忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ランウェイ☆ビートランウェイ☆ビート
天才的なファッションセンスを持つイケメン転校生と仲間たちが、廃校の危機に直面した高校の文化祭のファッションショーに挑戦する姿を描いた青春ドラマ。幅広い層から支持される原田マハの小説を、『NANA』シリーズの大谷健太郎監督が映画化。持ち前の...

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
ファッションを通して、高校生の恋と友情と成長を描いた原田マハの小説『ランウェイ・ビート』を原作に「NANA」シリーズの大谷健太郎監督が映画化。出演は「呪怨 黒い少女」の瀬戸康史、「最後の忠臣蔵」の桜庭ななみ、「君に届け」の桐谷美玲、本作が映画初出演となる IMALU、「七瀬ふたたび」の田中圭、「ジーン・ワルツ」の田辺誠一など...続きを読む

ストーリー
高校2年生の塚本芽衣(メイ/桜庭ななみ)のクラスに、転校生・溝呂木美糸(ビート/瀬戸康史)がやってくる。彼は、幼馴染みの宮本きらら(水野絵梨奈) の転院に合わせて田舎から上京、疎遠になっていた父・隼人(田辺誠一)の元で暮らすことになったのだ。彼は転入早々、クラスで最もイケてないパソコンおたくの犬田悟(ワンダ/田中圭)のいじめに遭遇。女王様気取りの超人気モデル立花美姫(ミキティ/桐谷美玲)に、授業のノートを取らされたり、美姫のしもべ・郷田(加治将樹)にパシリ扱いされたりしていじめられていたのだ。落ち込むワンダにビートは「お前をクラスでいちばんカッコいい男にす... 高校2年生の塚本芽衣(メイ/桜庭ななみ)のクラスに、転校生・溝呂木美糸(ビート/瀬戸康史)がやってくる。彼は、幼馴染みの宮本きらら(水野絵梨奈) の転院に合わせて田舎から上京、疎遠になっていた父・隼人(田辺誠一)の元で暮らすことになったのだ。彼は転入早々、クラスで最もイケてないパソコンおたくの犬田悟(ワンダ/田中圭)のいじめに遭遇。女王様気取りの超人気モデル立花美姫(ミキティ/桐谷美玲)に、授業のノートを取らされたり、美姫のしもべ・郷田(加治将樹)にパシリ扱いされたりしていじめられていたのだ。落ち込むワンダにビートは「お前をクラスでいちばんカッコいい男にする」と宣言。ビートは実家がテーラーで、モードが大好きだった。翌日学校に現れたワンダは、クラス全員が目を見張る変身ぶり。ビートの描いたデザイン、スタイリングにクラス中が驚き、同時に彼を中心に文化祭恒例のファッションショーに取り組むことになる。みんなのたまり場のもんじゃ屋“秋川”の娘でクラスメイトの秋川杏奈(アンナ/IMALU)も加わり、ショーの準備が始まった。周りを引っ張って突き進むビートに次第に惹かれていくメイ。そんなある日、彼らの通う学校が今年度限りで廃校になるという事実が発覚する。さらに、ネット上で流れているCMで、ビートのデザインに酷似した服を着たミキティがポージングを決めていた。どちらがパクったのか、そんな疑惑の渦に巻き込まれ、ショーは自然消滅してしまう。洋服への情熱と同時に、その情熱によって母親を看取らなかった父への不信が再びわき出し葛藤するビート。だが、メイやきららのビートへの想いが彼の背中を押し、遂に彼は父と対峙する。そんな折、ミキティは、最大手アパレルに自分の意思とは反する洋服を着るファッションショーに参加するよう要求される。はたして、メイの気持ちはビートに届くのか。そして、ファッションショーはどうなるのか...続きを読む

【公開日】 2011年3月19日
【製作年】 2010年
【製作国】 日本
【配給】 松竹
【監督】 大谷健太郎
【原作】 原田マハ
【脚本】 高橋泉
【主題歌】 FUNKY MONKEY BABYS
【出演】 瀬戸康史 桜庭ななみ 桐谷美玲 IMALU 田中圭 田辺誠一 吉瀬美智子 RIKACO 中村敦夫 加治将樹 小島藤子 水野絵梨奈

Amazonオンラインストア

ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

■映画『ランウェイ☆ビート』

“ザ・青春映画!!”という言葉がぴったりの映画『ランウェイ☆ビート』。 口角がキュッと上がった笑顔が可愛い瀬戸康史くんと、リアリティのある体つきが親近感を感じさせる桜庭ななみちゃん主演の青春ファッション・ムービーです。 中学生や高校生で、ファッションが好きな

ランウェイ☆ビート

天才的なファッションセンスをもつ転校生が、クラスメイトと高校の文化祭のファッションショーを成功させようと健闘する姿を描いた青春ドラマだ。出演は「仮面ライダーキバ」の瀬戸康史、『最後の忠臣蔵』の桜庭ななみ、『ジーン・ワルツ』の桐谷美玲といった若手に、田辺誠一、吉瀬美智子といった実力派が揃う。監督は『ジーン・ワルツ』の大谷健太郎。

映画 「ランウェイ☆ビート」

映画 「ランウェイ☆ビート」

ランウェイ☆ビート

2月11日(金)建国記念の日@なかのZERO大ホール。 なんといってもこの日のトピックスは試写会乞食に遭遇したことだ。 雪が降って寒かったので妻をおきざりにしてどんどん早足で歩き、建物に到達した時は一人だった。 すると、後方から「すみません!」と声がかかる。 ちらっと見ると40前後のおっさんだ。 うっさいなあとばかりに無視していこうとすると、なおも 「すみません!」と追いすがってくる。 しょうがないから「何?」ときくと 「おたく一人ですか?」 これで試写会乞食との遭遇は2...

ランウェイ☆ビート

ランウェイ☆ビート ★★☆☆☆(★2つ) 近年まれにみる、こしょばさ加減でした。 5分おきに笑いのツボ。変わりすぎる場面展開の速さとセリフの浮き加減。(そんなセリフどっから来るんだろうか、と)IMALUと桐谷美玲がしゃべる度にズッコケ。瀬戸康史君のカメラ目線から毎度「俺かっこいいだろ~」オーラが出てて、背筋がぞくっと。 2時間必至で笑いを堪えてたけど、涙流して笑ったの久しぶり・・・。 その割に脇役の大人(田辺誠一さん、西岡徳馬さん、七瀬なつみさん、風間トオルさん)がコメディタッチでも安定した演技...

ランウェイ☆ビート

刺激の無い高校生活を送って来たメイの前に現れた転校生のビート。有名デザイナーの息子のビートはその才能を発揮して、文化祭のファッションショーを指揮する。そんな時、ビート ...

「ランウェイ☆ビート」才能と個性が集まった先に知ったできる事をやり切る大切さと変われる事

3月19日公開の映画「ランウェイ☆ビート」を鑑賞した。 この映画は原田マハ原作の「ランウェイ☆ビート」を 映画化した作品で、廃校が決まった高校に転校してきた 天才デザイ ...

ランウェイ☆ビート

Wonder Land Comics マンガ ランウェイ☆ビート (ワンダーランドコミックス)ティーンエイジャーが夢を賭けるのはスポーツ、音楽、地域の祭が定番。だが本作ではファッションショーに挑戦 ...

「ランウェイ☆ビート」感想

 原田マハ(「maha」名義)原作のケータイ小説を、「NANA」「ジーン・ワルツ」の大谷健太郎監督、「仮面ライダーキバ」の瀬戸康史主演で映画化。  ケータイ小説が原作と...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ