忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

軽蔑 公式サイト軽蔑
監督廣木隆一
出演高良健吾鈴木杏大森南朋忍成修吾村上淳根岸季衣田口トモロヲ緑魔子小林薫
内容:賭博に明け暮れ欲望のままに生きる男と、彼の生きざまに惹(ひ)かれた踊り子が、命を狙われながらも愛し合う姿を描くラブストーリー。芥川賞作家・中上健次による最後の長編作品を基に、愛し合うものの引き裂かれていく純粋で不器用な男女の愛をリアルな筆致で映像化。『ヴァイヴレータ』の廣木隆一が監督を務め、『白夜行』の高良健吾、『吉祥天女』の鈴木杏がダブル主演で刹那(せつな)の男女を熱演。魂を揺さぶる壮絶な愛のドラマに圧倒される。

予告編
チケットぴあ
チケットぴあ
解説
作家・中上健次の異色ラブストーリーを「雷桜」の廣木隆一監督が映画化。「白夜行」の高良健吾と「吉祥天女」の鈴木杏のW主演により、愛し合うがゆえに引き裂かれていく壮絶な純愛を描く。そのほかの出演は「ジーン・ワルツ」の大森南朋、「雷桜」の忍成修吾、「海炭市叙景」の村上淳、「パートナーズ」の根岸季衣、「GANTZ」の田口トモロヲ...続きを読む

ストーリー
新宿歌舞伎町でその日暮らしをしているカズこと二宮一彦(高良健吾)は、兄貴分の伊藤(村上淳)から、600万の借金を帳消しにするかわりに、伊藤が属する組に断りなしで賭博を行っているポールダンスバー「ニュー・ワールド」への強襲を命じられる。カズは仲間と共にバーを襲うが、そこにはカズが恋焦がれていたダンサーの矢木真知子(鈴木杏)がいた。混乱の最中、控え室から真知子を連れ出したカズは、その勢いのまま駆け落ちを提案する。真知子もまた、店内でいつも真知子を見つめていたカズが気になっていた。二人が向かったのはカズの故郷。実家は豪邸だったが、両親とは疎遠で、「俺、こっちで、このひとと暮らすことにしたわ」というカズに、母・貴子(根岸季衣)も父・一幸(小林薫)も、いつも身勝手な息子にあきれるばかり。だが一幸は、半ば機械的に所有マンションの一室を二人のために用立てる。叔父の伸二(田口トモロヲ)の酒屋で地道に配達の仕事を始めたカズ。一方、真知子もカズの気のいい仲間たちに囲まれ、田舎町での生活にとけこもうとしていた。そんなある日、真知子との結婚を反対され、カズが一幸に刃物を向けるという事件が発生。真知子を蔑む両親に腹を立て、どうすることもできずに苛立ったのだ。カズの祖父の愛人で、今はカフェ「アルマン」を営むマダム・杉田千代子(緑魔子)から、そのことを知らされた真知子は、ひとり東京に戻り、再びダンサーとしての生活を始める。そんな中、傷心のカズが真知子を追ってクラブに現れた。「俺の嫁さんは真知子だけだよ」再び故郷に戻ったカズと真知子は、お互いだけを信じて結婚する。祝福され、今度こそ固く結ばれたはずの男と女の絆。ところが、真知子の不在時にカズがこしらえたカジノ賭博での借金は想像以上に膨らんでいた。やがて、カズを幼い頃から知る高利貸しの男、山畑万里(大森南朋)の魔の手が二人に近づいていく...続きを読む

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
【公開日】2011年6月4日
【製作年】2011年
【製作国】日本
【映倫情報】R15+
【配給】角川書店
【監督】廣木隆一
【脚本】奥寺佐渡子
【原作】中上健次軽蔑」(角川文庫刊)
【公式サイト】軽蔑
【出演】二宮一彦:高良健吾/矢木真知子:鈴木杏/山畑万里:大森南朋/浜口雅博:忍成修吾/伊藤:村上淳/二宮貴子:根岸季衣/二宮伸二:田口トモロヲ/杉田千代子:緑魔子/二宮一幸:小林薫/西崎健次:日向寺雅人/横田悟:蕨野友也/林公平:小林ユウキチ

amazon.co.jp

あなたはこの映画をどう評価しますか?
素晴らしい すごい とても良い 良い
参加ランキングサイト
ブログランキング・にほんブログ村 人気ブログランキングへ TREview
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

軽蔑 新宮警察よ、しっかりしろっ!(笑)

【=25 -7-】 うちの親会社の労組を中心とする企業連の、本日は春のレク行事でBBQ。 うっかり日本酒回し飲みの席に居てしまって、グビグビ一気飲みをさせられてしまった(2timesも!)、だめですよ、無謀なお酒の飲み方は〜凸(`△´#)凸キル ユゥゥゥ! そのせいで中途半端に酔っ...

鈴木杏さんが大人の演技を見せてくれます!

Ozmall編集部より招待いただき 映画『軽蔑 』の完成披露試写会に行ってきました! この映画は、芥川賞作家 中上健次さんの 原作を映画化したものです。 上映後、舞台挨拶をされると言う事で それも楽しみにしていました! 映画の感想ですが、 正直、テン

軽蔑

芥川賞作家・中上健次の遺作となった同名小説を映画化。資産家の息子で遊び人の男とポールダンサーの女の激しく切ない愛の行方を描いている。主演に『おにいちゃんのハナビ』の高良健吾と『吉祥天女』の鈴木杏。共演に大森南朋、忍成修吾、小林薫といった実力派が揃う。監督は『雷桜』、『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一。鈴木あんの大胆なヌードシーンが話題の一作だ。

軽蔑(2011)

公式サイト。中上健次原作、廣木隆一監督、高良健吾、鈴木杏、大森南朋、忍成修吾、村上淳、根岸季衣、田口トモロヲ、緑魔子、小林薫。中上健次の遺作を映画化。 和歌山県新宮市の ...

軽蔑

軽蔑 (角川文庫)破滅型の愛のドラマは、ただ愛し合っているだけでは幸せにはなれない男女の運命を描く。若手実力派の高良健吾と鈴木杏は熱演だが、作品の手触りがあまりに古臭い。 ...

「軽蔑」世界から軽蔑され続けた先にみたどんな困難でも離れない愛し合った2人

「軽蔑」(R15+指定)は東京でやくざの手下をしていた青年とダンスバーの踊り子が惹かれ合い結婚するが、それぞれの立場の違いなどから周りから軽蔑され続ける中で、それぞれの愛情 ...

軽蔑

2011年6月7日(火) 18:15~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『軽蔑』公式サイト 登場人物のほとんどすべてがクズ。主人公は、だめんずとだめんずウォーカー。(ウォーカーかどうかは、正確には不明。) トップレスバーの従業員に袋にされたのに、難なく踊り子の楽屋に潜入成功し、顔も傷ひとつなかったり、 昼に襲撃をかけるも、逃走時はあっという間に夜という「デビルマン」演出、しかも腹を刺されて出欠しているのに、推定最短5時間たってもまだ生きている、 ...

軽蔑

胸が痛い せつなすぎて うずくまる

軽蔑

 『軽蔑』を角川シネマ有楽町で見てきました。 (1)細かなところはほとんど忘れてしまいましたが、かなり昔、中上健次の原作(1992年)を読んだこともあって、映画館に出向きました。  映画のストリーは大体次のようです。  新宿歌舞伎町のトップレスバーでポールダン...

軽蔑(2011-046)

新宿・歌舞伎町で遊んで暮しているカズは、 ポールダンスバーの踊り子、真知子に恋焦がれていた。 ある夜、兄貴分の伊藤の命令でバーを強襲。 混乱の中、勢いで真知子を連れ出し、カズの故郷、 紀州の実家...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ