忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気球クラブ、その後 [DVD]
2006年12月に公開された、園子温監督・脚本、深水元基主演の青春群像劇。共演には、本作が女優デビューとなった川村ゆきえ、長谷川朝晴(元ジョビジョバ)、永作博美ら個性派が顔をそろえ、荒井由美の名曲『翳りゆく部屋』をモチーフにした繊細な物語を情感豊かに演じている。本当に気球が好きな人、さみしさをまぎらわしたい人、恋愛や友情を求める人などが集うサークル“気球クラブ・うわの空”。そこで過ごした若者たちが、5年の時を経て再び邂逅(かいこう)し、止まっていた時間が流れだす。だれしもが立ち止まって振りかえることを禁じえない、若き日の忘れえぬひととき。観ていると、自らの青春時代になぞらえてやるせない気持ちになったり、淡く微笑みたくなるような気分になる。人のもつ運命の悲しさ、いとおしさを感じられる物語。

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
北二郎(深水元基)は「気球クラブ~うわの空~」というサークルに所属していた。 そこには、本当に気球が好きな人、淋しさを紛らわすために入ってみた人、 友達をや恋人を探しにきた人・・・さまざまな想いを抱いた若者たちがいた。 ――あれから5年。仲間のみどり(川村ゆきえ)と微妙な関係を続けている二郎のもとに 一本の悲報が入る。リーダー・村上の事故、そして、死。 そのことがきっかけで、バラバラになっていたメンバーが再び集まり、 村上を偲んで大宴会が行われることになった。 だが、彼らは気付いていた。これが最後の、一夜限りのバカ騒ぎだということに。 そして、二郎は村上の恋人だった美津子(永作博美)の深いの想いを初めて知ることになる・・・。

気球クラブ、その後 [DVD]

amazon.co.jp

スタッフ
  • 監督・脚本: 園子温
  • 企画: 小曽根太
  • プロデューサー: 富田敏家
  • 撮影: 谷川創平
  • 録音: 原川慎平
  • 編集: 伊藤潤一

キャスト
  • 深水元基
  • 川村ゆきえ
  • 長谷川朝晴
  • 永作博美
  • いしだ壱成
  • 江口のりこ

関連リンク
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

気球クラブ、その後

2006年12月に公開された、園子温監督・脚本、深水元基主演の青春群像劇。共演には、本作が女優デビューとなった川村ゆきえ、長谷川朝晴(元ジョビジョバ)、永作博美ら個性派が顔をそろえ、荒井由美の名曲『翳りゆく部屋』をモチーフにした繊細な物語を情感豊かに演じている。本当に気球が好きな人、さみしさをまぎらわしたい人、恋愛や友情を求める人などが集うサークル“気球クラブ・うわの空”。そこで過ごした若者たちが、5年の時を経て再び邂逅(かいこう)し、止まっていた時間が流れだす。だれしも...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ