忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サヨナライツカ愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に生きる強く純真な女性を熱演。原作は中山の夫・辻仁成。バンコクで始まった恋が東京、ニューヨークと場所を移し、25年の時を超えて愛へと変わる過程が切ない。
DVD詳細主題歌「ALWAYS-中島美嘉」紹介記事ジャパンプレミア

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
1975年、灼熱のバンコク。チャオプラヤー川ほとりに立つ最高級ホテル、オリエンタル・バンコクの “サマーセット・モーム・スイート”に住む沓子。美しさと妖艶さを纏った沓子は、お金に不自由なく、男性から愛されることで満たされた毎日を送っていた。ある日、バンコクに赴任してきたエリートビジネスマンの豊と出逢う。二人はたちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていく。しかし、結婚を間近に控えた豊には、東京に残してきた光子という婚約者がいた。「豊、わたしのこと愛してる?」豊との楽しい日々を過ごすうち、“愛される”ことではなく、人を“愛する” ことに気づきはじめる沓子。しかしそこにはどうしても越えられない“期限”があった。そして二人はは、苦渋の選択をする。そして、25年後のバンコク。二人は運命の再会をするが…。

スタッフ
  • 監督・脚本: イ・ジェハン
  • 原作: 辻仁成

キャスト
  • 中山美穂
  • 西島秀俊
  • 石田ゆり子

関連リンク

主な上映劇場

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

サヨナライツカ

愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に生きる強く純真な女性を熱演。原作は中山の夫・辻仁成。バンコクで始まった恋が東京、ニューヨークと場所を移し、25年の時を超えて愛へと変わる過程が切ない。...

サヨナライツカ

『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督作品。辻仁成の同名小説の映画化だ。主演は原作者・辻仁成の妻でこれが12年ぶりの映画復帰作となる中山美穂。共演に『蟹工船』や『ゼロの焦点』の西島秀俊、『MW-ムウ-』の石田ゆり子、『新宿インシデント』の加藤雅也が出演している。「人間は死ぬ時、愛されたことを思い出すのか、それとも愛したことを思い出すのか」切ない恋が今始まる―。

試写会「サヨナライツカ」

今日は仕事帰りに、なかのZEROホールへ中山美穂のなんと12年ぶりの主演映画「サヨナライツカ」の試写会に行ってきました隠れ中山美穂ファンとしては、超期待作ですとにかく、いまだ健在の美しさでしたとてもアラフォー(39歳)とは思えませんでしたとは言っても、映...

サヨナライツカ

一生に一度の燃えるような愛を綴り、多くの男女の心を震わせたベストセラー「サヨナライツカ」。その25年にわたる壮大なラブストーリーを、日本でも興収30億円を超える大ヒットを記...

「サヨナライツカ」いつかサマーセットモームスイートに泊まりたい

「サヨナライツカ」★★★★ 中山美穂、西島秀俊主演 イ・ジェハン監督、134分 、 2010年1月23日、2009年                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← CJ Entertainmentのロゴで始まるこの映画、 日本人監督じゃない「何か」をえ狙ったのだろう、 その試みは成功したのか。 「辻仁成の同名小説を、『私の頭の中の消しゴム』の監督イ・ジェハンが 原作者の夫人である中山美穂を1...

「サヨナライツカ」愛し愛された先にみた夢に惹かれた2人の女性の愛の深さ

「サヨナライツカ」(R15+指定)は辻仁成原作の「サヨナライツカ」を映画化した作品で、バンコクに転勤してきた航空会社の青年が婚約者がいる身ながら現地で出会った女性と密会を繰り返して恋に落ち、それが愛となるが、別れて25年後に再び再会するストーリーである。叶わぬ...

『サヨナライツカ』

  □作品オフィシャルサイト 「サヨナライツカ」□監督 イ・ジェハン□脚本 イ・ジェハン、イ・シンホ、イ・マニ  □原作 辻 仁成□キャスト 中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ■鑑賞日 1月23日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 男と女が出逢うこと、そこには様々な形がある。 それはたとえば一夜の戯れであったり、延長線上に幸福な生活があるのかもしれない。 ひとことで“運命の出会い”と言えるものがあるとしたら、 そ...

サヨナライツカ / Sayonara Itsuka

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「私の頭の中の消しゴム」観てません。辻仁成の小説、読んでません。 タイ、バンコクが舞台、中山美穂主演ってことで観て来ました〜{/m_0151/} 23日から公開。試写にて。 「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督最新作、ミポリン夫、辻仁成の「サヨナライツカ」原作。 不倫もののラブストーリーだってことだけは知ってたの...

サヨナライツカ

映像は綺麗だが、中身は男の身勝手さと女の浅はかさを描く時代遅れのラブストーリーにすぎない。1975年のバンコク。高級ホテルのスイートルームに住む美女・沓子は、お金に不自由なく、多くの男性から愛されることで満ち足りていた。豊は、バンコクに赴任してきたエリートビ....

映画<サヨナライツカ>

いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない 孤独はもっとも裏切ることのない 友人の一人だと思うほうがよい 愛に怯える前に傘を買っておく必要がある・・・   こんな詩で始まる<サヨナライツカ>の映画。 ”愛されるコト”が全てと思っていた女性が、 運命的な出会いを経て”愛するコト”が本当の愛だと気付くラブストーリー。 物語は“愛されたい”と願う沓子(中山美穂)が、 好青年・豊(西島秀俊)をポジティブに愛するようになる様子を 克明に描いていきます。。。   &...

観ました、「サヨナライツカ」

イ・ジェハンワールドと辻仁成ワールドのめくるめく融合。 よく映画を、「1800円

mini review 10476「サヨナライツカ」★★★☆☆☆☆☆☆☆

愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に生きる強く純真な女性を熱演。原作は中山の夫・辻仁成。バンコクで始まった恋が東京、ニューヨークと場所を移し、25年の時を超えて愛へと変わる過程が切ない。[もっと詳しく] なんだか辻仁成と高城剛には、同じ匂いがして好きになれない。 原作の辻仁成は、195...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ