忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホノカアボーイ [DVD] 熱狂的なファンを持つ吉田玲雄の同名作の風と言葉とその温もりを映画化するために、あらゆるジャンルの才能たちが、すべてをハワイ島ロケで実在するホノカアの町を舞台に、優しい映画を作り上げた。監督はユーモアと人間の繊細さを徹底したディテールで描く『いぬのえいが』の短編「ねえ、マリモ」の真田敦。主人公レオを、本作が初主演作品になる若手実力派俳優・岡田将生が演じる。




予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
ハワイ島の北にある町、ホノカア。世間から忘れられたこの町では、月に虹がかかるとき、願いが叶うと言われていた。大学生のレオ(岡田将生)は失恋のショックから、逃げるように日本を離れてこの町を訪れる。そして、ひょんなことから映画館の映写技師として働くことに。彼が初めてこの町にやってきたのは半年前。見た者に最高の祝福をくれると言われる伝説の“月の虹=ムーンボー”を探して、恋人と一緒にハワイ島へ。だが、“ムーンボー”には出会えず、道に迷って辿り着いた町がホノカアだった。不思議な魅力に吸い寄せられるように再びやってきたこの町でレオが出会ったのは、風変わりだけど心優しい人たち。食いしん坊な映画館の女主人エデリ(松坂慶子)。87歳にしてエロ本を欲しがる日系老人のコイチ(喜味こいし)。いつも変な髪形に仕上げてくれるバーバーのみずえ(正司照枝)。オーガニックフード店の美しい看板娘マライア(長谷川潤)には、ちょっとした恋心を抱く。そして、毎晩レオにご飯を作ってくれる、いたずらと料理が大好きな日系のおばあちゃんビー(倍賞千恵子)。出会い、恋、ごはん、そして別れ。レオが大人になるために必要なものすべてが、ホノカアにはあった。

ホノカアボーイ [DVD]

amazon.co.jp

スタッフ
  • 監督: 真田敦
  • 原作: 吉田玲雄
  • 脚本: 高崎卓馬
  • 製作: 亀山千広 / 高田佳夫 / 阿部秀司
  • 編集: 日下部元孝
  • 音楽: 桑原茂一
  • 撮影: 市橋織江

キャスト
  • 岡田将生
  • 倍賞千恵子
  • 長谷川潤
  • 喜味こいし
  • 正司照枝
  • 蒼井優
  • 深津絵里
  • 松坂慶子

関連リンク
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ホノカアボーイ

熱狂的なファンを持つ吉田玲雄の同名作の風と言葉とその温もりを映画化するために、あらゆるジャンルの才能たちが、すべてをハワイ島ロケで実在するホノカアの町を舞台に、優しい映画を作り上げた。監督はユーモアと人間の繊細さを徹底したディテールで描く『いぬのえいが』の短編「ねえ、マリモ」の真田敦。主人公レオを、本作が初主演作品になる若手実力派俳優・岡田将生が演じる。 ...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ