忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」劇場用アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト完結編』から25年、壮大な構想のもとにヤマトが復活した。フルCGで甦ったヤマトは、完璧な3D立体モデルに手を加え、その巨大さ、重量感を再現すべく、細心の工夫を凝らしている。また、斬新なデザインのメカの戦闘シーンは、3D・CGを駆使しつつも、アニメーション的な演出も取り入れ、かつてない迫力でスクリーンに展開する。旧作ファンにはおなじみの古代進、真田志郎といったベテラン・キャラクターに加え、若いキャラクターが数多く登場。新たな人気キャラクターの登場を予感させる。メインスタッフには、“ヤマトを作った世代”と“ヤマトで育った世代”のコラボレーションが実現。世代を異にするクリエイターが、新しいヤマトに命を吹き込んでいる...DVDはこちら

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
宇宙戦艦ヤマトがアクエリアスの海に沈んで17年、時に西暦2220年、地球人類は未曽有の危機に直面していた。太陽の300倍の質量を持ち、その巨大な重力により光をも飲み込む暗黒の天体・移動性ブラックホール。今、そのブラックホールが、はるかなる宇宙から刻々、地球に迫っていた。地球連邦政府は、移民船団を組織し、地球から2万7千光年離れたサイラム恒星系アマールへの移民を決行するが、謎の大艦隊の攻撃に会い、第一次、第二次船団が壊滅してしまう。古代進は、第三次移民船団の護衛艦隊司令として宇宙戦艦ヤマトに乗り込んだ。かつて沖田艦長のもとでガミラスと戦った古代たちを彷彿させる若いクルーたちとともに、ヤマトは凍りついたアクエリアスの海から雄々しく浮上する。しかし、はるか宇宙のかなたには、地球人類の移住計画を阻止すべく、星間国家連合のSUS艦隊が待ち伏せていた...DVDはこちら

スタッフ
  • 企画・原作・総監督: 西崎義展

関連リンク
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」

劇場用アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト完結編』から25年、壮大な構想のもとにヤマトが復活した。フルCGで甦ったヤマトは、完璧な3D立体モデルに手を加え、その巨大さ、重量感を再現すべく、細心の工夫を凝らしている。また、斬新なデザインのメカの戦闘シーンは、3D・CGを駆使しつつも、アニメーション的な演出も取り入れ、かつてない迫力でスクリーンに展開する。旧作ファンにはおなじみの古代進、真田志郎といったベテラン・キャラクターに加え、若いキャラクターが数多く登場。新たな人気キャラクターの登場を予感させる。メインスタ...

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

1974年、「さらば、地球よ・・・」のメロディに乗って「宇宙戦艦ヤマト」がTVに登場してから35年が経ちました。「人類滅亡まで、あと1年」というセンセーショナルなコピーで注目を集め...

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」ええ~?こんなことに…。

 公開が近付いてきました「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」(この際、“実写版”の話題はスルーってことで…(^^;)。果たしてどんな展開になるのかなあ?と思っておりましたが、何か情報が色々と出てきましたね~。  主人公・古代進は山ちゃんですか。予告編の映像見てると、そんなに違和感はないかなあとは思いますが、やはり故富山敬さんを越えるのは、なかなか難しいかと…。あと伊武さん(←しかし、この人の公式HPは、何て面白いんだ(^^;)も出られますが、何と!デスラー総統ではない!のですね(デスラー自体が出てこないようで...

宇宙戦艦ヤマト 復活篇 主題歌「この愛を捧げて」

THE ALFEE 35周年記念第3弾シングル!通算59作目のシングル。超大型タイアップ決定! 12月12日公開全国東宝系、劇場版「宇宙戦艦ヤマト 復活編」主題歌に「この愛を捧げて」が決定! また劇中歌は誰もが聞いたことのある、ささきいさお氏が歌った不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」のカバーを歌います。今作品はタイトル曲とそれぞれに異なるカップリング曲とジャケット違いの3種類をリリースします。 劇場用アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト完結編』から25年、壮大な構想のもとにヤマトが復活した。フルCG...

[映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』を観た]

☆午前中に観た『ワンピース』以上に、判断を公言するのが難しい作品である^^;  これから、ちょいと焼肉パーティーなので、それが終わってから、この前口上の後に、ネチッコク書きたいと思うので、皆さん、後ほど、また、こちらを覗いてください^^  ともあれ、『宇宙戦艦ヤマト』! 堂々の復活おめでとう!!!    ◇    (感想は工事中・・・。今夜中に、この後に更新します)

『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 5年の遅れを取り戻せるか?

 長い年月であった。  『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の最初の制作発表は1994年だから、もう15年になる。  この間、長引く裁判をはじめ数々の...

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

1983年の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』から26年ぶりに製作された劇場版映画。 完結編から17年後を舞台に38歳になったヤマト艦長・古代進の活躍を描く。西暦2220年、移動性巨大ブラックホールが太陽系に接近してきて、その ルートから地球が確実に飲みこまれることが判明したた..

宇宙戦艦ヤマト 復活篇

日本アニメ史上に残る名作『宇宙戦艦ヤマト』、1983年の『宇宙戦艦ヤマト 完結篇』から26年の時を経てフルCGで甦ったのが本作だ。「完結篇」から17年後を舞台にした本作では38歳になった艦長・古代進はもちろんのこと、古代雪、真田志郎、佐渡酒造、アナライザーといったお馴染みのキャラクターに加え、古代の娘・美雪やまだ若い乗員たちが登場する。監督はシリーズと同じ西崎義展。

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」みた。

アクエリアスの海に沈んだヤマトがついに復活!。ヤマトの呪縛から解き放たれずにいた古代進が地球を離れていた3年の間に、地球は逃れようのない危機に直面していることが発覚しプロジェクトが進んでいた。今度こそ

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」地球を救うためにパワーアップして戻ってきたヤマト復活の戦い

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」は1974年に放送されたアニメ宇宙戦艦ヤマトの劇場版最新作でアクエリアスの海に沈んだヤマトがブラックホールの未曾有の危機に復活し人類を第2の地球へ移住させる任務につくが、謎の国家の攻撃を受けてその国家と戦うストーリーである。映画...

『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』

----あらら。また、ヒーローものだ。 しかもアニメ…。 「まあ、それだけ今年のお正月映画は、 この手の作品が多いということだろうね。 東宝、東映、松竹。 それにワーナーまで加わって アニメorヒーローものばかり。 実は、これまで紹介した以外にもあと2本」 ----それにしても『宇宙戦艦ヤマト』がいまごろ復活するとは? 今度のは今までのと違うの? 「うん。 炉心は6本。波動砲は6連射。 大幅にパワーアップしている」 ----へぇ〜っ。 でも、ヤマトって一回、自沈したはずだよね。 どうして復活させることにな...

宇宙戦艦ヤマト復活篇

公開:2009/12/12製作国:日本上映時間:135分監督:西崎義展声の出演:山寺宏一、伊武雅刀、茶風林、古谷徹、青野武、永井一郎、緒方賢一、井上和彦、子安武人愛のために戦え!Story:西暦2220年、太陽の300倍の質量を持ち、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホール...

『宇宙戦艦ヤマト 復活編』

大掃除を済ませた後、映画を見に行ってきました。 木村さんバージョンではありません。 オリジナルのストーリーは、おぼろげにしか知らないんだよね。 ヤマトのあの歌を、幼稚園の音楽会か何かで演奏した記憶があるけど。 1974年TV放送開始かぁ(by Wikipedia)。 じゃぁそれくらいの記憶で正しいんだ。 NEWヤマト、すごかった! 艦体が、つやっつやしてるんだもん
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ