忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソラニンリアルな若者の心情と、青春の光と影をヴィヴィッドに描き出し、熱狂的な支持を受ける漫画家・浅野いにおの傑作コミック「ソラニン」を映画化。主人公・芽衣子をTV、映画と活躍する女優・宮崎あおいが演じ、ギターを弾き、物語の鍵となる楽曲「ソラニン」を歌い上げている。また、芽衣子の恋人・種田には、『ノルウェイの森』が公開予定の高良健吾。そして、監督はPV界で活躍する人気ディレクター三木孝浩

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
ストーリー
OL2年目で自由を求めて会社を辞めた芽衣子。音楽への夢をあきらめられないフリーターの種田。不透明な未来に確信が持てず、寄り添いながら、東京の片隅で暮らすふたり。そんなイマをどうにかしようと、仲間とともに書き上げた曲「ソラニン」。早速、その曲をレコード会社に持ち込むが、良い反応のないまま日々は過ぎていく。そんなある日、種田がバイク事故にあってしまい...続きを読む

スタッフ
  • 監督: 三木孝浩
  • 原作: 浅野いにお
  • 脚本: 高橋泉
  • プロデューサー: 今村景子 / 田中美幸 / 久保田修
  • 撮影: 近藤龍人
  • 編集: 上野聡一
  • 音楽: 安井輝

キャスト
  • 井上芽衣子:宮崎あおい
  • 種田成男:高良健吾
  • 加藤賢一:近藤洋一(サンボマスター)
  • 山田二郎(ビリー):桐谷健太
  • 小谷アイ:伊藤歩
  • 鮎川律子:岩田さゆり
  • 大橋:永山絢斗

エピソード
連載がすでに終わっていた2007年に週刊ヤングサンデー誌上で「映画化決定」と公表された。しかし以後永らくこれといった進展・追加発表はなかったが、2009年春にアスミック・エース制作、三木孝浩監督、宮崎あおいと高良健吾のダブル主演で実写映画化されることが決定・発表。2009年4月25日にクランクインし、同年5月31日にクランクアップした。
作中に歌詞のみ登場する楽曲「ソラニン」は、新たにASIAN KUNG-FU GENERATIONがメロディをつけ、宮崎あおい、高良健吾に提供。エンディングテーマには、以前ASIAN KUNG-FU GENERATIONが「ソラニン」にインスパイアされて制作した楽曲「ムスタング」のリミックス・バージョン「ムスタング(mix for 芽衣子)」が使用される。また、劇中音楽はストレイテナーのVo.であるホリエアツシのソロプロジェクト「ent」が担当する。


登場人物紹介
井上芽衣子(いのうえ めいこ)
秋田から上京してきたOL。そばかすが付いている。種田成男と6年間交際している。大人は「まぁいいや」のカタマリだと思っているらしく、社会や大人に対する不平不満のせいで、会社を退職してしまう。

種田成男(たねだ なるお)
福岡から上京してきた。新聞社の下請けの会社でバイトをしている。井上芽衣子と6年間交際しており、芽衣子から「種田」と呼ばれている。時給が低く芽衣子と同棲している。 ギター・ボーカル担当で使用楽器はフェンダー社のムスタング。
加藤賢一(かとう けんいち)
大学6年生。通称「加藤」「デブ」。小谷を4年間も口説き続けて付き合うことができた。 ベース担当で使用楽器はフェンダー社のプレシジョンベース。
山田二郎(やまだ じろう)
通称「ビリー」。この呼び名は小学生時代、体育の跳び箱でズボンが「ビリッ!」と裂けたことに由来する。 実家の薬局屋で働いている。彼女はいない。芽衣子の事が好き。 ドラム担当。
小谷アイ(こたに あい)
加藤の彼女。種田たちより1つ先輩である。靴屋の店員をしている。加藤をビール瓶で殴る等かなり大胆である。芽衣子の良き相談相手でもあり、面倒見がとてもいい。
芽衣子の母
同窓会のため秋田から突然、芽衣子の家にやってきた。会社を退職した芽衣子に対し怒鳴ってしまう。
鮎川律子(あゆかわ りつこ)
大学1年生で加藤から「サバ川」と呼ばれている。加藤に最初は軽い気持ちでギターを持ったと嘘をつくが、本当はたくさんの人に自分の歌を聴いて欲しい事をすぐに自白する。加藤によく相談をする。後に、レコード会社の新人発掘オーディションに入賞する。
冴木隆太郎(さえき りゅうたろう)
熊谷ミュージックレコード新人開発部で働いている。デモCDを送った種田に対し、「今日限りで歌うことは一切忘れてくれ」と告げ、新人アイドルのバックバンドを組ませようとしている。5年前に解散した「QOONELDAS」のメンバーだと種田に見抜かれる。
種田の父
種田の荷物を取りに芽衣子の家にやってくる。芽衣子曰く「雰囲気が種田に似ている」。
大橋(おおはし)
花屋でバイトしている。芽衣子に恋心を抱いてしまう。


DVD情報

関連リンク

主な上映劇場
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ソラニン

リアルな若者の心情と青春の光と影をヴィヴィッドに描き出し、熱狂的な支持を受ける、漫画家・浅野いにおの傑作コミック「ソラニン」が、満を持しての映画化。主人公・芽衣子を、テ...

ソラニン 「それでほんとにいいのか?」との葛藤のあのころ

【 {/m_0167/}=15 -5-】 10春闘は全国的に第2のヤマ場を迎えている頃、中小企業の労組であるうちもいよいよ今日が回答日を迎えるということで、昨日の試写会は妻には「きっと間に合わない」と言っていたんだけど、映画にギリギリ間に合う時間の頃に全ての業務が完遂、もう職場に居残っていても仕方ない状態になっちまったので、大雨の中、大急ぎで試写会場に向かう。  OL2年目で自由を求めて会社を辞めた芽衣子。音楽への夢をあきらめられないフリーターの種田。不透明な未来に確信が持てず、寄り添いながら、東京の...

ソラニン

浅野いにおの同名人気漫画を映像化。自分の大切な何かが見つからない若者たちが懸命に生きる様子を瑞々しく描き出した青春ラブストーリーだ。主演は『少年メリケンサック』の宮崎あおい。共演に『フィッシュストーリー』の高良健吾。他にも桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩といった若手俳優が揃う。監督はこれが長編デビュー作となる三木孝浩。PV監督らしいスタイリッシュなライブシーンに注目だ。

「ソラニン」愛した人が生きた証を伝えるために歌った2人のデスティニーソング

4月3日公開の映画「ソラニン」を鑑賞した。 この映画は浅野いにお原作の「ソラニン」を映画化した作品で、 大学時代にバンド活動したボーカルの恋人と 同棲するOLの女性との恋愛が描かれ、 不安の中で夢を諦めず進むが、 ボーカルの恋人の突然の死で大切な人を失った....

ソラニン

宮崎あおいの可愛さこそが“ソラニン” 【Story】 OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの...

ソラニン

浅野いにおの同名原作を『少年メリケンサック』の宮崎あおい主演で映画化 した青春ラブストーリー。 夢を諦めきれないフリーターの男と、彼を支えるOLのカップルを中心に 不透明な未来に不安を抱きつつ精一杯生きる若者達の日々を描く。OL2年目の芽衣子は、大学時代か..

「ソラニン」

                                   「ソラニン」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・三木孝浩 原作・浅野いにお 浅野いにおの人気原作コミックを映画化。本作が長編映画初監督となる三木孝浩がメガホンをとる。 ちょいあらすじ・・。 大学時代の軽音サークルで知り合った芽衣子(宮崎あおい)と種田君(高良健吾)。 二人は付き合ってもう6年・・。芽衣子のアパートで一緒に暮らしている。 芽衣子は毎日満員電車に押し込まれながらのOL2年目・・。会社ではあからさまな差別待遇とセクハ...

映画「ソラニン」さようならそして新しい自分へ

「ソラニン」★★★☆ 宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一主演 三木孝浩監督、126分 、 2010年4月3日公開、2009,日本,アスミック・エース (原題:ソラニン)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「音楽への夢を諦めきれないフリーターの種田(高良健吾)、 OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)。 二人は不確かな未来に不安を感じながらも 自分たちの未来へ踏み出そうとする、...

ソラニン

[ソラニン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年25本目(24作品)です。 【あらすじ】 自由を求めて会社を辞めてしまった井上芽衣子(宮崎あおい)と、夢を捨てきれずにバンド活動を続ける種田成男(高良健吾)は、多摩..

映画 ソラニン

ストーリー:OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信...

ソラニン

都会の片隅で寄り添うように生きるカップルの存在証明を、素晴らしい歌が具現化するリリカルな青春物語だ。アジカンの曲と宮崎あおいの熱唱が忘れがたい。OL2年目の芽衣子は自由を求めて会社を辞める。一方、同棲中の芽衣子の恋人で、フリーターの種田は音楽の夢をあきら....

[映画]ソラニン

映画「ソラニン」を見てきました。宮崎あおいが出演している映画は、私にとっては久しぶりでした。以前なら「NANA」や「ただ、君を愛してる」といったがありましたが、時が経って、女優としてさらに成長を重ねた宮崎あおいの演技に、感じるものがありました。

『ソラニン』

  □作品オフィシャルサイト 「ソラニン」□監督 三木孝浩 □脚本 高橋 泉□原作 浅野いにお □キャスト 宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤 歩、永山絢斗■鑑賞日 4月11日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  ヒマラヤほどの〜 消しゴムひとつ〜   TVCMで「1001のバイオリン」をアカペラ歌うあおいちゃんはこの映画の中にいないけど(笑)、 『少年メリケンサック』のかんなチャンもやっぱここにはいない 人...

【映画】ソラニン

▼動機 原作が好きだから ▼感想 冷静に考えれば実写でこれ以上のものはできないかも ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信が持てず、互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた。ある日、芽衣子の一言で仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田は、芽衣子と一緒にその曲をレコード会社に持ち込むが……。 ▼コメント ロケーンションはまるで原作漫画から切り取...

映画『ソラニン』 感想

宮崎あおいがギターを掻き鳴らし、歪んでいないまっすぐな歌声で歌う。「彼はここにいる。この音楽の中にいる」。画面の中の宮崎あおいは、きっとそう思っている。 大人になりきれずに悶々と悩む。社会に出ていくことに不安を感じる。子供と大人の狭間にあるモラトリアムの時期

ソラニン

 「映画ジャッジ」の評論家の評価が比較的高いこともあって、『ソラニン』を渋谷のシネクイントで見てきました。 (1)この映画で目につく中年過ぎの大人といったら、主人公・芽衣子(宮崎あおい)の母親(美保純)と、その恋人の種田(高良健吾)の父親(財津和夫)で、それぞれ1回ほど簡単に登場するだけにすぎません。ほとんどの場面は、宮崎あおい以下の若者しか登場しませんから、まさに現代の青春映画と言っていいでしょう。 〔彼らの親は、子供の生き方を容認(あるいは黙認)していると言えます。一昔前なら、あてもなく暮らしている...

別館の予備(感想193作目 ソラニン)

5月8日 感想193作目 ソラニン TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10884142941/a6f63241

ソラニン(感想193作目)

ソラニン はWOWOWでして鑑賞したが 結論は音楽を通して皆の葛藤など良かったよ 内容は社会人2年の芽衣子が恋人の種田と

「ソラニン」 夢を追うこと、止めること

自分の夢を追い続けられるか。 追い続けて後戻りできなくなったらどうしよう、と怖く

「ソラニン」 夢を追うこと、止めること

自分の夢を追い続けられるか。 追い続けて後戻りできなくなったらどうしよう、と怖く
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ