忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人間失格 昭和の日本を代表する小説家・太宰治の代表作品の一つである「人間失格」を原作とした文芸映画大作。過剰な自意識が原因で周りの人間となじめず、酒や女におぼれて廃人同様に破滅していく男の魂の旅路を描く。映像化は困難と言われた原作を『赤目四十八瀧心中未遂』の荒戸源次郎がまとめ上げ、太宰の分身的存在の主人公を生田斗真が熱演する。不安や苦悩を抱える主人公像が混迷の時代を生きる現代人に共感を呼びそうな一作。(シネマトゥデイ

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
津軽では有名な資産家で貴族院議員の息子・大庭葉蔵は、作り笑いを練習し、体育の授業でわざと失敗して笑いを取るような少年だった。しかし、クラスメイトの竹一に、その計算を見抜かれる。竹一に取り入った葉蔵は彼から、将来女にもて、偉い絵描きになると予言される。高等学校に行くため上京した葉蔵(生田斗真)は、画塾で6歳年上の堀木(伊勢谷友介)と出会う。遊び人の堀木は葉蔵を、律子(大楠道代)が営むバー青い花に連れていく。泥酔した詩人の中原中也(森田剛)に絡まれ閉口していた葉蔵だったが、次第に彼も酒に溺れていく。葉蔵は竹一の予言通り、飲み屋の芸者たち、下宿先の娘・礼子(坂井真紀)、カフェの女給・常子(寺島しのぶ)など、女に不自由することはなかった。そして常子に自分と同じ寂しさを感じた葉蔵は、一緒に鎌倉の海で心中を図る。しかし、死んだのは常子だけだった。事件の後、さらに寂しさを募らせていた葉蔵は、偶然出会った中原と一緒に鎌倉に向かう。葉蔵は、子持ちの記者・静子(小池栄子)と出会い、彼女のアパートで暮らすようになる。しかし葉蔵はそのアパートを出て、青い花の2階で寝泊まりするようになる。そして向かいのタバコ屋の娘・良子に惹かれ、結婚する。良子との生活は穏やかで、葉蔵は次第に人間らしさを取り戻す。しかし、久しぶりに堀木と再会した日、葉蔵は思いがけない光景を目にする。

スタッフ
  • 監督: 荒戸源次郎
  • 原作: 太宰治
  • 撮影: 浜田毅
  • 美術: 今村力
  • 衣装デザイン: 宮本まさ江

キャスト
  • 生田斗真
  • 伊勢谷友介
  • 寺島しのぶ
  • 石原さとみ
  • 室井滋
  • 森田剛
  • 大楠道代
  • 三田佳子

関連リンク

主な上映劇場

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

人間失格

昭和の日本を代表する小説家・太宰治の代表作品の一つである「人間失格」を原作とした文芸映画大作。過剰な自意識が原因で周りの人間となじめず、酒や女におぼれて廃人同様に破滅していく男の魂の旅路を描く。映像化は困難と言われた原作を『赤目四十八瀧心中未遂』の荒戸源次郎がまとめ上げ、太宰の分身的存在の主人公を生田斗真が熱演する。不安や苦悩を抱える主人公像が混迷の時代を生きる現代人に共感を呼びそうな一作。(シネマトゥデイ)...

人間失格

昨年から続く太宰治生誕100年を記念した作品の一つ。いわずと知れた代表作「人間失格」を原作としている。酒や女に溺れて破滅していく悩める主人公を描いている。主演は生田斗真。共演に伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ三田佳子ほか超豪華な俳優陣が名を連ねている。監督は『赤目四十八瀧心中未遂』の荒戸源次郎。製作総指揮を角川歴彦が務めている。

人間失格

太宰治の自伝的小説の映画化で、主人公を取り巻く女優たちが豪華だ。青森有数の資産家の息子の大庭葉蔵は、人間というものが判らない感覚に苛まされていた。幼い頃はわざと道化を演じ、大人になって上京してからは、画塾の友人で遊び人の堀木らと酒や女に溺れる放蕩の日々を....

人間失格

★★★★  太宰治の原作を読んだのは高校時代だから、もう気が遠くなるくらい昔のことである。だから原作の細かい筋書きなどは、ほとんど記憶していない。というより、もともと筋書きなどなにもない「狂人の日記」ともいえるだろう。しかし「道化」という騙し言葉と、心中し

【人間失格】太宰治原作のダイジェスト版

人間失格 監督: 荒戸源次郎    出演: 生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、室井滋    小池栄子、大楠道代、三田佳子、...

人間失格 [映画]

2010/02/20公開 日本 134分監督:荒戸源次郎出演:生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、小池栄子、坂井真紀、森田剛、石橋蓮司、室井滋、大楠道代、三田佳子堕ちていくほど、美しい。Story:議員の父親を持ち、津軽では有名な資産家の御曹司・葉蔵(生田斗真)....

★「人間失格」

太宰治の同名小説の映画化。 超有名作品なのに、映画化はめったにないみたいだね。 2009年は太宰生誕100年で盛り上がってたけど、 今年も何本か映画化されるんじゃなかったっけ。 2009年製作の堕落系人生ドラマ、134分もの。

人間失格

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「人間、失格。  もはや、自分は、完全に、人間で無くなりました。」 太宰治生誕100年を記念して、去年から続々と数本映画化されてる中、 ここへきて「人間失格」の登場。 監督は「ファザーファッカー」、「赤目四十八瀧心中未遂」の荒戸源次郎。 製作総指揮、角川歴彦。 太宰治の小説は、いまはめっきり読む時間もないけど昔はこうみ...

映画:「人間失格」♪。

平成22年2月25日(木)。 映画:「人間失格」レポ。 監督:荒戸源次郎 原作:太宰治 出演: 生田斗真 (大庭葉藏)・ 伊勢谷友介 (堀木正雄) 寺島しのぶ (常子) ・ 石原さとみ (良子) 小池栄子 (静子) ・ 坂井真紀 (礼子) ..

「人間失格」生まれて すみません

「人間失格」★★★ 生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、小池栄子主演 荒戸源次郎 監督、103分、 2010年2月20日公開、2009,日本,角川映画 (原題:人間失格 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「人と人との間を漂うように 強い意志で自分を持たないという自意識、 太宰治生誕100周年を記念して このところ太宰作品の映画化が続いているが どれも解釈は新しく面白いが この作品はその...

人間失格

[人間失格] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年14本目です。 【あらすじ】 人間関係がうまくいかず、周囲に溶け込むためにわざと失態を犯し、笑いを取り続けている葉蔵(生田斗真)。 高校生になった葉蔵は、遊び人の堀..

人間失格

人間失格'10:日本 ◆ 監督: 荒戸源次郎「赤目四十八瀧心中未遂」「ファザーファッカー」◆出演: 生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、小池栄子 ◆STORY◆資産家の息子・大庭葉蔵はある日、同じ画塾に通うという堀木に出会った。遊び人の堀木の影響を受け....

人間失格

 『人間失格』を渋谷のシネセゾンで見てきました。  このところ太宰治の作品を原作とする映画がいくつか制作されており、『パンドラの匣』と『ヴィヨンの妻』は見たので、やはりこの作品も見ておこうということになりました。 (1)この映画は随分と配役陣が豪華だというのが、マズもっての感想です。  なにしろ、葉蔵役の生田斗真こそ映画初出演で初主演ですが、その悪友・堀木を演じる伊勢谷友介はNHKドラマ「白州次郎」での活躍がありますし〔そのときの素晴らしい演技から、今度の堀木役を見ても、白州次郎の感じがしてしまいます...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ