題:Tron: Legacy 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ やっと 楽しみにしていた、今年一番のbigな目玉映画、「トロン:レガシー」を観て来ました。 普段は3Dでも近場の錦糸町にあるTOHOシネマズに行くことが多いんだけど、今回は大きなスクリーンで観たい!ってことで、豊洲ユナイテッドシネマまで足を運びました。 結構IMAXじゃないと見る気がしないとか言う声も聞きますが、IMAXはさすがにちょっと遠い…ので、特に気にしてませ...

トロン:レガシー (TRON: Legacy)

監督 ジョセフ・コシンスキー 主演 ギャレット・ヘドランド 2010年 アメリカ映画 125分 SF 採点★★ “映像革命”とか“全く新しい映像体験”とか言った宣伝文句をよく耳にしますが、稀に斬新な映像表現を用いた作品こそあれど、ほとんどはエフェクト率が高くな…
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ