忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青の炎 特別版 [DVD] 殺人者になるまで追い詰められていく、17歳の少年の悲しくも切ない青春ドラマ。貴志祐介の同名小説を映画化。監督は映画としては『魔性の夏』以来21年ぶり、演劇界の巨匠、蜷川幸雄。主人公の秀一役には人気グループ「嵐」のメンバーでもある二宮和也が、ガラスのように傷つきやすい繊細な心の少年を熱演。主人公のガールフレンド役に松浦亜弥、妹役の鈴木杏なども好演。映画俳優初挑戦にして主人公を心理的に追い詰めていくという難しい役所の義父を、ファッションデザイナーの山本寛斎が演じ切る。


ストーリー
17歳、高校生の秀一(二宮和也)には、殺したい男がいた。10日前から家に居座り、母・友子と妹・遥香との平和な暮らしを乱す、元継父の曾根(山本寛斎)だ。警察や法律が自分たち家族を守ってくれないと悟った秀一は、自らの手で曾根を殺す決意を固める。インターネットの裏サイトや医学書を調べて完全犯罪のシナリオを練った秀一は、計画を実行する。警察は、曾根を病死と判断。ガールフレンドの紀子(松浦亜弥)にかすかな不信感を抱かれた以外は、秀一の計画は完璧なはずだった……が、登校拒否のクラスメイト・石岡に秘密を知られてしまい、強請られる。そんな石岡に、秀一はバイト先のコンビニへの偽の強盗計画を持ちかける。押し入った石岡を、秀一は正当防衛を装って殺害。しかし、秀一の行動に疑問を抱いた山本刑事に鋭く追及され、追い詰められた秀一は、すべてを自供することを山本に約束する。自分が逮捕されたら、家族はマスコミ報道にさらされ、社会の偏見にさらされるのは必至だった。秀一は紀子に別れを告げた後、愛車・ロードレーサーと共にトラックに突っ込んでいく。

青の炎 特別版 [DVD]

amazon.co.jp

スタッフ
  • 監督・脚本: 蜷川幸雄
  • 脚本: 宮脇卓也
  • 製作総指揮: 角川歴彦
  • 企画: 江川信也
  • 原作: 貴志祐介
  • 撮影: 藤石修
  • 美術: 中澤克巳
  • 編集: 川島章正
  • 音楽: 東儀秀樹

キャスト
  • 二宮和也
  • 松浦亜弥
  • 鈴木杏
  • 唐沢寿明
  • 竹中直人
  • 山本寛斎
  • 秋吉久美子

関連リンク
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

青の炎

殺人者になるまで追い詰められていく、17歳の少年の悲しくも切ない青春ドラマ。貴志祐介の同名小説を映画化。監督は映画としては『魔性の夏』以来21年ぶり、演劇界の巨匠、蜷川幸雄。主人公の秀一役には人気グループ「嵐」のメンバーでもある二宮和也が、ガラスのように傷つきやすい繊細な心の少年を熱演。主人公のガールフレンド役に松浦亜弥、妹役の鈴木杏なども好演。映画俳優初挑戦にして主人公を心理的に追い詰めていくという難しい役所の義父を、ファッションデザイナーの山本寛斎が演じ切る。 ...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ